不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。

不動産会社経営

不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。

あなたは読書が好きですか?読書というとなんだか優雅な感じがしますがビジネスマンの読書はそんな優雅さとは程遠いもの。むしろ格闘と言っても過言ではありません。

限られた時間内で目標を達成しなければいけないのがビジネスマン。だから、わからないことや、知らないことの対策を見つけるのが読書の役割。つまり、解決策を探すの読書の目的です。そのため、ビジネス読書の達人は本を最初から最後まで読むようなことはしません。

まずは自分の求めている部分だけを拾い読みして、使える情報があるかないかを吟味します。そして、必要であれば関連する部分を読むというのがビジネス読書。だから、同じようなテーマの本を数冊買い込んで一気読みするのがパターンです。そう、ビジネスマンの読書は本を読むことが目的ではありません。ビジネスマンの読書は本を利用することが目的です。本に書かれていることを実際のビジネスでやってみてはじめて本を読んだ価値があるのです。

そうでなければ、読書は単なる自己満足の世界。どれだけ素晴らしいことが書かれていても、感動するのはその一瞬だけ。1週間もすれば素晴らしい本も本棚の肥やしになるだけで、何が書かれていたか思い出すことすらできなくなっています。

だから、本は読んではいけない。本は利用しなければいけないのです。実際、読書に限らず、様々なセミナーや私たちのコンサルティングでも結果を出す人は、行動する人。セミナーやコンサルティングの内容に感心するだけの人は結果は出せません。

私の知り合いの工務店の社長は、セミナーでも「ピン!」ときたところがあると、セミナー途中でも帰ってしまいます。有名な社長なので周りも気にしませんが、その社長が途中退席する時は、セミナーの内容がいい証拠。講師も、周りのセミナー参加者も雰囲気が悪くなるどころか、これはいいセミナーだぞと逆に活気が生まれます。

そしてその社長はセミナーで言われた通りに実行します。そこに自分流というオリジナルはありません。セミナーで言われた通り。一言一句間違わないようなレベルでそのまま実行します。

自分流の改良を加えるのは、ある程度の実績ができてから。それまでは頑なに教えられた通りのことを繰り返し繰り返し実行します。だから、他社を圧倒する成果が生まれるのです。

読書も同じ。まずは本に書かれていることをそのまま実行してみる。そして、本に書かれているレベルまで成果を出してみる。それを繰り返せば、ライバルを圧倒する実力がすぐに身につきます。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. あなたのビジネスをリセットするコツ。
  2. 即日完売する新築分譲住宅を建てる前にすべきこと。
  3. レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。
  4. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  5. あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。

関連記事

  1. 不動産会社経営

    中小建売業者は「すし銚子丸」に学べ!

    安くなければ売れない! そう、思い込んでいる建売業者さんがたくさん…

  2. 時代認識、間違っていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの時代認識、間違っていませんか?

    売上に苦しんでいる経営者に共通していることがあります。それは、時代…

  3. 不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

    不動産会社経営

    不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

    ビジネスとは不思議なもので、努力をしたからといってすぐに報われるもので…

  4. 不動産会社経営

    伸び代のある経営者とは?

    以前、ある経営コンサルタントがこんなことを言っていました。それは、…

  5. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!

    中小の建売業者がこれから生き残っていく唯一の方法は、パワービルダーと同…

  6. 中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!

    不動産会社経営

    中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!

    最近、ブランド力を強化したいという相談が増えています。少しでもライバル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  2. これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。
  3. 売れる不動産会社になるための「非常識のススメ」。
  4. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはど…
  5. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。
  1. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    不動産マーケティング

    建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  2. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    不動産会社経営

    勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?
  3. 社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。

    不動産会社経営

    社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    不動産広告

    広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。
  5. 平町

    物件情報

    成功者にふさわしい土地をお探しのあなたへ。
PAGE TOP