過去の記事一覧

  1. 不動産マーケティング

    ブランディングは気遣いから。

    わが家の愛犬が逝ってしまいました。ミニチュアシュナウザーの「アッシュ」。享年15歳2ヶ月。寿命といえば寿命なのですが、初めて飼ったワンコだったせいか、想…

  2. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

    不動産会社経営

    不動産会社が陥る、成功体験の罠。

    コンサルティングをしていていちばん厄介だなと感じることはその人の成功体験です。私にコンサルティングを依頼する人はほとんどが、過去にある程度の成功を収めた人。大儲…

  3. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    不動産マーケティング

    これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    建売住宅に限らず商品が売れるかどうかは需要と供給で決まります。需要>供給となれば、すぐに売れますし、供給>需要となれば、売れません。…

  4. 不動産マーケティング

    アラサー世代が好むインテリアとは?

    建売住宅の購買層といえば圧倒的に30代。だとすれば、30代の趣味嗜好を知ることは、売れる建売住宅をつくる上でとても重要です。しかし、30代の主婦のホンネ…

  5. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

    不動産マーケティング

    これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?

    建売住宅を売るのは難しい・・・と普通の人は思っています。実際、建売業者さんをはじめ多くの不動産仲介業者がそう感じています。私もそうでした。不動産業界に入ってかれ…

  6. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    不動産マーケティング

    今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    新築一戸建ての成約率を上げるために必要なことが2つあります。 ひとつは、お客様(エンドユーザー)を満足させること。 もう一つは、仲介会社の営業マンに気に…

  7. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    不動産広告

    広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    建売業界の常識で思わず首をかしげたくなるもののひとつが広告。ほとんどの建売住宅が広告掲載不可となっていることです。インターネット広告やホームページへの掲載はもち…

  8. 不動産マーケティング

    あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?

    売れない時代に入ってくるとやたらと増えるのがオープンハウス。中堅の仲介会社を中心に、週末になると、あちこちの完成物件でオープンハウスが開かれます。と、いって…

  9. 不動産マーケティング

    仲介業者に洗脳されていませんか?

    「貧すれば鈍する」ということわざをご存知ですか?「貧すれば鈍する」とは、人は貧乏になると利口な人でも愚かになるということ。貧乏をすると、毎日、その生活のこと…

  10. 不動産マーケティング

    人はなぜ借金してでも家を買うのか?

    最近、お客様の財布の紐が硬くなってきました。そこで考えなければならないことが、家を購入するメリット。とりわけ、あなたの物件を購入するメリットです。メリットが…

おすすめ記事

  1. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  2. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?
  3. レインズでわかる!あなたの物件の認知度。
  4. 平町
  5. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

最近の記事

  1. いつまでワンマン経営を続けますか?
  2. これからは建売会社もソフトの時代。
  3. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?
  4. イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。
  5. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?
  1. 不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。

    不動産会社経営

    不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。
  2. 不動産ビジネスを最短距離で成功させるのに必要な力とは?

    不動産広告

    不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?
  3. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

    不動産売却

    売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  4. 購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。

    不動産売却

    購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。
  5. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    不動産マーケティング

    プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
PAGE TOP