不動産広告の8秒ルールとは?

不動産広告

不動産広告の8秒ルールとは?

「現代人の集中力は8秒、これは金魚の9秒を下回る」というショッキングな事実が発表されました。
これは、カナダのマイクロソフトが実施した研究結果。この研究によれば、2000年には人の集中力持続時間は12秒ありましたが、携帯等のモバイル機器が爆発的に普及した結果、2013年には8秒しか集中力を持続できなくなったそうです。

そして見逃せないもうひとつの結果は、消費者が情報過多の状態に“疲れはじめている”ということ。今回の調査では、54%が「テクノロジーが時には生活の邪魔となる」と回答しています。「自分のデバイスをオフにする時間をつくることが大切」と答えた人は51%にのぼり、2人に1人はデジタル情報から身を守りたいと感じていることがわかります。

これが私たちのビジネスにどう影響を与えるのか?ということですが、一番大きな影響は、集客が難しくなるということです。そもそも集中力が続くのは8秒ですから、8秒以内にお客様の関心を掴まないとあなたの物件は存在していないのと同じことになります。インターネットにしろチラシにしろ、お客様があなたの物件を知ってから8秒以内に自分に必要な情報だと思ってもらわないとダメだということ。つまり、掴み(インパクト)が重要だということです。

掴みに必要なのは、魅力的な写真や心に残るキャッチコピー。ありきたりの写真やキャッチコピーでは、どんなにいい物件をつくっても見向きもされません。お客様の関心を掴めなければ、せっかくの苦労も実を結ばないということです。家は住んでから購入するものではありません。実際に住む前に購入を決断するもの。つまり、良さそうだと思えるかどうかが購入を決断する鍵になるのです。

そのためには、まず広告でこの物件良さそうと思ってもらわなければなりません。お客様に関心を持ってもらわないと次のステップに進まないのです。しかも、その時間はわずか8秒。8秒の間で、ライバルの広告より魅力的に見えないと次のステップには行けないのです。

ここで一つ見直して欲しいのが、インターネット一辺倒の広告です。今回の研究結果にもあるように、「テクノロジーが時には生活の邪魔となる」「デジタル機器をオフにする時間をつくることが大切」と考えている人が多いということです。

つまり、デジタルでない媒体の方がお客様を疲れさせずに訴求できるということ。昔ながらのチラシや紙媒体の方が効果が高いこともあるということです。広告媒体を見直しましょう。写真を、キャッチコピーを見直しましょう。これを変えるだけで売上も変わります。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 建売業界「狂騒の20年代の終わり」
  3. 建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?
  4. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。
  5. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

関連記事

  1. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が少ない理由。

    不動産広告

    ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。

    先日、新築一戸建てを分譲している業者さんから広告についての相談がありま…

  2. 建売会社はマンション客を狙え!

    不動産マーケティング

    建売会社はマンション客を狙え!

    先日、あるサイトがマイホームを持っている人141名に“マイホーム選びに…

  3. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?

    不動産集客

    あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?

    日経MJによれば、食品スーパーのサミットが、ビギナーにもわかりやすい「…

  4. 不動産広告、この一言で売上が伸びる!

    不動産広告

    不動産広告、このひと言で売上が伸びる!?

    あなたはテレビ通販が好きですか? 私は仕事柄、テレビ通販をよく見ます。…

  5. 不動産売却、見れば気にいる物件ならこの方法!

    不動産集客

    不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!

    自社で現地売出をやったことのある不動産業者ならわかると思いますが、折り…

  6. 不動産広告にマイナス表現は必要か?

    不動産広告

    不動産広告にマイナス表現は必要か?

    ある建売業者さんから届いたクレーム。完成しても売れない在庫物件のために…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。
  2. 売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。
  3. 昔の常識に惑わされていませんか?
  4. 人はなぜ借金してでも家を買うのか?
  5. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  1. ディズニーランドと不動産マーケティング。

    不動産マーケティング

    ディズニーランドと不動産マーケティング。
  2. 営業マンのいないオープンハウス。

    不動産マーケティング

    営業マンのいないオープンハウス。
  3. 相談する相手間違えていませんか?

    不動産会社経営

    その商品企画、相談する相手間違えていませんか?
  4. 売りにくい物件を即決物件に変えるコツ。

    不動産売却

    売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。
  5. 売れる建売会社になるために必要な予算とは?

    不動産広告

    売れる建売会社になるために必要な予算とは?
PAGE TOP