新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

不動産マーケティング

新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

国内清涼飲料2位のサントリー食品インターナショナルは、日本たばこ産業(JT)の子会社で、飲料の自動販売機事業を手がける2社の保有株式を取得しました。

またサントリー食品はJTの缶コーヒーブランド「Roots(ルーツ)」と清涼飲料水ブランド「桃の天然水」も同時に取得。取得総額は全体で1500億円程度となります。

株式を取得して事実上の子会社にするのは、JTが70・5%を出資する「ジャパンビバレッジホールディングス」と同49・7%出資の「ジャパンビバレッジエコロジー」の両社。これでサントリーはグループですでに出資している12%分と合わせ、ジャパンビバレッジへの出資比率は83%となります。

自販機の保有台数を増やし、首位の日本コカ・コーラの追撃態勢を整えたいサントリーと、たばこ事業に経営資源の集中を進めるJTの思惑が一致し、今回の買収となったようです。

JTは、飲料製造販売事業から撤退する予定で、自販機事業も売却が妥当と判断。サントリーの自販機の保有台数は、現在49万台で、JT系2社の買収後は単純合算で75万台になり、日本コカ・コーラの約83万台に肉薄することになります。

今回の買収で参考になるのは、サントリーが自販機の保有台数を増やすことに執着したことです。自販機を買収するということは、実は、流通網を買収するということ。商品を販売してくれる販路を確保したということを意味します。

商品がどんなにすばらしくても、商品がどんなに安くても、販路がなければ売上は上がりません。お店で販売する、通信販売で販売する、インターネットで販売する、などいろんな販売方法がありますが、売ってくれる場所が多ければ多いほど売上は上がりやすくなるということです。

新築住宅販売で売上を伸ばすのも、この販路を増やすことがもっとも効果的なやり方です。多くの建売業者さんは、この販路を伸ばす、流通網を構築する、ということに関心がありません。むしろ、販路は少ない方がいいと思っている業者さんもいるほどです。

逆に、レインズに登録すれば全国の不動産業者に情報が流れる、アットホームやマイソクに流せば登録業者に情報が流れるから大丈夫だと思っている業者さんもいますが、それはやらないよりはやった方がいいというレベル。決して、満足できるレベルの流通網ではありません。

大切なことは、あなたの物件を一生懸命セールスしてくれる不動産会社の流通網を持つこと。そんな流通網を構築することです。それができるだけで、売上は一気に上がります。それだけ流通網の構築は重要な作業だということ。盲点ですが売上アップの重要なポイントです。

 

ピックアップ記事

  1. 中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!
  2. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。
  3. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。
  4. 売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?
  5. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。

関連記事

  1. 今さら聞けない。売れるヒントの見つけ方。

    不動産マーケティング

    今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。

    仕事とはいえ、毎年多くの建売住宅を見学しています。売れてる建売住宅から…

  2. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!

    不動産マーケティング

    売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!

    売上を伸ばす上で一番簡単な方法は、お客様が望むものをつくること。 …

  3. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    私の仕事は、コンサルタント。コンサルタントと言っても様々な分野がありま…

  4. プレミア消費

    不動産マーケティング

    中小建売業者が狙うべきプレミア消費層とは?

    先日、ある建売業者さんと話しをしていた時のこと。最近のお客さんは、…

  5. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    不動産マーケティング

    えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    売れる商品や売れるサービスを考えるとき、まず最初に言われるのが「お客様…

  6. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    マーケティングでよく言われることのひとつに、ライバルは同業社だけではな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 不動産会社の経営者は裸の王様が多い?!
  2. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント…
  3. 建売業界「狂騒の20年代の終わり」
  4. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  5. あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。
  1. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由

    不動産会社経営

    中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。
  2. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    儲かる差別化に必要な3つの要素とは?
  3. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!
  4. 売れる不動産会社は非常識が常識!?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社は非常識が常識!?
  5. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
PAGE TOP