儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

不動産会社経営

儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

もしあなたが長期的に成功する建売会社になりたいのなら、間違ってはいけない戦略があります。それは、価格戦略です。多くの建売業者さんの価格戦略はいい加減です。とりあえず、「これくらいで売れるといいな・・・」という価格で売り出し、「売れなければ値下げすればいいや・・・」というやり方。

情報が新鮮な時には、高い価格で、情報が古くなったら、安い価格で消費者の購買意欲をそそる、というやり方ですが、長期的に繁栄したい会社にとってはやってはいけない戦略です。その理由は、価格に対する不信感を植え付けることになるから。

確かに、安くなれば売れる確率は上がるかもしれません。しかし、一方で失うものもあります。それが、信用です。あの会社は、売れなければすぐに値下げするというレッテルを自分で貼ることになるからです。それは、消費者だけでなく仲介業者にも同じような不信感を植え付けます。

まあ、仲介業者はあなたの長期的な繁栄は考えていませんから、少しでも安くなるなら大歓迎かもしれませんが、一方で、「売れなければそのうち値下げするさ」という心理が働いてしまうため、彼らが妥当だと思う価格でなければ真剣に売ろうとはしません。要するに、売主が値下げを頻繁にすると、価格の主導権を仲介業者が握ってしまうことになるのです。こうなると、仲介業者が思う価格設定でなければ売れなくなります。

では、どうしたら売主が価格の主導権を握れるのでしょうか?それは、値下げしないことです。 最初に決めた価格で売り切る。これしかありません。そんなことできるの?と思われる方も多いと思いますが、やっている会社はあります。一切、値下げしないという会社は現実に存在します。きっと、あなたの周りにも一社や二社はあるのではないでしょうか。

その場合、大切なことは、値付けを真剣にすることです。競合他社の価格はもちろん、自社の原価や利益を考えて、この価格なら大丈夫という価格を真剣に考えることです。その際に、つまらない色気を出さないこと。お客様にとっても、自社にとっても納得できる価格を決めることです。それができていないから、値下げを繰り返すことになるのです。

この価格なら絶対に売れる、この価格なら絶対にお客様は損をしない、そんな真剣な価格設定をすることが長期的に繁栄する建売会社の条件です。消費者は、安い価格を望んでいるのではありません。消費者は、納得できる適正な価格を望んでいるのです。適正な価格だという根拠を示せば、予算のある人は購入してくれます。仲介業者も建売会社の企業姿勢がわかれば協力してくれるようになります。

値下げしないと決めた時、値下げしなくても売れる方法は何かを真剣に考えられるようになります。それが長期的な繁栄の第一歩。怖いかもしれませんが試してみる価値のある一歩です。

 

ピックアップ記事

  1. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。
  2. 中小建売業者は値下げしてはいけない!
  3. 不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!
  4. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
  5. なぜ能力のある不動産会社の社長ほど成功できないのか?

関連記事

  1. 建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

    不動産会社経営

    建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

    建売業社さんにもいろんなタイプがあります。大きく事業展開したい人もいれ…

  2. あなたの知らない建売業界の不都合な未来。

    不動産会社経営

    あなたの知らない建売業界の不都合な未来。

    「時代が変わる」とよく建売業者さんに話をするのですが、今いちピンと来な…

  3. いつまでワンマン経営を続けますか?

    不動産会社経営

    いつまでワンマン経営を続けますか?

    建売業者さんにはワンマン経営の会社が多い。建売業界に限らず中小企業には…

  4. これかの新築分譲会社に必要な能力とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な能力とは?

    以前、ある新築分譲会社からコンサルティングを頼まれたときのこと。 …

  5. 不動産会社経営

    中小建売業者は「すし銚子丸」に学べ!

    安くなければ売れない! そう、思い込んでいる建売業者さんがたくさん…

  6. 売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?

    不動産会社経営

    売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?

    どうすれば売れる広告がつくれるようになりますか?コンサルティングの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。
  2. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  3. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  4. 売れない原因の見つけ方。

おすすめの記事

  1. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  2. 建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?
  3. 建売会社がホームページをつくる前に考えるべきこと。
  4. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!
  5. 売れる不動産会社になるための「非常識のススメ」。
  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    不動産マーケティング

    プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。

    不動産会社経営

    新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。
  3. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?
  4. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!
  5. 「何であんな物件が売れるんだ…」と思ってしまう真面目な建売業者さんへ。

    不動産マーケティング

    「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。
PAGE TOP