正しいオープンハウスのやり方。

不動産売却

正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?

先日、ある建売業社さんからこんな相談を受けました。 
「オープンハウスをしてもお客様が来ないのでそろそろ値下げした方がいいですか?」という相談です。
 
この建売業者さんは、社長ひとりでやっている小規模な建売業者さん。販売に関しては、仲介業者にすべて依頼しています。そのため、言葉は悪いですが今までは仲介業者のいいなり。
 
売れないのは物件が悪いから・・・
売れないのは価格が高いから・・・
と言われては、値下げを繰り返す。そんな状態でした。
それでも時々、未公開の状態で売ってもらうこともあり仲介業者には逆らえない、そんなジレンマを抱えていました。
 
ここで注意しなければいけないのは、値下げする前にオープンハウスが効果的に行われていたかどうかを確かめること。もっと言えば、ちゃんとオープンハウスのための営業活動が行われていたかどうか。それを見極めなければ値下げしても効果がないということです。
 
最近の仲介業者を見ていると真剣にその物件を売却しようという意気込みのある仲介業者が少ないように思います。その理由は、オープンハウスに取り組む準備。これが出来ていない。出来ていないのか、オープンハウスの正しいやり方を知らないのかわかりませんが、週末に現地に待機しているのがオープンハウスだと勘違いしている業者が多いように思います。実際、会社にいるよりは現地にいる方がマシという安易な発想の仲介業者がほとんど。それでは売れるわけありません。
 
オープンハウスが成功するかどうかは準備段階で決まります。
準備のかなめは、事前告知。1週間前から近隣に週末にオープンハウスをやるということを周知させることが重要です。できる営業マンは、周辺の賃貸マンションやアパートにポスティングをして告知します。更に、金曜日か土曜日には物件の周辺に新聞折込で再告知します。
 
逆に、その作業をしなければオープンハウスといっても単なる偶然を待つだけ。
最近は現地への誘導看板も規制が厳しくなったため、その確率は更に低くなっています。
 
これではオープンハウスで成約できないのも当然。いや、できる方が奇跡です。オープンハウス自体は効果のある営業手法です。但し、それは事前準備ができてこそ。すべては事前準備にかかっています。
 
売主としてはオープンハウスをやってもお客様が来ないと聞かされるとついつい弱気になります。ついつい値下げの衝動に駆られます。その気持ちもわからないではありませんが、正しいオープンハウスを実施していないと値下げしても効果は現れません。結果として、ダラダラと値下げを繰り返すことになり、利益は消えてなくなります。
 
あなたの依頼している仲介業者は正しいオープンハウスをやっていますか?
間違ったオープンハウスを何度やっても効果は現れません。やった気になってしまうだけでかえって逆効果です。大切なことは、準備をしっかりして取り組むこと。値下げはそれからです。
 
 
 
 
 

ピックアップ記事

  1. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。
  2. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?
  3. 不動産集客はキャッチコピーが8割。
  4. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。
  5. ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

関連記事

  1. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    不動産マーケティング

    新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    うちの近くに輸入中古車を販売するショップがあります。輸入中古車とい…

  2. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    不動産売却

    不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    家の近くの文房具店が閉店しました。閉店といっても、倒産。倒産するよ…

  3. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。

    不動産マーケティング

    パワービルダーと差別化する超簡単な方法。

    以前、コンサルティングをしたある建売業者さんの話。 従業員は社長と…

  4. 購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。

    不動産売却

    購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。

    お客様の購買心理というのは不思議なもの。 全然買う気がなかったのに…

  5. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産マーケティング

    これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産の営業経験がある建売業者さんならわかると思いますが、お客様を案内…

  6. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    せっかく苦労して競合と差別化をはかったのに、その違いが上手く伝わらない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?
  2. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  3. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?
  4. いつまでワンマン経営を続けますか?
  5. 売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。
  1. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!
  2. なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?
  3. いつまでワンマン経営を続けますか?

    不動産会社経営

    いつまでワンマン経営を続けますか?
  4. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    不動産マーケティング

    中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。
  5. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。
PAGE TOP