売れない原因の見つけ方。

不動産マーケティング

売れない原因の見つけ方。

「AIDMA(アイドマ)の法則」という言葉を聞いたことがありますか。

AIDMAとは、

1. Attention(認知・注意)
2. Interest(興味・関心)
3. Desire(欲求)
4. Memory(記憶)
5. Action(行動) の略。

AIDMA(アイドマ)の法則は、1920年代に米国のサミュエル・ローランド・ホール氏によって提唱され、一般的な「消費者の購買行動プロセス」として位置づけられています。

簡単に流れを説明すると、

1. Attention(認知・注意)
消費者は、まず最初に、広告などから商品の存在を「認知」し、

2. Interest(興味・関心)
その商品を自分に関係あるものとして「興味・関心」を示し、

3. Desire(欲求)
その商品が自分の役に立つ(問題を解決する)モノとして、欲しいと思い「欲求」し、

4. Memory(記憶)
その商品の販売実績や表彰経験を知ることで、それが「記憶」へとつながり、

5. Action(行動)
お店へ行って商品を購入する「行動」

ということです。

この「AIDMA(アイドマ)の法則」は、建売住宅の販売戦略にも役に立ちます。

• 商品は認知されているのか? 
 (Attentionの段階)

• ターゲットする消費者が興味・関心を抱くような訴求ができているか?
 (Interestの段階)

• 実績やお客様の声などの「社会的証明」を提示できているか?                                                               (Memoryの段階)

• 購入しやすい環境ができているか?
 (Actionの段階)

など、段階ごとに原因分析することで、効果的に「売れない原因の特定」をおこなうことができます。

例えば、ものすごく評判のいい家ができたとします。近所の人にも大好評で、見学した人は誰もが絶賛する素敵な家です。だけど、なぜか売れない。こういうケースは珍しくありません。何が問題なのでしょうか。

答えは簡単で、「認知段階」で失敗しているのです。
人間は知らないモノは買いません。いや、買えません。

往々にしてあるのは、いい家ができたと売主が安心して、広告宣伝活動を全くしていないケースです。

であれば、解決策は簡単。
広告宣伝など販促プロモーションを徹底してお客様の認知を高めること。それだけで売れるようになります。

人間の購買行動にはプロセスがあります。
まずはそのプロセスごとに対応策を仕掛けましょう。それだけで今より格段に売れる会社になります。お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。
  2. 不動産売却、鉄板の販売法則とは?
  3. 売れない原因の見つけ方。
  4. これからの建売業者に必要な意外な力とは?
  5. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。

関連記事

  1. 建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

    不動産マーケティング

    建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

    建売業者さんの弱点のひとつに販売の現場を知らないということがあります。…

  2. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産業界というのは、ある意味非常に遅れた業界。大きなお金が動くにもか…

  3. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    先日、あるインターネット関連の会社から電話がありました。内容は、インタ…

  4. 成約率の上げ方

    不動産マーケティング

    不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!

    「集客はできたのに成約しない・・・」「内覧は多いのに決まらない・・…

  5. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

    不動産マーケティング

    こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

    以前、ある企業の個人情報流出が大問題になったことがありました。 個…

  6. 売れた理由

    不動産マーケティング

    建売業者は売れた理由に執着しろ!

    多くの建売業者さんと話をしていて思うことがあります。それは、ほとんどの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 建売業者も営業力の時代。

おすすめの記事

  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!
  3. 売れる不動産会社は非常識が常識!?
  4. 売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?
  5. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?
  1. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。

    不動産マーケティング

    あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  2. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。

    不動産会社経営

    俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。
  3. 不動産売却、見れば気にいる物件ならこの方法!

    不動産集客

    不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!
  4. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。
  5. 売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    不動産マーケティング

    売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?
PAGE TOP