売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

不動産会社経営

売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

意外と知られていませんが、売れる建売住宅をつくる上で欠かせないものがあります。それは、インテリアコーディネート。インテリアコーディネートとは、住まい全体の雰囲気を決める重要なもの。床、壁、天井などの内装材や、カラーやレイアウト、照明、家具などを具体的に決める仕事です。

そのため、同じ家でもインテリアコーディネートの仕方によって全く違う雰囲気に変わります。つまり、インテリアコーディネートの仕方によって建売住宅の魅力は大きく変わるということ、売れ行きに直結する重要なポイントだということです。

それにもかかわらず、実際の建売住宅販売の現場ではこの部分が重要視されていませんん。大抵は、設計士におまかせか、なかには社長自らがいろいろと指示を出す程度。

もちろん、設計士さんや社長がそれなりのセンスを持っていればいいのですが、大抵は男性のため、自分好みのインテリアコーディネートになってしまいます。その結果、購入する人(決定権者)の感覚とズレが出てしまうことがほとんど。売れない原因の一つになっています。

そのため、売れる建売住宅をつくりたいのであれば、センスのいいインテリアコーディネーターを確保することが重要なのですが、ほとんどの建売業者さんはそれがわかっていません。

わかっていない最大の理由は、建築コストを下げることに夢中になっているからです。建売業者さんのほとんどが、いかに安く建てるかということに腐心しています。

安く建てて、安く売る。それさえ守っていれば建売販売は安泰だと思っているからです。もちろん、その考え自体は間違いではありませんが、それだけでは限界もあります。

みんなが同じ考え方で建売住宅をつくれば、出来上がるのは同じような家ばかり。魅力のない家同士での価格競争がはじまるからです。

そうならない為には、差別化が大切。なるべくお金をかけないで差別化するには、インテリアコーディネートで差をつけるのが一番簡単です。

同じ材料でも何を選ぶか、どんな色を選ぶか、そしてそれをどこに利用するかで建物の印象は大きく変わります。もちろん、インテリアコーディネーターを利用すればそれなりのお金がかかりますが、売れないで100万、200万と値下げするよりははるかに大きな効果があります。むしろ、いかにセンスのいいインテリアコーディネーターを見つけるかの方が問題です。

これからの建売業者さんが考えなければいけないことは、コストを削減することではありません。コストの費用対効果を考えることです。インテリアコーディネーターに払う費用以上にメリットがあればコストを惜しまず払いましょう。

大切なのはいいチームを築くこと。
それが一番の差別化に繋がりますよ。

 

ピックアップ記事

  1. なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?
  2. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。
  3. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?
  4. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。
  5. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

関連記事

  1. 離職率の高い不動産会社の社長へ。

    不動産会社経営

    離職率の高い不動産会社の社長へ。

    先日、ある顧問先の社長さんから社員さんの書いたレポートを見せられました…

  2. まぐれで売れていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの建売住宅、まぐれで売れていませんか?

    プロ野球の野村克也元監督は、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負…

  3. 社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。

    不動産会社経営

    社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。

    先日、あるクライアントさんの会社でこんな企画をすることになりました。そ…

  4. あなたの建売会社が自社営業すべき最大の理由。

    不動産会社経営

    あなたの建売会社が自社営業すべき最大の理由。

    建売会社が飛躍する方法の一つに、自社営業があります。要するに、建物をつ…

  5. 売れる不動産会社は非常識が常識!?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社は非常識が常識!?

    クリナップの「クリンレディ」というシステムキッチンが好調らしい。そ…

  6. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    不動産会社経営

    なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    仕事柄、多くの建売業者さんとお会いすることがあります。儲かっている会社…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 間違いだらけの新築住宅の見せ方
  2. 弱点のある不動産の売り方。
  3. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  4. 新築一戸建て会社はゴミの日の法則に学べ。

おすすめの記事

  1. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。
  2. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。
  3. 不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」
  4. 売れない時は、世阿弥に学べ。
  5. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    不動産マーケティング

    プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産マーケティング

    不動産集客はGISポスティングの時代。
  3. 不動産マーケティング

    安さを追えば追うほど売れなくなる理由。
  4. 建売業界に迫る不都合な事実。

    不動産会社経営

    建売業界に迫る不都合な事実。
  5. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。
PAGE TOP