不動産広告の8秒ルールとは?

不動産広告

不動産広告の8秒ルールとは?

「現代人の集中力は8秒、これは金魚の9秒を下回る」というショッキングな事実が発表されました。
これは、カナダのマイクロソフトが実施した研究結果。この研究によれば、2000年には人の集中力持続時間は12秒ありましたが、携帯等のモバイル機器が爆発的に普及した結果、2013年には8秒しか集中力を持続できなくなったそうです。

そして見逃せないもうひとつの結果は、消費者が情報過多の状態に“疲れはじめている”ということ。今回の調査では、54%が「テクノロジーが時には生活の邪魔となる」と回答しています。「自分のデバイスをオフにする時間をつくることが大切」と答えた人は51%にのぼり、2人に1人はデジタル情報から身を守りたいと感じていることがわかります。

これが私たちのビジネスにどう影響を与えるのか?ということですが、一番大きな影響は、集客が難しくなるということです。そもそも集中力が続くのは8秒ですから、8秒以内にお客様の関心を掴まないとあなたの物件は存在していないのと同じことになります。インターネットにしろチラシにしろ、お客様があなたの物件を知ってから8秒以内に自分に必要な情報だと思ってもらわないとダメだということ。つまり、掴み(インパクト)が重要だということです。

掴みに必要なのは、魅力的な写真や心に残るキャッチコピー。ありきたりの写真やキャッチコピーでは、どんなにいい物件をつくっても見向きもされません。お客様の関心を掴めなければ、せっかくの苦労も実を結ばないということです。家は住んでから購入するものではありません。実際に住む前に購入を決断するもの。つまり、良さそうだと思えるかどうかが購入を決断する鍵になるのです。

そのためには、まず広告でこの物件良さそうと思ってもらわなければなりません。お客様に関心を持ってもらわないと次のステップに進まないのです。しかも、その時間はわずか8秒。8秒の間で、ライバルの広告より魅力的に見えないと次のステップには行けないのです。

ここで一つ見直して欲しいのが、インターネット一辺倒の広告です。今回の研究結果にもあるように、「テクノロジーが時には生活の邪魔となる」「デジタル機器をオフにする時間をつくることが大切」と考えている人が多いということです。

つまり、デジタルでない媒体の方がお客様を疲れさせずに訴求できるということ。昔ながらのチラシや紙媒体の方が効果が高いこともあるということです。広告媒体を見直しましょう。写真を、キャッチコピーを見直しましょう。これを変えるだけで売上も変わります。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. こうすれば新築住宅は青田で売れる!
  2. 建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。
  3. 妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。
  4. 真面目な建売会社が報われない意外な理由。
  5. 不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!

関連記事

  1. 新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

    不動産売却

    新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

    先日、ある地方都市で工務店を経営している社長の話しを聞く機会がありまし…

  2. 売れる建売会社になるために必要な予算とは?

    不動産広告

    売れる建売会社になるために必要な予算とは?

    建売業者さんをコンサルする上でいつもネックになること、それが、広告宣伝…

  3. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    不動産広告

    不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    (株)LIXIL住宅研究所が、「住まいの購入」「住まいのリスク回避」に…

  4. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    私がつくる不動産チラシや販売図面は価格の表示が小さい。本当は、もっ…

  5. あなたの不動産広告の知識は30年前より進化してますか?

    不動産広告

    あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?

    何かの記事で読んだ話ですが、とても示唆に富むたとえ話なのでみなさんにも…

  6. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!
  2. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。
  3. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  4. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  5. 離職率の高い不動産会社の社長へ。
  1. ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?
  2. チームの生産性を上げるコツとは?

    不動産会社経営

    チームの生産性を上げるコツとは?
  3. お金をかけずに物件も魅力を2割増しにする方法。

    不動産マーケティング

    お金をかけずに物件の魅力を2割増しで伝える方法。
  4. 離職率の高い不動産会社の社長へ。

    不動産会社経営

    離職率の高い不動産会社の社長へ。
  5. 人材育成

    不動産会社経営

    「部下を育てるのは難しいなぁ…」と思ったら。
PAGE TOP