不動産マーケティング

あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?

アドビシステムズが、企業のWebサイトやソーシャルメディアなどのデジタルメディアが、消費者の購買行動にどのような影響を与えているかに関する調査結果「消費者行動調査 2016」を発表しました。気になる結果がいくつかありましたので、ご紹介します。

まずは、店頭で気になった商品があった場合のお客様の行動です。
実店舗で消費者が気になった商品の情報収集のため、どのような行動をとるのかを調べた結果、60.2%がWebで調べると回答し、前回の52.3%より7.9ポイント増加しました。

また、「その場でスマートフォンなどからWebで調べる」と回答した人の割合が25.6%と前回調査時の15.3%より10ポイント以上増加していることから、消費者は場所や時間に関係なく情報を調べる習慣が定着してきたことが伺えます。

次に、消費者が企業のWebサイトや電子メールから受け取る情報に対してどのような認識を持っているかを調べたところ、82.9%の消費者が「企業サイトから提供される情報は自分の関心から遠い」と感じていることが明らかになりました。

また、企業のWebサイトや電子メールから得られる情報が、受け取った時点で本人のニーズや意識とどの程度一致しているかを尋ねたところ、「まったく一致していないことが多い」「あまり一致していないことが多い」を合わせると65.8%の消費者が一致していないと回答しています。

これらのことから導き出されるのは、消費者は気になる商品が見つかるとすぐにその場でスマートフォンなどから調べるが、企業のWebサイトから提供される情報には自分たちの知りたい情報がないと感じているということです。

不動産業界で言えば、営業マンから渡される資料や住宅サイトに掲載される情報、チラシや現地看板などから物件についてもっと詳しく調べようとして企業のホームページにアクセスしても、そこには知りたい情報が出ていないということです。

これは私も常々感じています。
色んな原因が考えられますが、基本的には「詳しい情報はネット上で公開すべきではない」という不動産業界の古い体質が原因だと思います。

「情報が欲しければ問い合わせをしろ!」
「無料で情報公開しても反響が取れなければ意味がない」という考えが蔓延しているからでしょう。

もちろん、この考え方が全て間違っているとは言いませんが、少なくとも消費者はこの業界の体質に違和感を感じているのは確か。最近の消費者の購買パターンとは大きくずれていることは間違いありません。

だから、遅かれ早かれ是正される時期が来ます。だとすれば、早めに対応した方が勝ち。多くの業者が重い腰をあげる前に対応すればそれまでは一人勝ちできます。お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  2. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!
  3. 不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?
  4. 離職率の高い不動産会社の社長へ。
  5. 建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?

関連記事

  1. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    不動産マーケティング

    できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    先日、プライベートでトランクルームを借りました。トランクルームの使用は…

  2. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

    不動産マーケティング

    残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

    売れ行きの悪い物件を抱えた多くの建売業者さんや不動産会社が犯すミスがあ…

  3. 建売会社がムダな値下げをしないためにやるべき調査とは?

    不動産マーケティング

    建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?

    「家を売るのは難しい…」特に、在庫物件で苦労している時ほどそう思うこと…

  4. 日当たりの悪い家の売り方。

    不動産マーケティング

    日当たりの悪い家の売り方。

    日当たりの悪い家を売る方法、わかりますか? 4棟現場なんだけど、2…

  5. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    不動産マーケティング

    中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    価格競争から抜け出すためにどうしたらいいか? その答えを見つけるに…

  6. 売れた理由

    不動産マーケティング

    建売業者は売れた理由に執着しろ!

    多くの建売業者さんと話をしていて思うことがあります。それは、ほとんどの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

おすすめの記事

  1. 中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!
  2. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。
  3. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。
  4. 不動産はAIDMAの法則で売れ!
  5. 建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。
  1. 完成在庫はオープンハウスで売れ!

    不動産売却

    完成在庫はオープンハウスで売れ!
  2. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    不動産マーケティング

    建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  3. 売れる不動産広告は一日にしてならず。

    不動産広告

    売れる不動産広告は一日にしてならず。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

    不動産マーケティング

    売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 不動産会社経営の万能薬を探していませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営の万能薬を探していませんか?
PAGE TOP