不動産広告

過去の失敗にとらわれていませんか?

コンサルティングをしていると2つのタイプの経営者に出会います。

過去にとらわれる経営者と過去を引きずらない経営者です。

一般的には、年齢が高いほど過去を引きずる傾向が高くなります。
過去を引きずる経営者がよく使う言葉があります。

それは、
「以前やったけどダメだった」
「そのやり方はうちの商品には合わない」
「そのやり方はこのエリアでは通用しない」
等々の否定の言葉。

過去の失敗体験が尾を引いているのがわかります。以前、ある経営者にチラシを提案したことがありました。その経営者は、チラシなんてお金がかかるだけで効果はないよ、とひと言。

そこで過去に配布したというチラシを見せてもらったのですが、なるほどこれじゃあ効果がないはずだ、というチラシでした。チラシという集客手段が効果がないのではなく、チラシ自体が未熟だったのです。

そこでダマされたと思ってチラシの予算を組んでください、とお願いしたのです。大幅に値下げすることを考えていたこともあり、試しに少しだけ予算と時間をもらいました。

そこでチラシを完全リニューアル。
プロのデザイナーを入れて、写真を取り直して、配布エリアを設定し直して、という作業をしたのです。チラシの配布枚数は、5万枚。1万枚を5回、同じエリアに新聞折込とポスティングに分けて配布しました。

結果は、1年以上売れ残っていた物件が見事完売。購入した人は、現地から徒歩13分の賃貸アパートに住んでいた人でした。実はこのやり方は、住宅販売の王道。マーケティングの常識中の常識です。

昔、やったけどダメだったのはチラシという手段のせいではなかったのです。チラシという手段を上手に活用できなかった自分たちの未熟さのせい。それをチラシという手段に責任転嫁していただけなのです。

もう一度、昔、やったけどダメだった理由を考えましょう。自分の物件に合わないと思うなら、合わせる方法を考えましょう。できない理由をどれだけ考えても結果は変わりません。うまくいく人は、どうすればうまくいくかを考える人。他人の成功を自分の成功に応用できる人です。

 

ピックアップ記事

  1. 中小建売業者が陥る、間違いだらけの成功法則。
  2. 「売れるに決まってる物件」つくっていますか?
  3. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  4. 日当たりの悪い家の売り方。
  5. 賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。

関連記事

  1. レインズでわかる!あなたの物件の認知度。

    不動産広告

    レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。

    できることなら完成前。悪くても完成後1ヶ月以内。それくらいで売れるとう…

  2. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    不動産マーケティング

    ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    あなたの建売住宅をどこよりも売れる物件にしたいなら、まず最初に取り組む…

  3. 不動産ビジネスを最短距離で成功させるのに必要な力とは?

    不動産広告

    不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?

    多くの経営者が陥る間違った常識があります。それは、ビジネスには売り込み…

  4. 売れる不動産広告は一日にしてならず。

    不動産広告

    売れる不動産広告は一日にしてならず。

    不動産会社の社長はせっかちな人が多い。「今すぐ売れる広告をつくって欲し…

  5. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

    不動産広告

    えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

    不動産広告にはいろんな制約があります。なかでも一番やっかいなのが不当表…

  6. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    値下げしても売れない・・・そんな物件が増えてきました。今後の不動産市況…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?
  2. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。
  3. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  4. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。

おすすめの記事

  1. 値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイント。
  2. 新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。
  3. あなたの会社の評判を知る最も簡単な方法とは?
  4. あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?
  5. その商品企画、相談する相手間違えていませんか?
  1. 知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。
  2. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

    不動産会社経営

    用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
  3. 「何であんな物件が売れるんだ…」と思ってしまう真面目な建売業者さんへ。

    不動産マーケティング

    「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。
  4. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

    不動産マーケティング

    残念!こんな不動産の値下げは失敗する。
  5. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

    不動産会社経営

    建売会社が抱える「今、そこにある危機」
PAGE TOP