あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。

不動産マーケティング

あなたの物件が常に営業マンから注目されるようにする方法。

先日、ある本を読んでいたら脳について面白い記述がありました。
カエルの脳と人間の脳の違いについてです。

ウシガエルの脳は、重さ約24グラム。それに対して人間の脳は、その約60倍。脳の機能という点では、人間はカエルに対して相当優位です。

人間の脳のうち、意外なほど大きな部分が、目を使う能力と、見たものに対して行動を起こす能力です。見たばかりのものに対して素早く反応するには脳組織のうち、かなりの部分が必要となるそうです。

それほど見たものに対して行動を起こす能力が優れているにもかかわらず、人間はカエルのようにハエを舌で捕まえることはできません。

わずか24グラム、人間の脳の約60分の1しかないにもかかわらず、カエルは空を飛ぶハエを捕まえられますが、人間にはそれができません。

なぜカエルにはそんなことができるのか?ということですが、それはカエルが脳を最適化しているからです。実は、カエルは動きのないものはほとんど何も見えていません。つまり、カエルは環境における変化しか見ていないのです。

カエルの脳が得意なのは一つだけ。動く虫を求めて空を見張ること。周囲の動かない環境を無視して、新しいことだけに注意を集中することで、カエルはハエを捕えることにかけては人間よりもはるかに優れているのです。

実は、人間もカエルと同じように脳を最適化しています。
私たちが毎日受けとる情報は膨大です。それをすべて自分の脳で処理しようと思うと脳は膨大なエネルギーと時間を必要とします。

当然、それだけのエネルギーも処理する時間もありませんから、人間もカエルと同じように処理しないものを決めます。それが、変化しない情報です。私たちの脳は何よりもまず変化に気づくように最適化されています。つまり、新しいものには反応し、古いものには反応しないということです。

何が言いたいのかというと、
私たちがお客様に提供する情報も古くなってしまうと、無視されるということです。

例えば、販売図面。
レインズに登録していても更新されないと営業マンはその情報を無視するようになります。営業マンが見ているのは、新しい情報。レインズ上で変化のあった情報だけです。それ以外はそこに情報が存在しても見えていません。

もっと言えば、同じ情報でも販売図面自体を新しく作り直すことで、新しい情報のように見えるということです。セールスポイントを変える、写真を変える、キャッチコピーを変えるなど変化させるだけで同じ物件でも新しく見えるということです。

あなたの物件は、変化していますか?
市場に注目してもらうには変化が大切。変化し続けることで、注目度はアップし、成約率も高まります。お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。
  2. 伸び代のある経営者とは?
  3. 新築一戸建てを売る会社は「ゴミの日の法則」に学べ!
  4. 不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?
  5. 社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。

関連記事

  1. 営業マンを一瞬でいい人にする方法。

    不動産マーケティング

    営業マンを一瞬でいい人に変える方法。

    日に日に寒さを感じる季節になってきました。これからの季節、現地販売…

  2. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    不動産マーケティング

    お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    先日、妻が風邪をひいてドラッグストアに行ったときの話。仕事から帰ってき…

  3. ディズニーランドと不動産マーケティング。

    不動産マーケティング

    ディズニーランドと不動産マーケティング。

    あなたは「マーケティング」と聞いて何を思うでしょうか?Wikipedi…

  4. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    不動産マーケティング

    今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    新築一戸建ての成約率を上げるために必要なことが2つあります。 ひと…

  5. 建売会社はマンション客を狙え!

    不動産マーケティング

    建売会社はマンション客を狙え!

    先日、あるサイトがマイホームを持っている人141名に“マイホーム選びに…

  6. 不動産マーケティング

    安さを追えば追うほど売れなくなる理由。

    仕事柄、時々聞かれる質問があります。それは、「どこか安い工務店知ら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

おすすめの記事

  1. なぜ建売住宅は売れたり、売れなかったりするのか?
  2. 日当たりの悪い家の売り方。
  3. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  4. 不動産会社経営の万能薬を探していませんか?
  5. ブランディングは気遣いから。
  1. 不動産広告にマイナス表現は必要か?

    不動産広告

    不動産広告にマイナス表現は必要か?
  2. 日当たりの悪い家の売り方。

    不動産マーケティング

    日当たりの悪い家の売り方。
  3. 不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?

    不動産集客

    不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?
  4. 建売業界は広告掲載禁止を続けるべき?

    不動産広告

    不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?
  5. 老舗不動産会社の社内改革が進まない理由。

    不動産会社経営

    老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
PAGE TOP