1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

    不動産集客

    売れない不動産情報を生き返らせる方法。

    売れない不動産情報にはある共通したポイントがあります。それは、情報が古びていること。販売図面はもちろん、レインズやアットホームに登録されている情報が古びているのです。情報が古びているとは、最初につくった情報がそのまま掲載されている状態のこと。途中で更新や新しい情報が追加されていないことをいいます。予算がないから新しい販売図面がつくれない・・・そんな事情もあるのかもしれません…

  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    不動産マーケティング

    今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    新築一戸建ての成約率を上げるために必要なことが2つあります。 ひとつは、お客様(エンドユーザー)を満足させること。 もう一つは、仲介会社の営業マンに気に…

  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    不動産広告

    広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    建売業界の常識で思わず首をかしげたくなるもののひとつが広告。ほとんどの建売住宅が広告掲載不可となっていることです。インターネット広告やホームページへの掲載はもち…

  4. 不動産マーケティング

    あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?

    売れない時代に入ってくるとやたらと増えるのがオープンハウス。中堅の仲介会社を中心に、週末になると、あちこちの完成物件でオープンハウスが開かれます。と、いって…

  5. 不動産マーケティング

    仲介業者に洗脳されていませんか?

    「貧すれば鈍する」ということわざをご存知ですか?「貧すれば鈍する」とは、人は貧乏になると利口な人でも愚かになるということ。貧乏をすると、毎日、その生活のこと…

  6. 不動産マーケティング

    人はなぜ借金してでも家を買うのか?

    最近、お客様の財布の紐が硬くなってきました。そこで考えなければならないことが、家を購入するメリット。とりわけ、あなたの物件を購入するメリットです。メリットが…

  7. 不動産マーケティング

    安さを追えば追うほど売れなくなる理由。

    仕事柄、時々聞かれる質問があります。それは、「どこか安い工務店知らない?」 「どこか安い設計士知らない?」 「どこか安い◯◯知らない?」という質…

  8. 不動産マーケティング

    売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。

    よくある建売業者さんからの相談のひとつに、レインズに掲載しているのに売れない、アットホームに流しているのに売れない、SUUMOに掲載しているのに売れないというも…

  9. 不動産マーケティング

    昔の常識に惑わされていませんか?

    以前、コンサルティングをしたあるクライアントさんの話。大きな会社ではないのですが、地元ではそこそこ実績のある建売業者さん。通常は、小さな(1棟〜4棟)現場が…

  10. 不動産マーケティング

    アラサー世代が好むインテリアとは?

    建売住宅の購買層といえば圧倒的に30代。だとすれば、30代の趣味嗜好を知ることは、売れる建売住宅をつくる上でとても重要です。しかし、30代の主婦のホンネ…

おすすめ記事

  1. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?
  2. 拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客を狙いますか?
  3. これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!
  4. 不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。
  5. 売れる建売会社とネーミングの関係。

最近の記事

  1. 新築住宅販売は通販会社に学べ!
  2. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。…
  3. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。
  4. 100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす…
  5. 成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。
  1. 仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?

    不動産売却

    仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?
  2. 不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。

    不動産マーケティング

    不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  3. 不動産マーケティング

    売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。
  4. 建売会社は広告力を磨け!

    不動産広告

    建売業者は広告力を磨け!
  5. これからの建売業者に必要な意外な力とは?

    不動産会社経営

    これからの建売業者に必要な意外な力とは?
PAGE TOP