会社の成長を妨げるのは社長!?

不動産会社経営

会社の成長を妨げるのは社長!?

ドラッガーの名言に、「ボトルネックは常にボトルの一番上にある」という言葉があります。経営者にとっては、とても思慮深い言葉なのでこの機会にぜひこの名言の意味を理解してください。

まず、ボトルネックを工場を例にしてわかりやすく説明しましょう。
何かの部品を組み立てる工場で、流れ作業をしている場面を想像してみてください。

多くの人たちがある一定のペースで、部品を組み立てています。その流れ作業の中に新人が入ってきました。新人は、慣れない作業に手こずり、なにやらモタモタしています。

しかし、この新人がモタモタしている間にも、前の工程を終えた部品はどんどん流れてきます。新人はこの流れ作業を止めまいと必死で作業をしますが、結局、間に合わず、最終的には機械を止めてしまうことになります。これでは、同じ時間でもできる数が違ってきます。つまり、1日の生産量=売り上げが下がってしまうということです。

ある生産工程や作業プロセスにおいて、最も手間や時間を要したり、品質が悪かったりする箇所のことをボトルネックと言います。ボトルのクビ(ネック)の部分が他の部分に比べて急激に細くなっていることから、こう呼ばれるようになりました。

ボトルネックは、他の工程がどんなに効率的で高品質でも、全体の効率や品質を落とすことになるため、そこを改善することが重要だと言われています。

もともとは生産管理上の用語で使われていた言葉ですが、今ではあらゆる局面において「全体に影響を及ぼす問題部分」という意味でビジネス用語としても使われています。

実は、このボトルネック。大抵は、新人ではなく、ほとんどが社長にあるということをご存知ですか?つまり、組織のトップ自身が事業の成長を妨げる最大の障害になっているということです。

それは、仕事を誰かに教えたり任せたりできないということかもしれませんし、そこそこ儲かればいいや、と自分自身で自分の可能性にフタをしているということかもしれません。

また、マーケティングやビジネスモデルについての知識がないことかもしれませんし、会社の進むべき方向性が決められていないというリーダーシップの問題かもしれません。

どちらにせよ、トップが変わらなければ会社は変わらないのは事実です。

もしあなたが最前線で活躍したいのであれば、最前線のマーケティングを学び、実践することです。それができないのであれば、その作業を人に任せること。そして社長は社長にしかできない仕事をすることです。

「ボトルネックは常にボトルの一番上にある」
肝に銘じておきたい名言です。

 

 

ピックアップ記事

  1. あなたの不動産会社、失敗から学んでいますか?
  2. 仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?
  3. 売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  4. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
  5. なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?

関連記事

  1. これだけでOK!ライバルに打ち勝つ戦略の立て方。

    不動産会社経営

    これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。

    コンサルティングをしているとよく質問されるのが、「ライバルに勝つにはど…

  2. 未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    不動産会社経営

    未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    仕事中毒のように、ろくに休みも取らないで働いている経営者のあなたにぜひ…

  3. 伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。

    不動産会社経営

    伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。

    建売業界というか、不動産業界の悪習のひとつに、売れないのは価格が高いか…

  4. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。

    不動産会社経営

    不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。

    不動産会社の経営者の悩みの一つに、離職率があります。辞めていく理由は色…

  5. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

    不動産会社経営

    用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

    仕事柄、最も多い相談は、売れない物件をどうしたら売れるか?という相談。…

  6. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。

    売れない不動産会社(建売会社)に共通することのひとつに、社長の年齢があ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. いつも売れてる建売会社は何が違うのか?
  2. なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?
  3. 「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。
  4. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?
  5. いつまでワンマン経営を続けますか?
  1. これだけでOK!ライバルに打ち勝つ戦略の立て方。

    不動産会社経営

    これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。
  2. 不動産チラシの基本7原則

    不動産広告

    広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?
  3. 売れない新築住宅に共通することとは?

    不動産マーケティング

    売れない新築分譲住宅に共通することとは?
  4. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?

    不動産広告

    反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  5. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    不動産マーケティング

    こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?
PAGE TOP