不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?

不動産集客

不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?

仕事柄、売れない物件をどうしたらいいかという相談が多い。3ヶ月、4ヶ月売れてないのは当たり前。半年、1年売れない物件の相談がほとんど。正直、これは売りにくいな、という物件ばかり。仕入れの段階から相談してくれれば、と言いたくなるような物件がほとんどですが、建ててしまった以上売るしかありません。

とは言っても、そんな物件に限って広告宣伝費などの販売促進費に余裕のないのが普通。つまり、必要最低限の費用で最大の効果を生み出す方法を考えなければならないのです。そこで、私が提案するのがポスティング。必ずと言っていいほど、近隣へのポスティングを徹底します。

今時はインターネットでしょう、と思った方もいるかもしれませんが、インターネットでの集客はもっと難しい。猫も杓子もインターネットという時代には、却ってアナログな方法が効果があります。これは、17年以上インターネット専門で不動産集客してきた私が言うのですから間違いありません。当然、余裕があればインターネットも利用しますが、それは余裕のある時だけ。余裕がなければポスティングが一番費用対効果が高い方法です。

もちろんポスティングチラシにはホームページのアドレスは記載します。QRコードなどを利用して興味のあるお客様をホームページに誘導しますが、集客をインターネットだけに頼ることはしません。あくまで集客はアナログで行います。

私の30年超に及ぶ営業経験の中で、これが一番効果の上がる方法なのですが、これさえやればすぐに売れるのか、と言われればそうではありません。正直、すぐに売れることもあれば、時間のかかることもあります。

何しろポスティングの反応率は、0,05%〜0.3%というのが一般的。(新聞折込チラシも同様)つまり、2000軒ポスティングして1件反響があるのが普通だということ。高額な商品や売りにくい商品ならなおさらその反応率は低くなります。だから、ひたすらやり続けることが大切。反響がないのが当たり前という前提でどれだけ繰り返し続けられるか。そこがポイントになります。

ダメな人は、2000軒ポスティングしたのに反響なんてないじゃない、とすぐに諦めてしまう人。たかが2000件ポスティングして家1軒売れるなら誰も苦労しません。みんな億万長者になれます。2000軒で反応がなければ4000軒、4000軒でダメなら8000軒。チラシのキャッチコピーを変えたり試行錯誤しながらひたすらポスティングし続けることしか売れ残り物件を売り切る方法はありません。その覚悟がない人は、在庫と共に負債を抱えるだけ。値下げ値下げを繰り返して本来得られるはずの利益を捨てていくだけです。

値下げする前に自社でポスティングをしましょう。お金があるなら業者を雇って徹底的にポスティングしましょう。ポスティングで売れるノウハウを身につけた時、あなたの会社は安定を得ることができます。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. どうすれば値引きしないで売れる建売会社になれるのか?
  2. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
  3. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  4. 相場より900万円高い土地の売却、あなたならどうする?
  5. 残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。

関連記事

  1. お金をかけずに不動産を売る一番簡単な方法とは?

    不動産広告

    お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?

    NYにある有名レストランの話。NYミシュラン5年連続受賞に輝く日本人経…

  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

    不動産集客

    売れない不動産情報を生き返らせる方法。

    売れない不動産情報にはある共通したポイントがあります。それは、情報が古…

  3. 不動産売却、見れば気にいる物件ならこの方法!

    不動産集客

    不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!

    自社で現地売出をやったことのある不動産業者ならわかると思いますが、折り…

  4. 不動産会社が抑えるべき3つの媒体

    不動産集客

    不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。

    先日、あるお客様に「最近Facebookはやっていないんですか?」と聞…

  5. 不動産広告は、目立ってなんぼ。

    不動産マーケティング

    不動産広告は、目立ってなんぼ。

    71.6倍。これは、ここ8年間で増えた「あるもの」の量です。何かわ…

  6. 今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

    不動産広告

    今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

    私のつくる販売図面や広告は文字が多い。そのせいか、初めて販売図面や広告…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 売れない完成在庫を売る最も簡単な方法。
  2. 有名建築家の作品なら高くても売れる!?
  3. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  4. お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?
  5. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはど…
  1. 伝説のキャッチコピー

    不動産広告

    驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?
  2. 不動産会社経営

    伸び代のある経営者とは?
  3. なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?
  4. 不動産広告でもっとも重要なパーツとは?

    不動産広告

    不動産広告でもっとも重要なパーツとは?
  5. 売れない不動産が売れる!?コンサルタント思考法。

    不動産マーケティング

    売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。
PAGE TOP