難しい専門用語が売上を落とす!

不動産マーケティング

難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!

先日、インターネットを見ていたら面白い記事がありました。
それはアメリカ大統領として注目を集めているドナルド・トランプ氏についての興味深い研究結果です。

何が興味深いかといえば、トランプ氏がスピーチで喋っていた英語は他のどの候補よりレベルが低く、小学6年生以下のものだというのです。

調査を行ったのはカーネギー・メロン大学の言語科学研究所で、対象は共和党のトランプ氏、テッド・クルーズ氏、マルコ・ルビオ氏、民主党のヒラリー・クリントン氏、バーニー・サンダース氏の5人。

彼らのスピーチを単語、文法などの観点から分析した結果、5人は全員、選挙戦が進めば進むほど簡単な言葉と文法を使っていく傾向にあり、使用する英語は6年生から8年生のレベルだったといいます。

ここで簡単にアメリカの教育制度を説明すると、学区や地域によって多少の差はあるもののアメリカには1学年から12学年までがあり日本の小学生に当たるのが1年生から6年生、中学生に当たるのが7年生から9年生、高校生に当たるのが10年生から12年生となっています。

過去の大統領のスピーチを同様に分析すると、1861年に就任したエイブラハム・リンカーン第16代大統領は11年生レベルの英語、2001年に就任したジョージ・W・ブッシュ第43代大統領は5年生レベルの英語。ブッシュ大統領は目立ってレベルが低いものの、今回の大統領候補は、過去のほとんどの大統領よりも低レベルの英語を使っているといいます。

特にトランプ氏は5人のうちで最もレベルが低く、ボストン・グローブ紙が行った分析では、文の長さと一つの単語における音節の数で英語レベルを診断した結果、トランプ氏がスピーチで使う英語は他の候補者より2学年も下の4年生レベルでした。もちろん、これはトランプ氏の戦略。彼は自分が取り込みたい聴衆に合わせて意図的に言葉のレベルを変えているのです。

これは私たちのビジネスにも大いに参考になります。
私たちは無意識で難しい言葉を使っています。業界用語はもちろん、バカにされたくないという心理的な理由や、専門家として見られたいという承認欲求などから、気づかないうちに難しい言葉を使っています。その結果、こちらはわかっていても相手にはわからないという状況を自らつくりだしています。これでは、売れる商品も売れません。

大切なことは、分かりやすい言葉で伝えること。相手が一瞬で理解できない言葉では相手の気持ちを動かすことはできないということです。私たちもドナルド・トランプを見習って小学校4年生でも理解できる言葉を使いましょう。専門用語を廃止して、わかりやすい言葉で説明出来るようにしましょう。

それだけで、あなたの説得力は大きく増します。成約率も段違いにアップします。
お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 効果実証済み!不動産はたった「ひと言」で売れる。
  2. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
  3. 建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?
  4. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?
  5. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

関連記事

  1. 値引きしないで売れる建売会社の条件とは?

    不動産マーケティング

    どうすれば値引きしないで売れる建売会社になれるのか?

    わが家の愛犬が入院することになりました。 数日前から突然、食べ物を…

  2. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産会社の中には、勝てば官軍という考えを持つ人が多い。要するに、売れ…

  3. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

    仲介業者から信頼される建売会社になるために注意しなければならないことが…

  4. 売れた理由

    不動産マーケティング

    建売業者は売れた理由に執着しろ!

    多くの建売業者さんと話をしていて思うことがあります。それは、ほとんどの…

  5. 不動産はAIDMAの法則で売れ!

    不動産マーケティング

    不動産はAIDMAの法則で売れ!

    AIDMA(アイドマ)の法則ってご存知ですか? 1920年代にアメ…

  6. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    不動産マーケティング

    不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    価値観の相違という言葉をよく耳にします。そう、価値観が違うと、どんなに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。
  2. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
  3. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  5. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。
  1. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  2. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

    不動産会社経営

    売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  3. 一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

    不動産マーケティング

    一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。
  4. 中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!

    不動産会社経営

    中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!
  5. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。

    不動産売却

    成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
PAGE TOP