日当たりの悪い家の売り方。

不動産マーケティング

日当たりの悪い家の売り方。

日当たりの悪い家を売る方法、わかりますか?
4棟現場なんだけど、2棟はどうしても日当たりが悪い・・・よくあることです。

そんな時、この原理原則を理解しておくと解決策が浮かんできます。
それは、人は苦痛を逃れるか、快楽を得るために商品を購入するということです。

重要なのでもう一度言いますが、
人がモノを購入するのは、苦痛を逃れるか、快楽を得るため。それ以外の理由はありません。

マーケティングの世界では基本中のキホンですが意外と知らない人が多い原則です。
これは、人間の本能のようなものですから、決して逃れることはできません。逆に言えば、これさえうまく利用できれば商品を売るのはかなりラクになります。

例えば、先程の日当たりの悪い家。
考え方はこうです。

まず最初に、
日当たりが悪いことを喜ぶ人は誰?
日当たりが悪くても気にならない人は誰? ということを考えます。

人がモノを買うのは苦痛から逃れるためですから、日当たりの良さより悪さを好む人がいれば、その人にとって日当たりの悪い家は自分の苦痛をやわらげてくれるモノになります。そんな人はいないか?まず考えてみるのです。

実際に、ある会社でやってみたのですが、その時出て来た答えは以下のようなものでした。

・夜勤のある工場の人
・看護師さん
・水商売の人
・作家・文筆業
・新聞記者

夜と昼が逆転するような生活をしている人であれば、日当たりの悪さは気にならないのではないかというのが結論でした。ターゲットが決まれば、あとはターゲットを探して営業するだけ。住宅地図を出して近くで夜中も稼働している工場や大きな病院がないかをチェックします。

チェックできたら工場の社宅や病院の社宅がないかを探してチラシをポスティング。それ以外の水商売の人や作家、新聞記者は探す方法がないので近隣の賃貸マンションをピックアップ。そこにも同じようにチラシをポスティング。そんな作業を繰り返しました。

最終的に購入した人は、近くの賃貸マンションに住む某スポーツ新聞の記者。
朝方まで仕事することが多く、賃貸マンションでは遮光カーテンを2枚重ねて生活していたそうです。
まさに、想定した客層でした。

もちろん、いつもこんなにうまくいくとは限りません。しかし、原理原則を理解しておくと成約率は確実に上がります。人は苦痛を逃れ、快楽を求める生きもの。あなたもぜひ参考にしてみてください。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!
  2. 社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。
  3. 正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?
  4. 不動産広告でもっとも重要なパーツとは?
  5. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

関連記事

  1. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!

    ビジネスの基本は、お客様が欲しいものを欲しいタイミングで、欲しい価格で…

  2. 住宅購入者の7〜8割は、半径1,5km〜2kmにいる。

    不動産売却

    不動産売却、鉄板の販売法則とは?

    住宅を売るのはカンタン。こんなことを言うと、苦労している人には叱ら…

  3. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    不動産マーケティング

    売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    いい家を作っている建売業者さんがあります。社長以下、スタッフの皆さんも…

  4. 建売住宅を即日完売させるための3原則

    不動産マーケティング

    あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。

    建売住宅が売れるかどうか、いや、モノが売れるかどうかは次の3つの要素に…

  5. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。

    不動産マーケティング

    建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。

    以前、コンサルティングをした建売業者さんの話。ある現場を仕入れたのです…

  6. 売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。

    手前味噌で恐縮ですが、私が他のコンサルタントと違うのは、不動産営業を知…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。
  2. 不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!
  3. 今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。
  4. これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!
  5. バブル世代の価値観が通用しない理由。
  1. ホストの法則

    不動産マーケティング

    売れる建売住宅をつくるための「ホストの法則」。
  2. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    不動産広告

    広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。
  3. 540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。
  4. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    不動産会社経営

    社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  5. 間違いだらけの新築住宅の見せ方

    不動産マーケティング

    成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。
PAGE TOP