社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

不動産会社経営

社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

忙しさを「できる経営者の証」のように言う社長さんがいます。コンサルティングの最中でも、電話は鳴りっぱなし、頻繁に中断を繰り返し、気がつけばコンサルティング終了の時間と言う人もいらっしゃいます。

もちろん、それでも儲かっていればいいのですが、大抵はそんな会社ほど多くの問題を抱えています。そこで、そんな忙しい社長にはぜひ知っておいていただきたいことがあります。それは、ウォーレン・バフェットの日常です。彼の日常を理解すると、忙しさが経営者にとって悪であることがよくわかります。

ウォーレン・バフェットといえば、世界最大の持株会社バークシャー・ハサウェイの会長をつとめ、投資家として、680億ドル(7兆7466億円)の個人資産を持ち、2016年の世界長者番付では2位に輝いています。

一般的に、株式投資で稼いでいる人というと、いわゆる証券マンなど、ウォール街でパリッとしたスーツを着て、朝から晩まで休みもなく忙しく働いているイメージが強いですが、バフェットは、アメリカのネブラスカ州オマハの片田舎に住み、さほど贅沢をすることもなく、毎日マイペースにのんびり暮らしています。

それでいて、ビルゲイツに次いで世界で2番目の億万長者になっているわけですが、一体、忙しく働くウォール街の証券マンと何が違うのでしょうか?ここに、その違いを象徴するエピソードがあります。

ある時、バフェットはネブラスカ大学で講演をしました。そして、彼はすこぶるラフな服装で現れると、、教室を埋め尽くした学生たちを前に、いきなりこう言いました。

「私は君たちとなんら変わりません」世界で2番目の億万長者が何を言っているんだ、とあっけにとられる学生たち。ざわつく彼らを尻目に、バフェットは話を続けます。

「私はきみたちよりも裕福かもしれませんが、お金は大した問題ではありません。なるほど私は最高級のスーツをオーダーメイドであつらえることができます。でも、私なんかがそういうスーツを着ても、せいぜい、そこらの安物に見えるのがオチです。実際、高級レストランで100ドルの食事をとるより、デイリー・クイーンでチーズバーガーにかぶりつく方がどれほどいいか。」

「もし、君たちと私になんらかの違いがあるとすれば、私は毎日朝から晩までこの世で一番好きなことをしている。ただそれだけのことではないでしょうか。君たちに向けて何かアドバイスめいたことが私にあるとすれば、それに尽きます。」

オマハの片田舎に住み、何十年も朝から晩まで、大好きな四季報や企業情報を読み続けるという質素な生活をしている、ウォーレン・バフェット。冒頭でもお伝えしたように、彼はバークシャーハサウェイという巨大な会社を経営していますが、いかにも大企業の経営者のように休む間も無く走り回っているわけではないし、世界中を飛び回る超多忙なスケジュールを過ごしているということもありません。

本人曰く、「タップダンスをしながら仕事に行く」「仕事は仰向けになってシスティーナ礼拝堂の天井画を描いているようなもの。」というくらい、来る日も来る日も、大好きで、自分の強みとしていることを、ほぼ無気力に近い状態で自然にこなしているのです。

しかし、そのような状態だからこそ、決断をするのは重要なごく少数のものだけ。だからこそ、ここぞというときにいい決断ができるという好循環も生まれ、さらに大きな成果が出せるのです。

経営者にとって忙しさは、悪です。自分が忙しく飛びまわらなければならないのは会社の仕組みが不完全な証拠。それを変えない限り、いつまでも忙しいまま。大きな利益を得る会社にはなりません。そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 営業マンを一瞬でいい人に変える方法。
  2. あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?
  3. 売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  4. 不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!
  5. 不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?

関連記事

  1. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

    不動産会社経営

    建売会社が抱える「今、そこにある危機」

    ある映画の話。すべてを失った家具店主が、世界的に有名な家具チェーン店の…

  2. チームの生産性を上げるコツとは?

    不動産会社経営

    チームの生産性を上げるコツとは?

    仕入れにしろ、販売にしろ、営業成績のいいチームと悪いチームというのが存…

  3. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    不動産会社経営

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    コンサルティングをしていて困ることのひとつに、クライアントの思い込みが…

  4. 共感の得られる家、共感の得られない家。

    不動産会社経営

    共感の得られる家、共感の得られない家。

    以前「バンクルワセ」というテレビ番組がありました。 「バンクルワセ…

  5. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    会社が大きくなっていく過程で避けられないことがあります。それは、役割の…

  6. これだけでOK!ライバルに打ち勝つ戦略の立て方。

    不動産会社経営

    これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。

    コンサルティングをしているとよく質問されるのが、「ライバルに勝つにはど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  2. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 売れる商品企画はマンション業者に学べ!
  2. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。
  3. 完成在庫はオープンハウスで売れ!
  4. 横浜山手の新築一戸建て【YAMATE HOUSE】横浜初のコ…
  5. 不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?
  1. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。

    不動産売却

    成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  2. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。

    不動産会社経営

    できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  3. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    不動産会社経営

    もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  4. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  5. 老舗不動産会社の社内改革が進まない理由。

    不動産会社経営

    老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
PAGE TOP