不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。

不動産会社経営

不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。

最近、ホームページについての相談が多くなりました。これからホームページをつくる不動産会社、すでにホームページを持っている不動産会社など様々ですが、どこに頼んだらいいのかわからない、どんなホームページにしたらいいのかわからないというのが、大抵の悩み。

実際、すでにホームページを持っている不動産会社さんのサイトをいくつか拝見しましたが、

・・・? というのが多い。

もちろんこれは不動産会社のせいではありません。つくったホームページ制作会社のせい。なかには、300万円以上の費用をかけてつくった会社もありますが、・・・悲しいサイトになっていました。

実は、私も過去に何度もホームページをつくってきました。

最初につくったのは、1999年。まだ、ホームページが珍しかった時代です。当時のホームページは、とにかく高かった。制作できる会社が少なく、依頼する側の知識もない時代だったので価格は言い値。それでも、新しいモノ好きには重宝されていたため、完全な売り手市場。かなりふっかけられた気がします。

最初のホームページは、見積もりが100万円。会社案内程度のほんの数ページのホームページでしたが、デザインから掲載する文章まですべてこちらが指定。制作会社は、ただそれをサイト上で表示できるようにするだけです。それでも、出来上がりには数ヶ月。費用は当初予算より50%アップ。最終的には150万円となっていました。

もちろん満足なホームページであれば問題なかったのですが、出来上がりは私の思っていたイメージとは全然違うもの。結局、大げんかしてお金だけ払って終わり。ネット上にアップされることなくお金をドブに捨てることになりました。

まあ、この時はたまたま依頼した会社が悪かったのだと思っていましたが、実はその後も、ホームページ制作会社とはお金だけ払って結果に満足できずお蔵入りになったサイトがいくつかあります。それほど、ホームページ制作会社を選ぶのは難しいことです。

問題は何かというと、ホームページ制作会社はホームページのつくり方は知っているけど、どんなホームページをつくると売上が上がるのかというマーケティングの知識は持っていないということ。お客様が何を求めてホームページにやってくるのかを知らないことです。だから、それを求めてホームページを依頼すると、出来上がりのイメージが違ってしまう。カッコイイホームページはつくれるけど売上には貢献しない、そんな高価なデジタル会社案内になってしまうのです。

では、どうしたらホームページ作りで失敗しないのか?

それはホームページ制作会社に依存しないということ。彼らに任せっきりにしないということです。100社ホームページ制作会社があるとすると、99社は使えないホームページ制作会社だといっても過言ではありません。大切なことは、ホームページ制作会社に依頼する前に、あなた自身がどんなホームページをつくると売上に効果があるのかという知識を持つこと。

不動産会社のホームページを見る人はどんな人で、どんな情報を得たいと思ってホームページを見に来るのかを理解することです。それがわからない間は、9分9厘使えないホームページ制作会社の餌食になるだけ。難しい専門用語を駆使されて丸め込まれ、私のようにお金をドブに捨てることになります。

そこのところくれぐれもご注意ください。

 

 

ピックアップ記事

  1. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?
  2. できる不動産会社の社長はココが違う!
  3. イケてる経営者になるための決断力の磨き方。
  4. 離職率の高い不動産会社の社長へ。
  5. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?

関連記事

  1. 離職率の高い不動産会社の社長へ。

    不動産会社経営

    離職率の高い不動産会社の社長へ。

    先日、ある顧問先の社長さんから社員さんの書いたレポートを見せられました…

  2. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    コンサルタントをしていると、何でも自分でやらないと気が済まない、何でも…

  3. 中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!

    不動産会社経営

    中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!

    最近、ブランド力を強化したいという相談が増えています。少しでもライバル…

  4. Macに学ぶ、売れる建売会社のあり方。

    不動産会社経営

    中小建売会社はMacを使いなさい。

    私ごとで恐縮ですが、パソコンをMacに変えました。以前から、いつかはM…

  5. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    不動産会社経営

    儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    総務省統計局によると、平成24年2月時点で全国にある企業数は412万8…

  6. 売れない時は、世阿弥に学べ。

    不動産会社経営

    売れない時は、世阿弥に学べ。

    「風姿花伝」という書物があります。 世阿弥が残した能の理論書ですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 間違いだらけの新築住宅の見せ方
  2. 弱点のある不動産の売り方。
  3. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  4. 新築一戸建て会社はゴミの日の法則に学べ。

おすすめの記事

  1. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。
  2. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?
  3. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  4. 不動産仲介業者をリスペクトしていますか?
  5. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  1. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。

    不動産会社経営

    建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  2. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    不動産マーケティング

    こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?
  3. 正しいオープンハウスのやり方。

    不動産売却

    正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?
  4. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
  5. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
PAGE TOP