あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。

不動産マーケティング

あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。

以前、相談を受けた物件の話。ご相談者にいらしたのは、建売会社の営業部長さん。新しく仕入れた物件が売れそうにないのでなんとかならないか、という相談でした。

新しく仕入れた土地というのが、駅から遠く、日当たりや住環境もよくないというのです。なぜ、そんな土地を仕入れたのですか?と聞くと、資金繰りのため、という返事が返ってきました。売りにくいのはわかっていたけど、運転資金を確保するためにどうしても仕入れなければいけなかった・・・というのです。

色々、言いたいことはありましたが、仕入れたあとでは今更何を言ってもはじまりません。今はなんとかしてこの苦境を乗り越えるだけ。乗り越えた後にしっかり話をするしかありません。

物件の状況をもう少し詳しく説明すると、近隣にも何棟か同じような物件が売り出されているそうです。ただ、その物件も売れ行きは良くない。人気はないけど、仕入れる土地には苦労しない、そんな場所です。

そんな中でも、相談された物件は群を抜く価格の高さ。同じようなスペックの物件と比べて500万円位は高くなるといいます。問題は、どうやって500万円も高い物件を売り切るか?他社と同じ商品企画では、500万円という価格差は埋められません。

同じような広さ、同じような立地条件にもかかわらず500万円高くても欲しくなる家とは?というのが今回のテーマです。さて、あなたならどうしますか?

まずやってはいけないことは、競合する物件と同じような企画の家をつくらないということです。外観や設備など、比較しやすい部分を競合と同じにすると余計価格の高さが目立ちます。だからあえて、競合とは異なるコンセプトにするのが定石。外観デザインを変えるとか、間取りを変えるというのがいい
でしょう。

なるべく施工費用を上げずに差別化をはかりたいなら、間取りを工夫するのが一番です。そのためには、買う人を絞り込む。共稼の忙しい主婦にターゲットを絞るなら、徹底的に時短できる間取りにするのが得策です。

すべての生活動線を短くして、少しでも家事の負担をなくすようにすればこれは立派な差別化。500万円の価格差を埋めることができるかもしれません。もちろん、実際はそれだけで500万円の価格は埋まりませんが、そんな努力を重ねていくと、どんぴしゃりなターゲットが見つかる可能性は高まります。

もうひとつ大事なことは、ライバルとの違いをハッキリと言葉で説明できるようにすること。チラシやインターネット、販売図面、セールストークなどあらゆる媒体を使って説明することです。これがとっても重要。なぜなら、言葉にして伝えなければ何も伝わらないからです。

問題のある物件は、ある意味、吹っ切れて勝負できる物件です。そんな物件が出てきたときは、思い切ってターゲットを絞った物件をつくりましょう。売れなくて元々。売れればいい経験になります。めげずに頑張りましょう。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。
  2. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  3. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。
  4. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  5. 今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

関連記事

  1. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?

    不動産マーケティング

    営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?

    建売業者さんによくある勘違いのひとつに、レインズやアットホームで情報を…

  2. 売れる建売会社とネーミングの関係。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社とネーミングの関係。

    カリフォルニア工務店という会社があります。今、もっとも勢いのある工…

  3. 不動産マーケティング

    選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?

    建売住宅や建築条件付きの売地の販売でよく建売業者さんが陥るのが、選択肢…

  4. 一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

    不動産マーケティング

    一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

    中小建売業者にとって、世の中のトレンドを知ることは、効率的な経営をする…

  5. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    不動産マーケティング

    今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    新築一戸建ての成約率を上げるために必要なことが2つあります。 ひと…

  6. 建売住宅販売はモノから人の時代へ。

    不動産マーケティング

    建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。

    建売業界が抱える問題のひとつに、「お客様の声を聞かない」ということがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。
  2. 新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?
  3. いつまでワンマン経営を続けますか?
  4. 不動産販売、困った時は人柄で売れ!
  5. ブランディングは気遣いから。
  1. 建売住宅販売はモノから人の時代へ。

    不動産マーケティング

    建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。
  2. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。

    不動産マーケティング

    不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。
  3. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

    不動産マーケティング

    新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
  4. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!

    不動産マーケティング

    売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!
  5. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    不動産会社経営

    儲かる不動産会社になるための唯一の方法。
PAGE TOP