営業マンのいないオープンハウス。

不動産マーケティング

営業マンのいないオープンハウス。

マツダの販売会社、関東マツダが大胆な試乗キャンペーンをはじめました。
それが、1日試乗キャンペーン。利用者はネットで借りる日を予約すれば借りられる簡単なシステムで、マツダ独自の環境技術である「スカイアクティブ」搭載の3車種が借りられるというものです。

原則1人1回の使用に限られますが、営業マンは同乗しません。レンタカー代わりに使ってもらってかまわないということで、実際、借りる人は温泉などの遠隔地へ行く人が多いということです。昨年12月からこの試乗車の1日貸し出しをはじめたのですが、これが大好評。業界の批判を尻目に快進撃を続けています。

どれくらいの効果を上げたかというと、実施後半年で新車成約率10%アップというのですから大したものです。試乗に関わるコストはよくわかりませんが、今後他の販売会社への導入も検討しているとのことですので効果が高いということでしょう。

私たちもこのキャンペーンから学べることはたくさんあります。
とりわけ、営業マンが同乗しない試乗というのは、建売業者さんにも簡単に応用できそうです。
クルマを試乗する時、通常は営業マンが同乗します。販売会社にとっては、せっかくの営業チャンスですから当然といえば当然ですが、お客様の立場からすれば営業マンと一緒の試乗では楽しさは半減します。むしろ営業されるのが苦手な人は、いくら興味があっても試乗しないかもしれません。

今回のマツダのキャンペーンはそんな営業されることが苦手なお客様を取り込むことに成功しました。これはオープンハウスも同じです。オープンハウスや現地売出しもクルマの試乗と同じように営業マンがきっちり付いてくるからです。

実際、オープンハウスの現場では、営業マンが家の前でお客様が来るのを待っているのが普通。
門番のような営業マンがいるだけで、怖くて素通りしてしまうお客様も少なくありません。

それであれば、マツダの1日試乗キャンペーンのように、営業マンがいないオープンハウスをやるのも効果的。予約制にして1時間はそのお客様だけの貸し切りオープンハウスにするのもいいかもしれません。むかし「1時間だけでも住んでみる」というキャッチコピーがありましたが、まさにそんな体験をしてもらうのです。

家族全員でわいわいガヤガヤとオープンハウスを見学しているうちに盛り上がってくれればラッキー。そうでなくても、お客様の連絡先だけ取得できれば今後につながります。マツダの1日試乗キャンペーンは業界の常識を覆したキャンペーンで大成功しました。つまり、今までと同じやり方、他人と同じことをしていては大成功はできないということです。

あなたも他社がやらない何かをはじめませんか?
ほんの少しの勇気と行動力で大きな成功が手に入るかもしれませんよ。

 

ピックアップ記事

  1. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。
  2. 不動産販売における重要な非必需品とは?
  3. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
  4. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  5. あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。

関連記事

  1. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    値下げしても売れない・・・そんな物件が増えてきました。今後の不動産市況…

  2. 不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    不動産マーケティング

    不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    自社で販売部隊を持たない建売業者にとって唯一の武器は値下げ。 多く…

  3. 伝説のキャッチコピー

    不動産広告

    驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?

    あるマンション再販業者さんからのクレームの話。 知り合いの建売業者…

  4. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

    不動産広告

    「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

    本や雑誌が売れなくなった、と言われて久しいですが、そんな出版不況の中で…

  5. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    不動産マーケティング

    中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    価格競争から抜け出すためにどうしたらいいか? その答えを見つけるに…

  6. 売れない新築住宅に共通することとは?

    不動産マーケティング

    売れない新築分譲住宅に共通することとは?

    売れない新築分譲住宅を見ていて思うこと。 それは、お客様が見えてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!
  2. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。
  3. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?
  4. 不動産売却、売れないオーラ出してませんか?
  5. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

おすすめの記事

  1. なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  2. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。
  3. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?
  4. 540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。
  5. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

アーカイブ

  1. 建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。

    不動産会社経営

    建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。
  2. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。
  3. 不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。

    不動産会社経営

    不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。
  4. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

    不動産広告

    新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。
  5. 不動産広告、この一言で売上が伸びる!

    不動産広告

    不動産広告、このひと言で売上が伸びる!?
PAGE TOP