ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

不動産会社経営

ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

「小さい頃の僕はとにかく内気で大人しい少年だった」
「早稲田大学には入学したものの、映画やパチンコ、麻雀で、ブラブラしてい た4年間だった」
「就職のことは考えず、できれば仕事したくないな、と思っていた」
「大学を卒業後、少しの間スーパーに勤めたもののたった10ヶ月で退職した」

さて、この人物は誰だと思いますか?

実は、この人はユニクロの柳井正氏。先ごろ、フォーブス 2016年版 世界長者番付けで2年連続日本No,1の総資産を持つ経営者として紹介されたファーストリテイリングの柳井社長です。

その資産は、日本円で約1兆6060億円。(1ドル=110円)とてつもない金額ですが、若い頃はどちらかといえばダメダメ青年。人間って変われるものなんだなぁとつくづく思います。

そんな柳井氏が経営者に対して以下のように言っています。

「経営者は満足したらそこでおしまいだ。世界中には自分より良い方法でやっている経営者がたくさんいると思うべき。今は世の中がどんどん変わっており、最大の変革期にある。中でもグローバル化とデジタル化の波が大きい」と。

そのうえで、
「日本人は概して、変えるということに非常に怯えているか、自信がない。一番の長所であり短所であるのが安定、安全、安心だ。だが、それらは経営にはまったく必要ない。この3つが出てくることは経営に満足しているということだ。成功するには時代を追っかけていてはダメ。変化を自分で作って行かなければならない」と。

確かに、「日本人は変えるということに非常に怯えているか、自信がない。」というのはコンサルティングの現場ではよく遭遇します。現状に満足できないから改革しているのに、すぐに結果が出ないと諦めて元の状態に戻してしまう、そんな経営者はたくさんいます。

もっとも、経営者自身はそのまま続けようと思っていても、周囲がそれを許さないというのも事実。古参の社員や、改革することによって新しいスキルを覚えることが面倒な人、業務が増えることを嫌う人など、現状に不満はあっても安定を脅かされることに恐怖を持つ人が足を引っ張るのです。

その結果、会社はズルズルと後退していく。気がつけばニッチもサッチもいかない状態になっているというのがオチです。大切なことは、経営者がリーダーシップをとって変化を作っていくことです。

現状維持は後退と同じ。時代を追いかけるのではなく、自ら変化をつくっていきましょう。ユニクロのように。

 

ピックアップ記事

  1. なぜ建売住宅は売れたり、売れなかったりするのか?
  2. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。
  3. あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。
  4. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  5. 広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?

関連記事

  1. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    最近、人材採用についての相談が多い。一人社長の不動産会社は、従業員を採…

  2. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    コンサルティングをしていると「社員が思うように動いてくれない」と悩む経…

  3. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    不動産会社経営

    勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    以前、ある不動産業者さんをコンサルティングしたときの話。 確か、無…

  4. 不動産会社経営

    中小不動産会社が大手より優秀な人材を採用する方法。

    中小企業と大企業で圧倒的に差が出ることのひとつが人材採用とその育成。…

  5. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

    不動産会社経営

    上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

    私の好きなコトワザのひとつに人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうが…

  6. 相談する相手間違えていませんか?

    不動産会社経営

    その商品企画、相談する相手間違えていませんか?

    コンサルタントという仕事柄、商品の企画やサービスについて提案することが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?
  2. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。
  3. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  4. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。

おすすめの記事

  1. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。
  2. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  3. これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。
  4. 不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?
  5. 不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!
  1. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

    不動産マーケティング

    残念!こんな不動産の値下げは失敗する。
  2. 新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。
  3. 不動産会社経営

    建売業界「狂騒の20年代の終わり」
  4. いつまでワンマン経営を続けますか?

    不動産会社経営

    いつまでワンマン経営を続けますか?
  5. あなたの物件が売れた本当の理由、確認していますか?

    不動産マーケティング

    アート引越センターに学ぶ、ヒット商品が売れた本当の理由。
PAGE TOP