残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。

不動産会社経営

残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。

長時間労働が問題になっています。
某企業ほどではないにしろ、不動産業界や建売業界も長時間労働を強いられている社員はたくさんいます。

まあ、悪しき伝統といえばそれまでなのですが、悪しき伝統をそのまま続けるか、改革するかで、今後、優秀な人材が取れるか取れないかが決まります。

要するに、長時間労働をさせなくても目標が達成できる仕組みを作れるか作れないか。それができた会社には、優秀な人材がどんどん流入して会社は繁栄するということ。人手不足に悩むこともなくなるということです。

そこで知っておいて欲しいことがあります。
それは、長時間労働は決して仕事の効率を上げるものではないということです。

私たちは、いつのまにか長時間仕事をすることで仕事がたくさんできると思い込まされています。確かに、単純労働であれば、労働時間が増えれば増えるほど仕事量は多くなります。

しかし、お金儲けにつながる仕事は単純労働ばかりではありません。むしろ、頭を使う仕事こそがお金儲けにつながるもの。いかに知恵を絞れるかが、本当の意味での目標達成へのカギです。

では、どうすればいいのか?
答えは簡単です。

集中して仕事をする習慣をつけること。
これに尽きます。長時間労働で仕事をした気になるのではなく集中して仕事をする習慣をつけること。その仕組みを社内に取り入れることです。

ナサニエル・クライトマンは、人間は夜にだけ休むようにはできていない、ということを発見しました。人の生体リズムには目覚めている時間帯にも夜と同じような90分の周期があります。

要するに、日中には注意力の波が90分ほどの周期で訪れるということ。これは「ウルトラディアン(縮日)リズム」と呼ばれるもので文字通り「1日より短い」周期を意味します。そのため、人の身体は90分おきぐらいに休息を求めているのです。

実は、これは優れた実績を上げる人たちは直感的に理解していること。優秀なバイオリニストたちが練習時間を長くても90分までに制限しているのはこのためです。チェスやスポーツ、科学的研究などさまざまな分野の一流の専門家たちも同様で、およそ90分の周期で活動し、そのあとは休憩を取っているのです。

だから、私たちも90分に一度は休憩を取るべきだということ。ダラダラと長時間働く習慣を強制終了して、最長でも90分に一度は強制休憩を取ることを日課にすべきです。

これを繰り返すことで、結果として定時に帰れる会社が生まれます。それはそのまま、他社との差別化に繋がります。ムダな人材採用コストを省き、優秀な社員をリクルートするメリットにも繋がるということです。

 

ピックアップ記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。
  3. 倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。
  4. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。
  5. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

関連記事

  1. 倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。

    不動産会社経営

    倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。

    先日、ある記事を見つけました。倒産する恐れのある会社の社長に共通する性…

  2. 不動産会社、社長の機嫌と売上の関係。

    不動産会社経営

    不動産会社経営、社長の機嫌と売上の関係。

    「ミラーニューロン」という言葉を知っていますか?ミラーニューロンと…

  3. 新築住宅販売は通販会社に学べ!

    不動産マーケティング

    新築住宅販売は通販会社に学べ!

    先日、野菜の宅配を頼んでみました。実は、以前も同じような宅配を利用して…

  4. チームの生産性を上げるコツとは?

    不動産会社経営

    チームの生産性を上げるコツとは?

    仕入れにしろ、販売にしろ、営業成績のいいチームと悪いチームというのが存…

  5. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

    コンサルティングをしていて思うことは、やっぱり不動産会社の成長は社長次…

  6. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。

    不動産会社経営

    建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。

    建売業者にとって、お客様は誰ですか?という質問をすると、ほとんどの建売…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。
  2. 不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?
  3. オープンハウスを成功に導く意外なポイントとは?
  4. 会社の成長を妨げるのは社長!?
  5. 驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?
  1. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  2. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

    不動産マーケティング

    残念!こんな不動産の値下げは失敗する。
  3. 日当たりの悪い家の売り方。

    不動産マーケティング

    日当たりの悪い家の売り方。
  4. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    不動産会社経営

    あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。
  5. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
PAGE TOP