不動産はたった「ひと言」で売れる!

不動産広告

効果実証済み!不動産はたった「ひと言」で売れる。

私がつくる販売図面やチラシ、その他の広告には必ずあるものがついています。
それは、キャッチコピー。

どんなにスペースが限られていても、どんなに文字数が限られていても、絶対に外せないもの、
それがキャッチコピーです。

なぜキャッチコピーがそれほど大事なのか?

それはズバリ、キャッチコピーをつけると広告の反応率が上がるから。つまり、売上が上がるからです。
実際、販売図面では数々の奇跡?!を起こしてきました。このブログを読んでいる人のなかにはその奇跡?!に遭遇した人もいるはず。

数ヶ月、いや1年近く売れ残っていた物件がキャッチコピーを変えて、販売図面を修正しただけで、わずか数週間で売れたという経験をした人もいます。自慢したいわけではありません。過度な期待を煽るわけでもありません。ただ、事実としてそんなことが起こるのです。

もちろん、これは建売業界だけに限ったことではありません。
むしろ、他業界でよく起きること。私自身も、他業界での成功事例を参考に不動産業界用にアレンジしています。

あなたは、「思考の整理学(ちくま文庫)」という本をご存知でしょうか?
お茶の水女子大学名誉教授で英文学者の外山滋比古氏が書いた本ですが、100万部を突破しているミリオンセラーです。実は、この本がバカ売れし始めたのは出版から20年以上経った後なのです。出版後20年間の累計は、17万部。それが2007年からわずか2年で100万部を突破したのです。

きっかけは、ある書店の店員がつけたPOP。
思考の整理学の販売コーナーにこんなキャッチコピーを書いたPOPをつけたのです。

それが、

「もっと若い時に読んでいれば、そう思わずにはいられませんでした。」

というキャッチコピー。
たったこれだけで、20年間で累計17万部の本が、中高年の興味をとらえはじめ徐々に売上を伸ばし始めたのです。そして、その噂を聞いた出版社が同じキャッチコピーを本の帯につけはじめました。すると、思考の整理学の販売部数は爆発的に伸び、わずか1年半で累計51万部5,000部に!

そして、2009年2月には再び新しいキャッチコピーをつけることで思考の整理学は更に売上を伸ばしました。

それが、

「東大・京大で一番読まれた本」です。

このキャッチコピーに変えてから思考の整理学は遂に100万部を突破するのです。これは出版業界では異例中の異例でした。なにしろ20年以上も前に文庫化された本。そんな古い本がキャッチコピーを変えただけでいきなり売れ出すなんて今までの常識では考えられないことだったからです。

たかがキャッチコピー。
されどキャッチコピー。

言葉の力をなめてはいけません。
たった一言、キャッチコピーを付け加えるだけで家も売れますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。
  2. あなたの会社にはビジネスの設計図ありますか?
  3. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  4. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?
  5. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?

関連記事

  1. 不動産チラシ

    不動産広告

    常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?

    以前、ある土地の折込チラシをつくった時の話。 ある建売業者さんから…

  2. 不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。

    不動産集客

    不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。

    わが家のクルマがそろそろ買い替えの時期を迎えようとしています。 今…

  3. 不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?

    不動産広告

    不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?

    カクテルパーティー効果という言葉を聞いたことがありますか?カクテル…

  4. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    不動産売却

    売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    先日、冷蔵庫を買いに行きました。実は、わが家の冷蔵庫は18年前のもの。…

  5. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    不動産売却

    不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    もし、あなたの物件がいい物件だと思うのに売れない…自信があるのに売れな…

  6. 売れる不動産広告は一日にしてならず。

    不動産広告

    売れる不動産広告は一日にしてならず。

    不動産会社の社長はせっかちな人が多い。「今すぐ売れる広告をつくって欲し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  3. 売れない原因の見つけ方。
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

おすすめの記事

  1. ”e-住み替え”誕生物語。
  2. 成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。
  3. 不動産売却、鉄板の販売法則とは?
  4. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。
  5. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。
  1. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?

    不動産会社経営

    中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
  2. 不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。

    不動産会社経営

    不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。
  3. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

    不動産会社経営

    用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
  4. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

    不動産マーケティング

    高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。
  5. 相談する相手間違えていませんか?

    不動産会社経営

    その商品企画、相談する相手間違えていませんか?
PAGE TOP