新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

不動産マーケティング

新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

国内清涼飲料2位のサントリー食品インターナショナルは、日本たばこ産業(JT)の子会社で、飲料の自動販売機事業を手がける2社の保有株式を取得しました。

またサントリー食品はJTの缶コーヒーブランド「Roots(ルーツ)」と清涼飲料水ブランド「桃の天然水」も同時に取得。取得総額は全体で1500億円程度となります。

株式を取得して事実上の子会社にするのは、JTが70・5%を出資する「ジャパンビバレッジホールディングス」と同49・7%出資の「ジャパンビバレッジエコロジー」の両社。これでサントリーはグループですでに出資している12%分と合わせ、ジャパンビバレッジへの出資比率は83%となります。

自販機の保有台数を増やし、首位の日本コカ・コーラの追撃態勢を整えたいサントリーと、たばこ事業に経営資源の集中を進めるJTの思惑が一致し、今回の買収となったようです。

JTは、飲料製造販売事業から撤退する予定で、自販機事業も売却が妥当と判断。サントリーの自販機の保有台数は、現在49万台で、JT系2社の買収後は単純合算で75万台になり、日本コカ・コーラの約83万台に肉薄することになります。

今回の買収で参考になるのは、サントリーが自販機の保有台数を増やすことに執着したことです。自販機を買収するということは、実は、流通網を買収するということ。商品を販売してくれる販路を確保したということを意味します。

商品がどんなにすばらしくても、商品がどんなに安くても、販路がなければ売上は上がりません。お店で販売する、通信販売で販売する、インターネットで販売する、などいろんな販売方法がありますが、売ってくれる場所が多ければ多いほど売上は上がりやすくなるということです。

新築住宅販売で売上を伸ばすのも、この販路を増やすことがもっとも効果的なやり方です。多くの建売業者さんは、この販路を伸ばす、流通網を構築する、ということに関心がありません。むしろ、販路は少ない方がいいと思っている業者さんもいるほどです。

逆に、レインズに登録すれば全国の不動産業者に情報が流れる、アットホームやマイソクに流せば登録業者に情報が流れるから大丈夫だと思っている業者さんもいますが、それはやらないよりはやった方がいいというレベル。決して、満足できるレベルの流通網ではありません。

大切なことは、あなたの物件を一生懸命セールスしてくれる不動産会社の流通網を持つこと。そんな流通網を構築することです。それができるだけで、売上は一気に上がります。それだけ流通網の構築は重要な作業だということ。盲点ですが売上アップの重要なポイントです。

 

ピックアップ記事

  1. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?
  2. 日当たりの悪い家の売り方。
  3. 賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。
  4. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?
  5. 実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。

関連記事

  1. 建売業者はマンション業者に学べ!

    不動産マーケティング

    売れる商品企画はマンション業者に学べ!

    建売業界とマンション業界、どちらがチャレンジ精神が旺盛かといえば明らか…

  2. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。

    不動産マーケティング

    建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。

    以前、コンサルティングをした建売業者さんの話。ある現場を仕入れたのです…

  3. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!

    中小の建売業者がこれから生き残っていく唯一の方法は、パワービルダーと同…

  4. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産会社の中には、勝てば官軍という考えを持つ人が多い。要するに、売れ…

  5. 不動産マーケティング

    人はなぜ借金してでも家を買うのか?

    最近、お客様の財布の紐が硬くなってきました。そこで考えなければなら…

  6. 間違いだらけの新築住宅の見せ方

    不動産マーケティング

    成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。

    建売業者さんが犯す過ちでよくあるのが新築住宅の見せ方です。 販売経…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。
  2. あなたの知らない建売業界の不都合な未来。
  3. 新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。
  4. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?
  5. これからの新築分譲会社に必要な予算とは?
  1. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

    不動産広告

    新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。
  2. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  3. 不動産売却、見れば気にいる物件ならこの方法!

    不動産集客

    不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!
  4. 不動産チラシ

    不動産広告

    常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?
  5. 拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客を狙いますか?

    不動産マーケティング

    拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客だけを狙いますか?
PAGE TOP