不動産会社経営

中小建売業者は「すし銚子丸」に学べ!

安くなければ売れない!
そう、思い込んでいる建売業者さんがたくさんいます。

確かに、土地の仕入れなどは安ければ安いほどいいと思いますが、そこそこの建物をつくろうと思えば、価格もそれなりになってしまうのが現実。安い家ばかり提供できるとは限りません。

もっとも、競合をパワービルダーだとすればその気持ちもわかります。何しろ彼らの建築価格は極安。どれだけ安く土地を仕入れても勝てるわけはありません。

そこで目を向けて欲しいのが、もう少し上の価格帯。パワービルダーより高いけど売れている価格帯はないか?ということです。なかなか同業社で見つけることは困難ですが、他業界なら比較的簡単に見つかります。

例えば、回転寿しの業界。
回転寿しと言えば、スシローが思い浮かびますが、スシローはいわばパワービルダー。このスシローと少し違うポジションで大活躍しているのが「すし銚子丸」です。

すし銚子丸の売上は197億円(前年同期比3.4%増)。直近10年の売上高は一貫して右肩上がりで成長しています。07年は126億円で、07年からの10年間一度も減収になったことがないという好調ぶり。競争が激しい外食産業では健闘しているといえるでしょう。

もっとも業界最大手は「スシロー」で、売上高は1,350億円。大手と比べると規模の面ではまだまだといえますが、中小企業がお手本にするには十分です。そんな好調の「すし銚子丸」の秘密は、マグロにこだわったメニューの充実。産地直送で鮮度の高い厳選された旬の食材を提供していることが強みとなっています。

もちろん、その分価格はスシローと比べるとかなり高め。もっとも安い寿司が130円、それ以外は、180円、250円、300円、420円、580円、それもすべて税別となっていますから客単価は相当なもの。スシローとは比べものになりません。でも、売れているんです。

理由は、ネタの鮮度だけではありません。
もう一つの理由は、従業員の接客レベル。回転寿しとは思えない接客サービスが人気の隠し味になっているのです。

実際、すし銚子丸では、「寿司は3割、接客サービスが7割」を標榜しており、それは寿司職人にも求められています。だから、たとえ握りの技術が高くても接客スキルが低ければ採用されません。それほど接客に重きを置いているのです。

これはそのまま私たち建売業界にも応用できます。商品にこだわるのはもちろん、接客レベルを上げることで、少し高めの価格帯も攻略できるということ。回転寿し業界でできることが建売業界でできないはずはありません。

とりあえず、今日は「すし銚子丸」に出かけてみましょう。そしてどんな接客レベルか確かめてみましょう(笑)。きっといい勉強になりますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売れない建売住宅は第一印象に賭けろ!
  2. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。
  3. 紳士服専門店に学ぶ。あなたの建売会社が生き残る方法。
  4. その色使い、間違っていませんか?
  5. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

関連記事

  1. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    不動産マーケティング

    中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    アキュラホームが最近の住宅傾向について発表しました。この調査は、同社が…

  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    コンサルタントの仕事をしていると建売業者さんの誤った認識に気づくことが…

  3. これからは建売会社もソフトの時代。

    不動産会社経営

    これからは建売会社もソフトの時代。

    不動産情報サービスのアットホーム(株)はサイト経由で不動産各店に問い合…

  4. いつも売れてる建売会社は何が違うのか?

    不動産会社経営

    いつも売れてる建売会社は何が違うのか?

    建売業者さんにお会いすると、最初に聞くことがあります。それは、売れ…

  5. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    不動産会社経営

    勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    以前、ある不動産業者さんをコンサルティングしたときの話。 確か、無…

  6. 中小建売業者は値下げしてはいけない!

    不動産会社経営

    中小建売業者は値下げしてはいけない!

    「見切り千両」ということばがあります。 株式などの相場で使われる言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 中小建売業者は値下げしてはいけない!
  2. 残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。
  3. あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?
  4. 効果実証済み!不動産はたった「ひと言」で売れる。
  5. これからの新築分譲会社に必要な能力とは?
  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!
  3. これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!

    不動産会社経営

    これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!
  4. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    不動産マーケティング

    不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!
  5. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

    不動産マーケティング

    売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。
PAGE TOP