売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

不動産会社経営

売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

年末にある経営者が面白いことを言っていました。1年を振り返って反省は何かという質問に対してでしたが、その答えが、「商品に惚れ込んではいけない」というものだったからです。

私たちがよく耳にするのは「商品に惚れろ!」という言葉。担当者が商品に惚れなくて売れるはずがないという言葉はよく聞きますが、この経営者は全く反対のことを言っていました。

ちなみに、この経営者は不動産とは全く違うビジネスをしていますが、ビジネスの実績は桁違い。毎年倍々ゲームのように売上を伸ばす敏腕経営者。だから、彼の言葉には重みがあります。

では、なぜ彼が商品に惚れ込んではいけないと言ったのか?それは、商品に惚れ込んでしまうとビジネス全体を客観的に見れなくなるからです。実際、その敏腕経営者も昨年はある商品に惚れ込んで大きなミスを犯したと言います。こんなにいい商品ならきっと誰もがその価値を分かってくれるはず、と通常の販売プロセスを無視し、価格設定も間違えたと言います。結果は、・・・惨敗。いつもなら絶対に犯さないようなミスを連発したというのです。

実は、同じように考えている経営者は他にもたくさんいます。ある業績が絶好調の建売会社の社長ですが、なぜかことあるごとに私にコンサルティングを依頼してきます。ある時、その社長に「社長ならコンサルタントなんていらないんじゃないですか?」と尋ねたことがありました。その時、社長がおっしゃったのは「社員が手がける物件なら私でもいいと思うんです。でも、私が手がける物件はどうしても主観が入ってしまう。だから、第三者の意見が聞きたいんです」とおっしゃっていました。

つまり、この敏腕経営者と同じで、できる社長は商品を客観的に見ることを大切にしているのです。人はついつい自分の価値観が一番だと思います。自分の価値観をすべての人が支持してくれると思います。しかし、それは幻想。価値観は人それぞれです。だからこそ、適切なプロセスで、適切な価格で販売することが大事なのです。そうでなければ、せっかくのいい商品もその価値が伝わらないまま在庫になってしまいます。

あなたは商品を客観的に見ていますか?
商品に惚れることは大事。しかし、惚れすぎて我を忘れてしまうことは禁物です。
そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 建売住宅販売の新常識!二匹目のドジョウを狙え。
  2. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。
  3. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。
  4. 老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
  5. 建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

関連記事

  1. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    不動産会社経営

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    コンサルティングをしていて困ることのひとつに、クライアントの思い込みが…

  2. 伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。

    不動産会社経営

    伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。

    建売業界というか、不動産業界の悪習のひとつに、売れないのは価格が高いか…

  3. 中小建売業者は高く売る技術を鍛えろ!

    不動産会社経営

    中小建売業者は高く売る技術を鍛えろ!

    日本人の特徴なのでしょうか、いいものを安く売る、ということが美徳のよう…

  4. 新築住宅販売は通販会社に学べ!

    不動産マーケティング

    新築住宅販売は通販会社に学べ!

    先日、野菜の宅配を頼んでみました。実は、以前も同じような宅配を利用して…

  5. いつも売れてる建売会社は何が違うのか?

    不動産会社経営

    いつも売れてる建売会社は何が違うのか?

    建売業者さんにお会いすると、最初に聞くことがあります。それは、売れ…

  6. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不景気になってくると増える質問が、どうすれば売れますか?という質問です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  3. 売れない原因の見つけ方。
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  5. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

おすすめの記事

  1. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?
  2. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  3. 建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。
  4. これからの新築分譲会社に必要な予算とは?
  5. 購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。
  1. いつまでワンマン経営を続けますか?

    不動産会社経営

    いつまでワンマン経営を続けますか?
  2. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  3. その不動産営業、煽りすぎていませんか?

    不動産マーケティング

    その不動産営業、煽りすぎていませんか?
  4. 売れる不動産広告は一日にしてならず。

    不動産広告

    売れる不動産広告は一日にしてならず。
  5. 売れない完成在庫を売る最も簡単な方法。

    不動産売却

    売れない完成在庫を売る最も簡単な方法。
PAGE TOP