建売住宅を即日完売させるための3原則

不動産マーケティング

あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。

建売住宅が売れるかどうか、いや、モノが売れるかどうかは次の3つの要素に掛かっています。
それは、誰に、何を、どのように売るかの3つ。

誰には、ターゲット。あなたがその建売住宅を売りたい人。そして、何をは、商品。あなたがどんな建売住宅を提供するのか。最後の、どのようには販売方法。あなたがつくった建売住宅をどのようなメディア、販売ルートで売るか。この3つが上手く噛み合った時、あなたの建売住宅は値引きしないで即日完売できます。

ポイントは、3つの要素がどれも重要だということ。どれかひとつでも欠けるとその効果は半減、場合によっってはゼロになってしまいます。

以前、こんなことがありました。ある建売業者さんの1棟現場。
土地の面積は40㎡台の狭小地。3階建てを建てても65㎡がやっとという物件です。参考プランを見てみると、3LDK。リビングこそ10帖以上あるものの、他の部屋は4.5帖ばかりという無理やりつくった3LDK。3階などは、斜線制限も加わって快適とは程遠い部屋になっていました。

この建売業者さんはターゲットを、4人家族ととらえていたからです。確かに、戸建てを購入するのはファミリー層が多いのは事実。しかし、建物面積65㎡の一戸建てでターゲットとするファミリー層が満足できるかどうかは別。確率としては決して高くないでしょう。

では、65㎡の一戸建てで満足できる人はどんな人でしょう?
考えられるのは、小家族。具体的にはシングルまたは2人家族。ただ、建物が3階建てなので高齢者の一人暮らし、2人家族は考えづらい。どちらかといえば比較的若い世代の人になるでしょう。そうなると問題は間取り。果たして3LDKが必要かどうかということです。

普通で考えれば、1人〜2人世帯なら1LDKか2LDKが適切な間取り。
3LDKからひと部屋減らすだけで吹き抜けができたり、大きな寝室が生まれたりと同じ敷地でもずいぶん魅力的な間取りに生まれ変わります。

で、この業者さんどうしたかというと、プランは最終的には変えませんでした。3LDKのまま販売。

結果は、というと予想通り?大苦戦。売れたのは完成してから7ヶ月後。大幅値引きを繰り返しての赤字販売でした。ちなみに購入者は、近所に住む30代半ばのご夫婦。子どもをつくる予定がないのでこの広さでも十分とのことで購入を決めたそうです。

多くの建売業者さんは物件の特性によってターゲットを変えるという作業をしていません。どんな現場でもターゲットは同じ。いつもファミリー層をターゲットにして同じような建物を建てる。その結果、売れる可能性を自らつぶしているのです。

あなたは、適切なターゲットを選んでいますか?

適切なターゲットに、適切な建物を、適切な販売方法で、提供すること。
これこそが即日完売の公式ですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!
  2. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
  3. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!
  4. 売れる不動産会社になるための「非常識のススメ」。
  5. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

関連記事

  1. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    不動産マーケティング

    新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    うちの近くに輸入中古車を販売するショップがあります。輸入中古車とい…

  2. イマドキの不動産の探し方。

    不動産マーケティング

    実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。

    「次女が、家を買うことになりまして。どうしてもお父さんに見てほしいって…

  3. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。

    不動産マーケティング

    不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。

    多くの不動産会社、建売業者さんは、売れなければ値下げすればいい、価格さ…

  4. 新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    不動産マーケティング

    新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    売れる建売住宅をつくる上で欠かせないもののひとつ、それが「間取り」です…

  5. 売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    不動産マーケティング

    売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    コンサルティングをしていて一番多い質問は、「どうしたら売れるようになり…

  6. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。

    不動産マーケティング

    建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。

    以前、コンサルティングをした建売業者さんの話。ある現場を仕入れたのです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!
  2. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。
  3. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?
  4. 不動産売却、売れないオーラ出してませんか?
  5. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

おすすめの記事

  1. レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。
  2. 真面目な建売会社が報われない意外な理由。
  3. 売れない新築分譲住宅に共通することとは?
  4. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  5. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

アーカイブ

  1. 中小建売業者はモノマネをしなさい。

    不動産マーケティング

    松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!
  2. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

    不動産マーケティング

    こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
  3. 中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!

    不動産会社経営

    中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!
  4. 不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

    不動産会社経営

    不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。
  5. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    不動産会社経営

    中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
PAGE TOP