ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

不動産マーケティング

ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

あなたの建売住宅をどこよりも売れる物件にしたいなら、まず最初に取り組むべきことがあります。それは、イメージ戦略。あなたの建売住宅はライバルとどこが違うのか?そして、その違いが地域No. 1であるということをイメージで定着させることです。

その際によく言われることは、うちの物件にはライバルに勝てる部分がない、という言い訳。ライバルに勝てる部分がなければ、そもそもどこよりも売れる物件にはなりません。だから、最初にすべきはライバルに勝てる部分をつくること。

ポイントは、全ての分野でライバルに勝てるようにする必要はないということです。何か一つでもライバルに勝てる部分があればそれで勝負できます。できれば、その「何か一つ」がお客様にとって魅力のあるもの、ライバルの物件にはないものであれば、より強力な武器になります。

先日、ある人からダイソンの掃除機についての話を聞きました。ダイソンの掃除機というと、「吸引力が変わらないただ1つの掃除機」というキャッチコピーが思い出されます。世界で一番吸引力の強い掃除機というイメージがありますが、実は、吸引力はライバルと比べると弱いそうです。

実際に、国民生活センターがダイソンの掃除機と他社の掃除機の吸引力の比較調査をしたそうですが、その結果はとても興味深いものになりました。

というのも、日本製の掃除機の紙パック式やサイクロン式などの掃除機は、一定のゴミを吸い込むと吸引力が低下するのに対して、ダイソンの吸引力は、ゴミを吸い込んでも吸引力はまったく変わりませんでした。

但し、”低い吸引力”で。

そうなんです。ダイソンの掃除機の吸引力はゴミを吸い込んでも変わらないのは事実ですが、それはライバルの吸引力より低いレベルで変わらないだけ。ライバルと同じ条件ではないのです。一瞬、詐欺のように感じますが、ダイソンの広告に嘘はありません。

比較する部分が違うだけ。
戦う土俵が違うだけです。

しかし、ダイソンは比較する部分を変えることによって、イメージを確保することに成功しました。

吸引力が変わらない=吸引力が強い

というイメージをつくり、その分野でのNo. 1という地位を確保したのです。だから、あなたもあなたのエリアでダイソンと同じ戦略を取ればNo. 1になれるということ。

ライバルに勝てる部分を無理やり見つけてその分野でのNo. 1であるかのように見せつける。嘘はダメですが、戦う土俵を変えるのはアリ。とにかく、どこかの部分でNo. 1になることです。

あとは、そのイメージを植え付けるよう広告戦略を練ること。そうすれば、あなたもダイソンのように売れ続ける建売会社をつくることができます。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. これからの新築分譲会社に必要な能力とは?
  2. その不動産営業、煽りすぎていませんか?
  3. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  4. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。
  5. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。

関連記事

  1. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    世の中には流れというものがあります。 時流という言葉が適切なのかも…

  2. 不動産マーケティング

    残念なオープンハウス。

    以前から気になっていた物件があります。場所はイマイチですが、建物の…

  3. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。

    あなたは最近、他業者の物件を何軒見ましたか? コンサルティングを始…

  4. 建売業界は広告掲載禁止を続けるべき?

    不動産広告

    不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?

    業界経験が長くなればなるほど、本人はその気がなくても、業界の常識にふり…

  5. 値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイントとは?

    不動産マーケティング

    値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイント。

    売れない・・・という現実に向き合う時、多くの建売業者さんは、すぐに価格…

  6. ビジネスの設計図

    不動産マーケティング

    あなたの会社にはビジネスの設計図ありますか?

    中小建売会社と大手不動産の違いは何ですかという質問をたまに受けることが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?
  2. 老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
  3. あなたは住宅選びの本質を突くこの質問に答えられますか?
  4. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。
  5. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  1. お金をかけずに不動産を売る一番簡単な方法とは?

    不動産広告

    お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?
  2. 中小建売業者は値下げしてはいけない!

    不動産会社経営

    中小建売業者は値下げしてはいけない!
  3. 売れた理由

    不動産マーケティング

    建売業者は売れた理由に執着しろ!
  4. なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?
  5. できる不動産会社の社長はココが違う!

    不動産会社経営

    できる不動産会社の社長はココが違う!
PAGE TOP