間違いだらけの新築住宅の見せ方

不動産マーケティング

成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。

建売業者さんが犯す過ちでよくあるのが新築住宅の見せ方です。
販売経験がない業者さんが多いので仕方ないのですが、ちょっとしたことで成約率に大きな違いが生まれます。

例えば、玄関。
よくあるのが玄関に敷かれたシート。玄関タイルを汚さないためのシートなのですが養生シートをそのまま代用しているケースが多く、見栄えが良くありません。キレイにカットされ動かないようにでもされていればまだいいのですが、大抵の現場は、テキトーなサイズに切って放置してあるだけ。これでは購買意欲は湧きません。

本来であればシートはないほうがいいのですが汚れてしまうのが気になるようであれば、透明なシートを敷いておくことです。テーブルの上に敷くビニール製のシートで構いませんので玄関の床が見えるように敷いておきましょう。それだけでも玄関の明るさ、玄関に入った瞬間の気持ち良さは大きく変わります。

玄関でいえば、他に重要なのはスリッパです。
スリッパが置いてないのは論外ですが履ければいいというようなテキトーなスリッパも考えものです。色や種類がバラバラのスリッパや使い古されたようなスリッパはそれだけで建物のイメージを悪くさせます。

できることならセンスのいいスリッパ。色が統一され、高級感のあるスリッパがいいでしょう。参考にするなら新築マンションのモデルルームや住宅展示場のモデルハウスなどのスリッパ。スリッパを変えるだけで不思議と建物の印象も変わります。

他には、畳。和室のある建物でよくあるのですが和室に畳が敷いてない物件や畳が敷いてあってもその上に養生シートが敷かれたままの現場があります。畳が汚れてしまう、日焼けしてしまうための対策なのはわかりますが、購入を検討しているお客様から見ると魅力的な建物には見えません。せめて土日だけでもはずしておくような気遣いは必要です。

他にも、ダメチェックで見つかった補修箇所のテープ。
気にしてない売主さんが多いようですが、テープがあることでわざわざ問題点をお客様に伝えることになっています。これは、寝る子を起こすようなもので購入を検討しているお客様からすれば補修箇所が多いと、この家の施行は大丈夫かしら?と心配になります。なるべく早めに補修箇所を直してテープを外すか、引き渡し前に補修箇所を点検するかして売り出しの際には補修箇所のテープをなくす方がいいでしょう。

人は感情でモノを買います。
これは動かしがたい事実です。

つまり、あなたの建売住宅もお客様の感情をいい方向へ刺激しないと売れないということです。玄関にしろ、和室にしろ、補修テープにしろ、どれも簡単なことばかり。しかし、その重要性に気づいていない建売業者さんがほとんどです。裏を返せば、そんな簡単なことで差別化ができるということ。そんな簡単なことで成約する確率を上げられるということです。ダマされたと思ってはじめてください。驚くほどの効果が期待できますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。
  2. 不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。
  3. アート引越センターに学ぶ、ヒット商品が売れた本当の理由。
  4. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。
  5. 不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。

関連記事

  1. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    不動産マーケティング

    できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    先日、プライベートでトランクルームを借りました。トランクルームの使用は…

  2. 不動産マーケティング

    有名建築家の作品なら高くても売れる!?

    先日、クライアントさんのお誘いで埼玉県の、とある建売住宅を見学に行きま…

  3. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!

    ビジネスの基本は、お客様が欲しいものを欲しいタイミングで、欲しい価格で…

  4. 不動産マーケティング

    ブランディングは気遣いから。

    わが家の愛犬が逝ってしまいました。ミニチュアシュナウザーの「アッシ…

  5. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。

    人は、なぜモノを買うのか?少し哲学的な質問ですが、これがわかると人は、…

  6. 仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?

    不動産売却

    仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?

    あなたは何か動物を飼っていますか? わが家は、犬を飼っています。生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
  2. 有名建築家の作品なら高くても売れる!?
  3. 売れる不動産広告は一日にしてならず。
  4. 不動産売却、売れないオーラ出してませんか?
  5. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  1. 予告広告

    不動産広告

    なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?
  2. 大幅値引きしましたの間違い

    不動産集客

    建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。
  3. これかの新築分譲会社に必要な能力とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な能力とは?
  4. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  5. 不動産チラシ

    不動産広告

    常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?
PAGE TOP