不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?

不動産広告

不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?

カクテルパーティー効果という言葉を聞いたことがありますか?
カクテルパーティー効果とは、様々な雑音が存在する状況で必要な情報を選別できること。

1953年に心理学者のコリン・チェリーが提唱したもので、「カクテルパーティーに参加しているときには周囲が騒がしくても、自分の名前や知人の声を聞き分けられる」ことから「カクテルパーティー効果」と呼ばれています。

人間が物理現象としての音を認識するまでには、3つの段階があります。

1:物理的認識
音そのものである空気の振動の段階

2:生理的認識
空気の振動が耳に届き、鼓膜を振動させ、神経信号に変換される段階

3:心理的認識
神経信号として伝わった音を脳が認識する段階

カクテルパーティー効果には、心理的認識が大きく作用しています。そのため、自分の名前や知人の声以外にも自分が抱えている悩みやその解決方法など、自分が潜在的に意識している事にはどんな騒音の中でも反応してしまうということです。

この原理は、そのまま広告にも利用できます。
多くの広告のなかから選ばれるためには広告の中に、

・自分のこと
・自分の持っている悩みのこと
・その解決方法

などが記載されていると、人はその広告が自分に関係ある広告だと認識するため、広告の反応が良くなるということです。広告のターゲットを特定するキャッチコピーやその悩みを明確にするキャッチコピー、その解決方法を提案するキャッチコピーなどがその典型です。

不動産広告なら、「毎月の家賃がもったいないと思いはじめたあなたへ」とか「来年小学校に入学予定のお子さんをお持ちのパパ、ママへ」など、ターゲットやターゲットの悩みを特定するメッセージを掲載すると広告の反応は良くなります。もしあなたが最近広告の反応が落ちているとお悩みなら、一度「カクテルパーティー効果」を試してみてください。効果ありますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. あなたの時代認識、間違っていませんか?
  3. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
  4. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?
  5. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

関連記事

  1. 不動産広告、この一言で売上が伸びる!

    不動産広告

    不動産広告、このひと言で売上が伸びる!?

    あなたはテレビ通販が好きですか? 私は仕事柄、テレビ通販をよく見ます。…

  2. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    私がつくる不動産チラシや販売図面は価格の表示が小さい。本当は、もっ…

  3. 建売会社は広告力を磨け!

    不動産広告

    建売業者は広告力を磨け!

    建売業者さんの中には、広告不要論者がたくさんいます。理由は、よくわかり…

  4. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?

    不動産広告

    反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?

    マクスウェル・サックハイムの三原則を知っていますか? マクスウェル…

  5. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    不動産マーケティング

    ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    あなたの建売住宅をどこよりも売れる物件にしたいなら、まず最初に取り組む…

  6. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    値下げしても売れない・・・そんな物件が増えてきました。今後の不動産市況…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

おすすめの記事

  1. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!
  2. 相場より900万円高い土地の売却、あなたならどうする?
  3. 長期的に儲かる建売会社をつくるために経営者がすべきこと。
  4. 不動産会社の成長を妨げる、使ってはいけない言葉とは?
  5. 不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!
  1. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。
  2. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  3. レインズでわかる!あなたの物件の認知度。

    不動産広告

    レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。
  4. いつまでワンマン経営を続けますか?

    不動産会社経営

    いつまでワンマン経営を続けますか?
  5. 不動産マーケティング

    物語が売上を伸ばす時代。
PAGE TOP