不動産広告不要論者へ

不動産広告

不動産広告を軽視している人へ、なぜコカコーラは広告し続けるのか?

建売住宅に限らず、モノが売れない最大の理由が何かわかりますか?それは「忘れられている」ということです。お客様の記憶からあなたの商品が消えているということ。お客様の頭の中にしっかり記憶されていないことです。

これは、お客様だけではありません。建売業界で言えば、仲介業者もお客様のひとり。仲介業者の記憶の中にあなたの物件が常に記憶されていないと、あなたの物件は存在していないのと同じ。この場合も、売れません。

情報社会が発達して、私たちはひと昔前とは考えられないほどの情報を浴びるようになりました。私たちが浴びる情報量は、すでに人間の限界を超えていますから、当然、古いもの、不要なものは記憶の中から削除されます。そう、自動的に削除されてしまうのです。

だから、あなたの物件もあっという間にお客様の記憶から削除されてしまうということ。よほど記憶に残るようなインパクトを与えない限り、すぐに消去されてしまうということです。

よく広告なんていらない、と広告不要論を唱える業者さんがいますが、広告はお客様の記憶に残る有力な手段。コカ・コーラにしろ、東京ディズニーランドにしろ、もう十分その存在は知られた商品なのに未だに広告をするのは、それだけ効果があるということ。それだけ、お客様の記憶は当てにならないということです。

では具体的にどうしたらいいのか?情報を出しっぱなしにしないことです。よくレインズに登録している業者さんで登録しっぱなしという業者さんがいますが、レインズは2週間に一度更新できます。つまり、2週間に一度更新すると、新しい物件のように仲介業者に紹介されるということ。これを利用しない手はありません。

そもそも物件の登録日が古いだけで、売れない物件というレッテルを貼られますから更新を頻繁にして登録日を隠すことが大切。一石二鳥、その上無料ですから徹底すべきです。

よく、そんなに頻繁に更新しても「また、あの物件か」と業者に飽きられてしまう、かえって売れない物件の印象を強めてしまうという人がいますが、売れていないのは事実ですから、気にする必要はありません。それよりも大切なことは、まだ売れていないという事実を仲介業者の記憶に残すことです。それさえできれば、あなたの物件に合いそうなお客様が出てきた時に真っ先に紹介されます。

もちろんレインズだけに頼っていてはダメです。できることなら、仲介業者に会って直に物件の資料を渡すこと。アナログな方法ですがこれが予想以上に効果があります。選挙と一緒で、コツコツとドブ板を渡るようなやり方が、地道ですが効果があるのです。

最近はインターネットを使えば全ての情報がお客様の元へ届くと思っている人が多いようですが、簡単に届く情報は簡単に忘れ去られてしまう情報です。だから、これでもかこれでもかと頻繁に送ることが大事。そして、頻繁に送るのが面倒ならアナログ営業をすること。アナログ営業なら記憶にとどまる時間は大幅に長くなります。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 人はなぜ借金してでも家を買うのか?
  2. 不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。
  3. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…
  4. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!
  5. 不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。

関連記事

  1. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が少ない理由。

    不動産広告

    ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。

    先日、新築一戸建てを分譲している業者さんから広告についての相談がありま…

  2. 不動産売却、見れば気にいる物件ならこの方法!

    不動産集客

    不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!

    自社で現地売出をやったことのある不動産業者ならわかると思いますが、折り…

  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    不動産広告

    広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    建売業界の常識で思わず首をかしげたくなるもののひとつが広告。ほとんどの…

  4. 建売会社が信じる間違った広告常識。

    不動産広告

    建売会社が信じる間違った広告常識。

    売れない物件を抱えたクライアントから「どうしたら売れるでしょうか?」と…

  5. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

    不動産広告

    不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

    「◯◯◯が売れている。という噂は本当です。」 というチラシがありま…

  6. 大幅値引きしましたの間違い

    不動産集客

    建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。

    ある新築住宅の現場を視察したときのこと。 現地を訪れてまず目に飛び…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。
  2. 新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  3. 売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。
  4. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
  5. 中小不動産会社が大手より優秀な人材を採用する方法。
  1. なぜあの不動産会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?
  2. 売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。

    不動産会社経営

    売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。
  3. 中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!

    不動産会社経営

    中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!
  4. 不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?

    不動産集客

    不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?
  5. 不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?
PAGE TOP