不動産広告

過去の失敗にとらわれていませんか?

コンサルティングをしていると2つのタイプの経営者に出会います。

過去にとらわれる経営者と過去を引きずらない経営者です。

一般的には、年齢が高いほど過去を引きずる傾向が高くなります。
過去を引きずる経営者がよく使う言葉があります。

それは、
「以前やったけどダメだった」
「そのやり方はうちの商品には合わない」
「そのやり方はこのエリアでは通用しない」
等々の否定の言葉。

過去の失敗体験が尾を引いているのがわかります。以前、ある経営者にチラシを提案したことがありました。その経営者は、チラシなんてお金がかかるだけで効果はないよ、とひと言。

そこで過去に配布したというチラシを見せてもらったのですが、なるほどこれじゃあ効果がないはずだ、というチラシでした。チラシという集客手段が効果がないのではなく、チラシ自体が未熟だったのです。

そこでダマされたと思ってチラシの予算を組んでください、とお願いしたのです。大幅に値下げすることを考えていたこともあり、試しに少しだけ予算と時間をもらいました。

そこでチラシを完全リニューアル。
プロのデザイナーを入れて、写真を取り直して、配布エリアを設定し直して、という作業をしたのです。チラシの配布枚数は、5万枚。1万枚を5回、同じエリアに新聞折込とポスティングに分けて配布しました。

結果は、1年以上売れ残っていた物件が見事完売。購入した人は、現地から徒歩13分の賃貸アパートに住んでいた人でした。実はこのやり方は、住宅販売の王道。マーケティングの常識中の常識です。

昔、やったけどダメだったのはチラシという手段のせいではなかったのです。チラシという手段を上手に活用できなかった自分たちの未熟さのせい。それをチラシという手段に責任転嫁していただけなのです。

もう一度、昔、やったけどダメだった理由を考えましょう。自分の物件に合わないと思うなら、合わせる方法を考えましょう。できない理由をどれだけ考えても結果は変わりません。うまくいく人は、どうすればうまくいくかを考える人。他人の成功を自分の成功に応用できる人です。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。
  2. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?
  3. 建売住宅販売は小さく攻めろ!
  4. 売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?
  5. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

関連記事

  1. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

    不動産広告

    えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

    不動産広告にはいろんな制約があります。なかでも一番やっかいなのが不当表…

  2. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    不動産広告

    不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    (株)LIXIL住宅研究所が、「住まいの購入」「住まいのリスク回避」に…

  3. 建売会社はマンション客を狙え!

    不動産マーケティング

    建売会社はマンション客を狙え!

    先日、あるサイトがマイホームを持っている人141名に“マイホーム選びに…

  4. 不動産チラシ

    不動産広告

    常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?

    以前、ある土地の折込チラシをつくった時の話。 ある建売業者さんから…

  5. 不動産広告の8秒ルールとは?

    不動産広告

    不動産広告の8秒ルールとは?

    「現代人の集中力は8秒、これは金魚の9秒を下回る」というショッキングな…

  6. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    不動産売却

    売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    先日、冷蔵庫を買いに行きました。実は、わが家の冷蔵庫は18年前のもの。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
  2. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。
  3. 新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。
  4. アラサー世代が好むインテリアとは?
  5. 不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。
  1. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    不動産会社経営

    もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  2. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?
  3. 相談する相手間違えていませんか?

    不動産会社経営

    その商品企画、相談する相手間違えていませんか?
  4. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由

    不動産会社経営

    中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。
  5. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    不動産マーケティング

    ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。
PAGE TOP