建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

不動産会社経営

建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

ビジネスを長く継続させる上で、重視しなければいけないことが2つあります。

ひとつは、利益率。
そしてもうひとつは、差別化です。

他社と同じような商品を売っていては、利益率は高くなりません。利益率を高くするには、他社にはない商品を売ることが大切。それが差別化です。

まあ、当たり前といえば当たり前なのですがこの当たり前のことができていないのが今の建売業界です。たいていの建売業者さんは、他社と同じような物件をつくって、他社より多くの利益を得ようとします。その結果、同じような物件が市場に増えて、価格競争になり、値下げを繰り返して、利益率を下げていきます。

では、どうすれば利益率の高い商品をつくれるのか?
利益率が高く、いつまでも高い利益率を確保するにはどうしたらいいのか?

ということですが、答えは簡単です。
ライバルが嫌がる仕事、面倒な仕事をすること。

これだけです。

私は、仕事柄、多くの経営者にアドバイスをします。ぶっちゃけ、私もビジネスマンですから、クライアントに儲かってもらい、私との関係も長く良好な関係にしたいと考えています。

だから、長期的に結果の出る方法をアドバイスするのですが、反応は2つに分かれます。

「それ面白そうですね」と前のめりになってくる経営者と「面倒くさいですね…」それは建売には向かないと思います…」「昔やったけどダメでした…」と否定的に捉える経営者。

実際には、前のめりになってくる経営者は、10人に1人か2人。
ほとんどが、最初は私のアドバイスに対して否定的な意見を持ちます。
コンサルタントをはじめた頃は、これが結構ショックでした(笑)。

しかし、今は違います。
今は否定的な意見や反応を見ればみるほどこれはイケると思うようになりました。そもそも誰もが納得する施策は、ありふれた施策です。すぐに真似できる施策ですから、差別化にはなりません。

差別化とは、他社がやらないことをやること。そして、できれば永遠に他社が参入してこないようにすることが一流の差別化です。これを参入障壁と言いますが、参入障壁が高ければ高いほど、競合がいない状態ですから利益率は高くなります。

つまり、他社が嫌がる仕事、他社が面倒臭がる仕事を、効率的にできるようにすれば利益率の高い、永続性のあるビジネスができるということです。

他社が嫌がる仕事で、
お客様が喜ぶ仕事をしましょう。
そんな商品企画を考えましょう。

もちろんそんな仕事は面倒です。
面倒だからこそ、効率化すれば簡単には真似できません。

簡単に真似できなければ、あなたのビジネスは一人勝ち。利益をごっそり持っていけます。面倒な仕事の裏にこそ利益は隠れているものですよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 不動産会社経営の万能薬を探していませんか?
  2. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!
  3. 新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!
  4. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  5. モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。

関連記事

  1. 不動産会社経営

    パワハラと不動産会社の未来。

    パワハラが社会問題化しています。連日のようにワイドショーではパワハ…

  2. これかの新築分譲会社に必要な能力とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な能力とは?

    以前、ある新築分譲会社からコンサルティングを頼まれたときのこと。 …

  3. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    不動産会社経営

    中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    中小建売業者さんのなかには、販売は大手不動産仲介会社に任せる、という会…

  4. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    不動産会社経営

    あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    先日、ある建売会社の社長さんから商品企画についての相談がありました。…

  5. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

    不動産会社経営

    用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

    仕事柄、最も多い相談は、売れない物件をどうしたら売れるか?という相談。…

  6. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    不動産会社経営

    建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    もしあなたが、売上が安定する会社にしたいなら、必ず取り組むべき施策があ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 間違いだらけの新築住宅の見せ方

おすすめの記事

  1. 不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?
  2. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。
  3. 「売れるに決まってる物件」つくっていますか?
  4. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
  5. あなたの建売会社が自社営業すべき最大の理由。
  1. チームの生産性を上げるコツとは?

    不動産会社経営

    チームの生産性を上げるコツとは?
  2. あなたは住宅選びの本質を突くこの質問に答えられますか?

    不動産売却

    あなたは住宅選びの本質を突くこの質問に答えられますか?
  3. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  4. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  5. 広告の限界

    不動産マーケティング

    「売れるに決まってる物件」つくっていますか?
PAGE TOP