中小建売業者は販促ツールを強化しろ!

不動産マーケティング

中小建売業者は販促ツールを強化しろ!

先日あるクライアントからこんな質問を受けました。それは、
「売上を伸ばす一番手っ取り早い方法は何ですか?」という質問です。

さて、あなたなら何と答えますか?
売上を伸ばす要因はいろいろあります。
・商品の企画の充実
・施工品質の向上
・建物仕様のグレードアップ
・アフターサービスの充実 等々

たいていの建売業者さんは、商品やサービスを充実すれば売上が向上すると思いがちですが、実はそうではありません。確かに商品やサービスの品質向上は重要ですが、ある程度のレベルまでくるとわずかな差しかないからです。それより重要なもの、それは営業力です。

最近の建売住宅は随分グレードが上がってきました。もちろん、上には上がいますし、中には問題のある建売住宅もないわけではありません。しかし、素人から見ると同じような価格帯ならどこもそこそこ良く見える程度には品質も向上しています。

そうなると、建物やサービス自体はどこも同じように見えてしまいます。つまり、どこに違いがあるのか、どれを選んだらいいのかよく分からないという状態になっているお客様が多いということです。

そんな迷えるお客様を購買に結びつけるのが営業の仕事。営業マンの一言が、背中を押すことにつながるからです。だから、建物自体は大したモノを作っていないのに売れている建売業者がいるのです。

彼らの違いは、営業力。小さいながらも営業部隊がある建売会社はそれなりに売れているものです。だからと言って、営業マンを雇えば売れる建売会社になれるのかというとそうでもありません。

最近は、営業マンの力がどこも衰えているからです。理由は、はっきりしています。それは、営業マンがお客様と会って話をする機会が減少しているから。お客様に直接会ったり、電話したりして話ができればいいのですが、最近はメールが主流。なかなかお客様とコミュニケーションが取れないため、得意の営業力が発揮できないのが営業マンの悩みです。

ではどうしたらいいのか?
お客様に直接会わないでも物件の魅力が伝わるような資料やパンフレット、販売図面、ホームページを用意しておくことです。そうです。人という営業マンの代わりに資料やパンフレット、販売図面、ホームページなどに営業してもらうのです。

どんなにいい家をつくってもその良さが伝わらなければ売れません。情報社会になる以前はそれを営業マンが担っていました。しかし、今はそれをするのは資料やパンフレット、販売図面、ホームページなどのツール。それらが営業マンの代わりに営業してくれます。

もしあなたが真剣に売上を伸ばしたいならそこをテコ入れすること。それが一番手っ取り早く売上を伸ばすポイントです。お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!
  2. チームの生産性を上げるコツとは?
  3. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。
  4. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!
  5. 売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!

関連記事

  1. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    不動産マーケティング

    これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    建売住宅に限らず商品が売れるかどうかは需要と供給で決まります。…

  2. 建売業者はマンション業者に学べ!

    不動産マーケティング

    売れる商品企画はマンション業者に学べ!

    建売業界とマンション業界、どちらがチャレンジ精神が旺盛かといえば明らか…

  3. e-住み替え

    不動産マーケティング

    ”e-住み替え”誕生物語。

    不動産業界に入って32年、独立してすでに24年が経ちました。バブル…

  4. なぜ、いい建売住宅をつくるだけでは売れないのか?

    不動産マーケティング

    「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。

    クルマの話で恐縮ですが、建売業界にも関係する話なので少し聞いてください…

  5. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    不動産マーケティング

    家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    新潟県三条市にタダフサという包丁メーカーがあります。昭和23年創業の老…

  6. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    不動産マーケティング

    不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    価値観の相違という言葉をよく耳にします。そう、価値観が違うと、どんなに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。
  2. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  3. 売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  4. 仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?
  5. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?
  1. 不動産広告にマイナス表現は必要か?

    不動産広告

    不動産広告にマイナス表現は必要か?
  2. 難しい専門用語が売上を落とす!

    不動産マーケティング

    難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  3. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    不動産会社経営

    建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  4. 不動産マーケティング

    その色使い、間違っていませんか?
  5. あなたの物件が売れた本当の理由、確認していますか?

    不動産マーケティング

    アート引越センターに学ぶ、ヒット商品が売れた本当の理由。
PAGE TOP