これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

不動産マーケティング

これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

建売住宅に限らず商品が売れるかどうかは需要と供給で決まります。

需要>供給
となれば、すぐに売れますし、

供給>需要
となれば、売れません。

ビジネスは実はとっても簡単な公式の上に成り立っています。正直、これさえ知っていればいつでもビジネスを好転させることができるのですが、簡単なようで難しいのもこの公式の特徴。

手っ取り早い方法は、需要はあるけれど、供給の少ない商品を自分でつくりだすことです。建売住宅で言えば、これからあなたが売ろうとしているエリアでどんな物件の供給が多く、どんな物件の供給が少ないかを考えればいいのです。

パワービルダー系の物件ばかりが供給されているエリアであれば、デザイナーズ系の物件は希少ですから、そのエリアにデザイナーズ系の物件を供給すれば、売れる確率は高くなります。(もちろん、デザイナーズ系の物件を求めている人がいるということは大前提です)駅から遠いエリアでの物件の供給が多ければ駅から近いエリアで物件を供給できれば、少々高くても売れる確率は上がるでしょう。

大切なことは、たった一人でも供給より需要が多ければ売り手市場になるということです。ポイントはココ。たった一人でもというところ。1棟現場であれば、2人その物件に魅かれる人がいればいいということです。つまり、たった2人が魅かれる魅力のある建売住宅、それが何かを見つける目を養うことが売れる建売住宅をつくるコツです。

そのために必要なことは、お客様が何を求めているかを常に探ることです。住宅雑誌を読むこともいいでしょう。いろんな住宅アンケートの結果を見るのもいいかもしれません。実際に購入したお客様にその理由を聞くことはもっといいと思います。とにかく、お客様の声を聞くことです。

それさえ出来ていれば、大きく間違うことはないのですが、現実はほとんどの建売業者ができていません。大抵は、自分たちの思い込み。きっとお客様はこんな家を求めているだろうという思い込みで商品を企画しています。

安定した建売会社をつくりたいのであればお客様の声を聞くことに経費を惜しんではいけません。ヒット商品、ヒットの法則はお客様の声の中に隠れているのです。

お客様が何に不満を感じ、何に喜びを見出すのか、その声を知れば、「需要>供給」は自由自在につくりだすことができます。逆にそれがわからなければ、あなたの会社の業績は常に市場(景気)に左右されることになります。

マーケティングとは市場調査と言われることがありますが、市場調査なくして、安定した会社経営はできません。そこのところくれぐれもお間違えなく。

 

ピックアップ記事

  1. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  2. 建売住宅販売は小さく攻めろ!
  3. 建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。
  4. 不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?
  5. 売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。

関連記事

  1. 不動産マーケティング

    選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?

    建売住宅や建築条件付きの売地の販売でよく建売業者さんが陥るのが、選択肢…

  2. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    私の仕事は、コンサルタント。コンサルタントと言っても様々な分野がありま…

  3. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。

    不動産マーケティング

    スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。

    「スタバ空白県」だった鳥取県に、ついに「スターバックスコーヒー シャミ…

  4. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    不動産マーケティング

    建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    人間とは不思議なもので、いつの間にか自分の常識が世間の常識だと思ってし…

  5. あなたの会社の評判を知る最も簡単な方法とは?

    不動産マーケティング

    あなたの会社の評判を知る最も簡単な方法とは?

    建売業者さんからコンサルティングを依頼された場合、まず最初にすることは…

  6. 建売業者も営業力の時代。

    不動産マーケティング

    建売業者も営業力の時代。

    売れ行きが悪い時、多くの売主は売れない理由を自分のせいにします。価…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは…
  2. 新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。
  3. いつまでワンマン経営を続けますか?
  4. 選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?
  5. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  1. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!
  2. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  3. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?

    不動産広告

    反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  4. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    不動産広告

    思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  5. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!
PAGE TOP