建売会社が信じる間違った広告常識。

不動産広告

建売会社が信じる間違った広告常識。

売れない物件を抱えたクライアントから「どうしたら売れるでしょうか?」という相談をよく受けます。

お金のある方、お金のない方、懐具合は色々ですが、どちらの方でもできる方法としてまず最初に提案するのは、広告掲載不可を広告掲載可に変更することです。つまり不動産業者に広く広告させて売りましょうということ。

これを提案すると反応は大きく2つにわかれます。

素直に行動する方と、拒否反応を示す方。拒否反応を示す方の理由はいつも同じ。大体次のような理由です。いろんな不動産業者が広告すると売れない物件のように思われてしまう… いつもお願いしている不動産業者に申し訳ない…知り合いの不動産会社で広告したけど売れなかった。だから今更広告しても売れるとは思えない…というものです。

いつもいつも同じパターンなのですが仕方がありません。なぜなら、建売業者さんは家をつくるのはプロであっても、広告については素人だからです。つまり、ほとんどの建売業者さんや不動産業者は、広告についての正しい知識を持っていません。だから、間違った常識や自分にとって都合のいいノウハウを信用していることが多いからです。

もちろん、広告をしたからといってすぐに売れるわけではありません。売れることもあれば売れないこともあります。しかし、これは仕方のないこと。これさえやれば100%売れるという方法は世の中に存在しないからです。

広告業界に生きる伝説と呼ばれる世界最高峰の人がいます。

テッド・ニコラスというコピーライターなのですが、彼は生涯で7,000億円以上の商品を売ってきました。その彼の成功率は約30%。広告業界では信じられない数字ですが、広告業界を知らない人にとっては、???という数字かもしれません。

要するに、世界最高峰の人が広告をつくっても10回中7回は失敗するということ。それだけ難しいのが広告です。ましてや、広告づくりのノウハウを持たない不動産会社や建売業者が家を売るには数多く広告することしか早く売る方法はありません。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるというやり方です。

それをしないで、売れない物件のように思われるのが恥ずかしい…今までやってくれた不動産業者に申し訳ない…という理由で広告しないのは、まだまだ売れなくても余裕があるか、間違った常識にとらわれているかのどちらか。本当に切羽詰まっているなら今すぐ広告を解禁することです。

あなたの会社は広告掲載可にしていますか?

もし広告掲載不可なら今すぐ広告掲載可に変えましょう。専任期間があるならそれを過ぎたらすぐに広告掲載可に変えることです。たったそれだけで危機を脱出した建売業者さんはたくさんいます。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 有名建築家の作品なら高くても売れる!?
  2. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?
  3. あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。
  4. 「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。
  5. あなたの知らないオープンハウスの現実。

関連記事

  1. 不動産広告は3ヒット理論でつくれ!

    不動産広告

    不動産広告は「3ヒット理論」でつくれ!

    仕事柄、切羽詰まった不動産会社からの問い合わせも時々あります。 …

  2. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    不動産売却

    売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    先日、冷蔵庫を買いに行きました。実は、わが家の冷蔵庫は18年前のもの。…

  3. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。

    私たちのサービスのひとつに売れる販売図面という、販売図面作成サービスが…

  4. 不動産広告は、目立ってなんぼ。

    不動産マーケティング

    不動産広告は、目立ってなんぼ。

    71.6倍。これは、ここ8年間で増えた「あるもの」の量です。何かわ…

  5. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が少ない理由。

    不動産広告

    ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。

    先日、新築一戸建てを分譲している業者さんから広告についての相談がありま…

  6. 建売業界は広告掲載禁止を続けるべき?

    不動産広告

    不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?

    業界経験が長くなればなるほど、本人はその気がなくても、業界の常識にふり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。
  2. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。
  3. 真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。
  4. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?
  5. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  1. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

    不動産会社経営

    建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  2. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  3. いつまでワンマン経営を続けますか?

    不動産会社経営

    いつまでワンマン経営を続けますか?
  4. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

    不動産集客

    売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  5. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?

    不動産マーケティング

    いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?
PAGE TOP