できる不動産会社の経営者が最も大切にするもの

不動産会社経営

できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。

以前、私の会社にいた社員の話。その社員は20代後半の真面目な社員でした。パソコンに特別詳しいわけではないのですが、それでも当時のうちの会社では、もっともパソコンに詳しい人物。必然的に、会社のパソコン担当になっていました。

そんなある日、朝からインターネットに繋がらないという事件が起きました。レインズにも繋がらず、会社は開店休業状態。たまたま、案内が入っていた私は、彼に修理を依頼して出かけました。実は、インターネットに繋がらないというのは、それまでにもちょくちょくあったこと。大抵は、設定を見直せばすぐ治ることが多く、大した事件ではありません。面倒な作業ではありますが、30分もあればできる作業。気軽な気持ちで出かけたのです。

その日は、案内が立て込んでおり、帰社したのは夕方。当然、インターネットには繋がってると思ったのですが、朝の状態のまま。パソコン担当の彼だけが、難しそうな顔をしてパソコンに向かっています。どうやら、いつもの手順では解決できなかったようです。

そこで彼に聞きました。「サポートセンターに電話した?」とすると彼の返事は、「いえ、電話してません」「何で?」と聞き返すと、「・・・」彼に代わってサポートセンターに電話して聞いてみると、ものの5分で解決。インターネットは何事もなかったように繋がったのです。

彼に悪気があったわけではないのはわかります。しかし、彼の判断ミスで会社が一日開店休業状態になったのも事実。当日、出社していた社員やパートさんの給料などを考えると大きな損害になっことはまぎれもない事実です。もちろん、的確な指示を出していなかった私のミスでもありますが、未だに、ことあるごとにこの出来事を思い出します。

ついつい、私たちは一生懸命働くことが仕事だと考えてしまいます。努力して、苦労して覚えるのが仕事で、楽して解決するのは仕事じゃない、と考える風潮があります。

しかし、圧倒的なスピードで成功している人たちはそんな考えは持っていません。彼らがもっとも大切にするのは、時間。努力して、苦労して時間をかけて覚えるより、短時間で同じ結果が得られるならお金を出してでも時間を買う、という考えの人がほとんど。時短こそが成功への近道だということを彼らはわかっています。

わからないことは、わかる人に聞く。
そして、あなたはあなたの得意分野を伸ばす。
これこそが成功への近道。できる経営者の鉄則です。

あなたは時間の浪費していませんか?

 

ピックアップ記事

  1. 妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。
  2. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
  3. あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  5. 不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。

関連記事

  1. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    不動産会社経営

    たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    先日、あるクライアントさんにこんな質問をされました。それは、これからの…

  2. 売れない時は、世阿弥に学べ。

    不動産会社経営

    売れない時は、世阿弥に学べ。

    「風姿花伝」という書物があります。 世阿弥が残した能の理論書ですが…

  3. 不動産会社経営

    伸び代のある経営者とは?

    以前、ある経営コンサルタントがこんなことを言っていました。それは、…

  4. 不動産会社経営

    中小不動産会社が大手より優秀な人材を採用する方法。

    中小企業と大企業で圧倒的に差が出ることのひとつが人材採用とその育成。…

  5. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

    不動産会社経営

    売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

    意外と知られていませんが、売れる建売住宅をつくる上で欠かせないものがあ…

  6. これからの新築分譲会社に必要な予算とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な予算とは?

    新築一戸建てが売れない理由はいくつかありますが、私たちコンサルタントを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 「お客様の声」を信用するな!?
  2. 営業マンのいないオープンハウス。
  3. ディズニーランドと不動産マーケティング。
  4. 新築分譲住宅は現場力が決め手。
  5. 相場より900万円高い土地の売却、あなたならどうする?
  1. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
  2. e-住み替え

    不動産マーケティング

    ”e-住み替え”誕生物語。
  3. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

    不動産マーケティング

    こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
  4. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  5. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
PAGE TOP