売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

不動産会社経営

売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

意外と知られていませんが、売れる建売住宅をつくる上で欠かせないものがあります。それは、インテリアコーディネート。インテリアコーディネートとは、住まい全体の雰囲気を決める重要なもの。床、壁、天井などの内装材や、カラーやレイアウト、照明、家具などを具体的に決める仕事です。

そのため、同じ家でもインテリアコーディネートの仕方によって全く違う雰囲気に変わります。つまり、インテリアコーディネートの仕方によって建売住宅の魅力は大きく変わるということ、売れ行きに直結する重要なポイントだということです。

それにもかかわらず、実際の建売住宅販売の現場ではこの部分が重要視されていませんん。大抵は、設計士におまかせか、なかには社長自らがいろいろと指示を出す程度。

もちろん、設計士さんや社長がそれなりのセンスを持っていればいいのですが、大抵は男性のため、自分好みのインテリアコーディネートになってしまいます。その結果、購入する人(決定権者)の感覚とズレが出てしまうことがほとんど。売れない原因の一つになっています。

そのため、売れる建売住宅をつくりたいのであれば、センスのいいインテリアコーディネーターを確保することが重要なのですが、ほとんどの建売業者さんはそれがわかっていません。

わかっていない最大の理由は、建築コストを下げることに夢中になっているからです。建売業者さんのほとんどが、いかに安く建てるかということに腐心しています。

安く建てて、安く売る。それさえ守っていれば建売販売は安泰だと思っているからです。もちろん、その考え自体は間違いではありませんが、それだけでは限界もあります。

みんなが同じ考え方で建売住宅をつくれば、出来上がるのは同じような家ばかり。魅力のない家同士での価格競争がはじまるからです。

そうならない為には、差別化が大切。なるべくお金をかけないで差別化するには、インテリアコーディネートで差をつけるのが一番簡単です。

同じ材料でも何を選ぶか、どんな色を選ぶか、そしてそれをどこに利用するかで建物の印象は大きく変わります。もちろん、インテリアコーディネーターを利用すればそれなりのお金がかかりますが、売れないで100万、200万と値下げするよりははるかに大きな効果があります。むしろ、いかにセンスのいいインテリアコーディネーターを見つけるかの方が問題です。

これからの建売業者さんが考えなければいけないことは、コストを削減することではありません。コストの費用対効果を考えることです。インテリアコーディネーターに払う費用以上にメリットがあればコストを惜しまず払いましょう。

大切なのはいいチームを築くこと。
それが一番の差別化に繋がりますよ。

 

ピックアップ記事

  1. その商品企画、相談する相手間違えていませんか?
  2. その不動産営業、煽りすぎていませんか?
  3. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?
  4. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  5. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

関連記事

  1. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

    コンサルティングをしていて思うことは、やっぱり不動産会社の成長は社長次…

  2. 売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。

    不動産会社経営

    売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。

    売れる新築分譲住宅をつくるのにもっとも重要なこと、何だと思いますか?…

  3. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    不動産会社経営

    中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    中小建売業者さんのなかには、販売は大手不動産仲介会社に任せる、という会…

  4. 即日完売する新築分譲住宅を建てる前にすべきこと。

    不動産会社経営

    即日完売する新築分譲住宅を建てる前にすべきこと。

    以前、相談を受けた新築分譲会社さんの話。 自信満々で建てたある現場…

  5. なぜあの不動産会社は急激に業績を伸ばせたのか?

    不動産会社経営

    なぜあの不動産会社は急激に業績を伸ばせたのか?

    仕事柄、儲かっているという会社については興味があります。最近、儲か…

  6. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    不動産会社経営

    なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    仕事柄、多くの建売業者さんとお会いすることがあります。儲かっている会社…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

おすすめの記事

  1. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法…
  2. お金をかけずに物件の魅力を2割増しで伝える方法。
  3. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  4. 新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  5. 不動産広告でもっとも重要なパーツとは?
  1. 真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。

    不動産広告

    真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。
  2. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    不動産広告

    思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  3. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。
  4. Macに学ぶ、売れる建売会社のあり方。

    不動産会社経営

    中小建売会社はMacを使いなさい。
  5. 売れる不動産会社になるための非常識のススメ

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になるための「非常識のススメ」。
PAGE TOP