大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

不動産会社経営

大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

以前、「優秀な人材を集めるには企業理念が大切だ」というようなことを書きましたが、「企業理念って何ですか?」という質問がありました。

実は、企業理念のない会社がたくさんあります。たくさんというより、ほとんどの中小企業には本当に実現したい企業理念がないかもしれません。なぜなら、企業理念がなくてもビジネスはできるからです。そして、中小企業の中には「企業理念=お金儲け」という会社も少なくないからです。

うちの会社には企業理念がありません。
うちの会社の企業理念はお金儲けです。

と言って差し支えない時代はいいのですが、会社もある程度の規模になるとそれでは通用しない時代がやってきます。最近は、建売業者さんでも自社でホームページを持つのが当たり前の時代。そんな時代に会社の理念がない、もしくは、うちの会社の企業理念はお金儲けです、というのは少し問題。なぜなら、多くの消費者が商品だけでなく、つくり手の考えに共感して商品を購入する時代になったからです。

なるほど、企業理念は必要だ、つくらなければいけない、でもどうやってつくったらいいのかわからない・・・というあなたへ。具体的な企業理念のつくり方をお教えしましょう。

まず最初に考えなければいけないことは、
「自分たちは何のために存在するのか?」ということ。

そして、
「自分たちはどうやって社会に貢献していくのか?」
「自分たちは世の中に何を広めたいのか?」
「自分たちは誰からどんな支持を得たいのか?」
「10年後、自分たちはどうなっていたいのか?」
という質問に対して、自問自答しながらできるだけたくさんの考えを書き出すことです。

ポイントは、できるだけ具体的に書き出すこと。具体的であればあるほどオリジナルの企業理念になり、社員への浸透も深くなります。ただし、この作業はかなり面倒。普段、使わない頭を使うことになりますからすぐに眠くなります(笑)。

しかし、この作業をするかどうかで、10年後のあなたの会社は大きく変わります。ある意味、会社の未来をつくる作業ですから最も優先すべき仕事。社長が取り組まなければいけない最優先事項です。

あなたも本当に実現したい企業理念づくりにチャレンジしてみてはいかがですか。驚くほど効果ありますよ。

 

ピックアップ記事

  1. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  2. 中小建売業者は「すし銚子丸」に学べ!
  3. 売れる不動産会社は非常識が常識!?
  4. あなたの知らない建売業界の不都合な未来。
  5. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

関連記事

  1. 不動産会社経営

    中小建売業者は「すし銚子丸」に学べ!

    安くなければ売れない! そう、思い込んでいる建売業者さんがたくさん…

  2. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    不動産会社経営

    社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    忙しさを「できる経営者の証」のように言う社長さんがいます。コンサルティ…

  3. 時代認識、間違っていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの時代認識、間違っていませんか?

    売上に苦しんでいる経営者に共通していることがあります。それは、時代…

  4. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    世の中には流れというものがあります。 時流という言葉が適切なのかも…

  5. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    不動産会社経営

    儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    総務省統計局によると、平成24年2月時点で全国にある企業数は412万8…

  6. あなたの不動産会社、失敗から学んでいますか?

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社、失敗から学んでいますか?

    あなたは、売れる現場と、売れ残る現場の違いがわかりますか?同じ売主が、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  2. 売れる不動産会社は非常識が常識!?
  3. 不動産会社の経営者必見!星野リゾート成功の素とは?
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?
  1. 難しい専門用語が売上を落とす!

    不動産マーケティング

    難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  2. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  3. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?

    不動産会社経営

    営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  4. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

    不動産広告

    あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?
  5. 本当の理由

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!あなたの物件が売れた本当の理由。
PAGE TOP