時代認識、間違っていませんか?

不動産会社経営

あなたの時代認識、間違っていませんか?

売上に苦しんでいる経営者に共通していることがあります。
それは、時代認識の欠如。時代認識を間違えているということです。

日々仕事をしていると、時代認識ということは特別考えなくなります。それ自体は仕方ないことですが、会社の売上が伸び悩んできたり、同じことをやっているのに望む結果が出なくなったら、時代認識が狂ってきたサイン。一度じっくり考えるべきです。

とりわけ、現在50代以上の経営者は要注意。
それ以下の経営者も50代以上の経営者をお手本にビジネスを立ち上げた人は注意が必要です。

なぜ、注意が必要かというと、現在の50代以上はバブル期を経験しているから。住宅業界の全盛期を経験しているからです。住宅にしろその他の商品にしろ、全てのモノにライフサイクルがあります。

ライフサイクルは大きく4つの時期に分かれ、導入期、成長期、成熟期、衰退期があります。当然、それぞれの時期によってビジネスの仕方は異なります。

導入期では、商品の認知度が低いため、認知度を上げることが重要な戦略になります。
それに対して成長期は、マーケットが猛スピードで拡大していく時期。だから、モノさえあれば売れる時期です。建売業界で言えば、仕入れさえできれば、勝手に売れていく時期です。

そして次に訪れるのが、成熟期です。成熟期になると、需要と供給が逆転し、供給過剰が起こります。その結果、在庫が膨らんで売れない会社が増え、必然的にディスカウントが起こります。いわゆる安売り、価格競争です。

それ以外にも、成熟期には多様化という現象が起こります。個人の価値観が多様化し、万人受けする商品が逆に売れなくなります。つまり、時代が変わるということは、商品も売り方も変わるということ。

その時代に合った商品、売り方をしないと売れないということです。成長期には、販売なんて考えなくても仕入れさえできれば売れました。しかし、今は成熟期。成長期のやり方では売れません。

それを成長期に全盛期を迎えた経営者は理解できないのです。理解しようとしているのでしょうが、年をとると変化することが苦手になります。だからどうしても過去の成功体験に頼ってしまう。そして泥沼にはまってしまうのです。

そんな泥沼から抜け出すには、時代認識を改めること。成長期のやり方は通用しないと悟ることです。それができないなら、後継者に道を譲ることです。商品企画や販売戦略に口を挟まないことです。

時代は変わります。
消費者の意識も変わります。
だとすれば、経営者の意識も変わらなければついていけません。
50代以上の経営者は心して変化に努めましょう。それがもうひと花咲かせる唯一の方法です。

 

 

ピックアップ記事

  1. 建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?
  2. 建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。
  3. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?
  4. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!
  5. 昔の常識に惑わされていませんか?

関連記事

  1. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    高く売るにはどうしたらいいか? 高く貸すにはどうしたらいいか?…

  2. これかの新築分譲会社に必要な能力とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な能力とは?

    以前、ある新築分譲会社からコンサルティングを頼まれたときのこと。 …

  3. 中小建売業者は値下げしてはいけない!

    不動産会社経営

    中小建売業者は値下げしてはいけない!

    「見切り千両」ということばがあります。 株式などの相場で使われる言…

  4. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。

    売れない不動産会社(建売会社)に共通することのひとつに、社長の年齢があ…

  5. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。

    不動産会社経営

    老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。

    コンサルティングをしていてよく思うことがあります。 それは、成功す…

  6. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    最近、人材採用についての相談が多い。一人社長の不動産会社は、従業員を採…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 建売住宅販売の新常識!二匹目のドジョウを狙え。
  2. 不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。
  3. 一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。
  4. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。
  5. 不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!
  1. 売れない建売会社がよく使う言葉とは?

    不動産会社経営

    売れない建売会社がよく使う言葉とは?
  2. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が少ない理由。

    不動産広告

    ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。
  3. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?
  4. 売れない新築住宅に共通することとは?

    不動産マーケティング

    売れない新築分譲住宅に共通することとは?
  5. 売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    不動産マーケティング

    売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?
PAGE TOP