残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

不動産マーケティング

残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

売れ行きの悪い物件を抱えた多くの建売業者さんや不動産会社が犯すミスがあります。それは、値下げ物件の売り方。売れない物件を値下げして販売する業者さんは多いのですが、売り方を間違えている業者さんがほとんどです。

たいていの建売業者さんや不動産会社は、安さを強調して売ろうとします。現地に派手な看板やのぼりを立てて、これでもか、これでもか、というように安さを強調します。その様子はまるでスーパーの特売さながら。言葉は悪いのですが、品のかけらもありません。

もちろん、それで反応する人もいないわけではありません。そのやり方をするというのは過去に同じ方法で売れた成功体験があるからでしょう。しかし、そのやり方がベストかというとそうではありません。

なぜなら、売っている商品が「家」という高額商品だからです。確かに、日用品や食品など購買頻度の高い商品ならそんな売り方でもいいかもしれません。価格が安いか高いか、誰でもすぐに判断できるからです。

しかし、「家」のような高額な商品、一生に一度買うか買わないかの商品は、購買頻度が少ないため、その商品が本当に安いのか高いのかわからないのが実態です。それなのに、安さばかりを強調されると人は身構えてしまいます。本当にこの商品は大丈夫だろうか・・・と。つまり、「家」は安さを強調すればするほど不安感が増す商品だということです。

では、どうすればいいのか?

まずは、安さを強調する前に、物件の価値を上げることです。簡単に言えば、価格より高く見える工夫をすることです。3,000万円の物件なら3,300万円の価値があるように見せられないか考えることです。

モデルハウスに家具を置くのも一つの方法でしょう。モデルハウスをピカピカに掃除するのもいいかもしれません。売り出しのチラシをセンスのいいものに変えるのもアリです。要するに、高級感を高めることです。

お客様は安い家が欲しいわけではありません。安くなった家が欲しいのです。

価値=価格 ではなく
価値>価格 となった商品に魅力を感じるのです。

安さを強調する前に、高く見える工夫をしましょう。それが安さを演出する最大の方法です。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる商品企画はマンション業者に学べ!
  2. 過去の失敗にとらわれていませんか?
  3. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。
  4. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
  5. あなたの建売住宅、まぐれで売れていませんか?

関連記事

  1. 建売住宅販売は小さく攻めろ!

    不動産マーケティング

    建売住宅販売は小さく攻めろ!

    建売住宅が売れない原因はいろいろあります。商品企画、価格、立地、販売手…

  2. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    不動産マーケティング

    売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    人の購買は、左脳消費と右脳消費の2種類から成り立っています。 左脳…

  3. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    不動産マーケティング

    あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    先日、ある大手ハウスメーカーの担当者と話をする機会がありました。誰もが…

  4. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    不動産マーケティング

    中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    差別化をしたいけど、どうしたらいいのかわからない・・・という建売業者さ…

  5. あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。

    不動産マーケティング

    あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。

    地域密着の建売業者さんにとって悩ましい問題は、常に新しいお客様をその地…

  6. 日当たりの悪い家の売り方。

    不動産マーケティング

    日当たりの悪い家の売り方。

    日当たりの悪い家を売る方法、わかりますか? 4棟現場なんだけど、2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

おすすめの記事

  1. ブランディングは気遣いから。
  2. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。
  3. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  4. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?
  5. 老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
  1. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?
  2. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    不動産会社経営

    社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  3. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?
  4. 売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。
  5. 不動産広告不要論者へ

    不動産広告

    不動産広告を軽視している人へ、なぜコカコーラは広告し続けるのか?
PAGE TOP