難しい専門用語が売上を落とす!

不動産マーケティング

難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!

先日、インターネットを見ていたら面白い記事がありました。
それはアメリカ大統領として注目を集めているドナルド・トランプ氏についての興味深い研究結果です。

何が興味深いかといえば、トランプ氏がスピーチで喋っていた英語は他のどの候補よりレベルが低く、小学6年生以下のものだというのです。

調査を行ったのはカーネギー・メロン大学の言語科学研究所で、対象は共和党のトランプ氏、テッド・クルーズ氏、マルコ・ルビオ氏、民主党のヒラリー・クリントン氏、バーニー・サンダース氏の5人。

彼らのスピーチを単語、文法などの観点から分析した結果、5人は全員、選挙戦が進めば進むほど簡単な言葉と文法を使っていく傾向にあり、使用する英語は6年生から8年生のレベルだったといいます。

ここで簡単にアメリカの教育制度を説明すると、学区や地域によって多少の差はあるもののアメリカには1学年から12学年までがあり日本の小学生に当たるのが1年生から6年生、中学生に当たるのが7年生から9年生、高校生に当たるのが10年生から12年生となっています。

過去の大統領のスピーチを同様に分析すると、1861年に就任したエイブラハム・リンカーン第16代大統領は11年生レベルの英語、2001年に就任したジョージ・W・ブッシュ第43代大統領は5年生レベルの英語。ブッシュ大統領は目立ってレベルが低いものの、今回の大統領候補は、過去のほとんどの大統領よりも低レベルの英語を使っているといいます。

特にトランプ氏は5人のうちで最もレベルが低く、ボストン・グローブ紙が行った分析では、文の長さと一つの単語における音節の数で英語レベルを診断した結果、トランプ氏がスピーチで使う英語は他の候補者より2学年も下の4年生レベルでした。もちろん、これはトランプ氏の戦略。彼は自分が取り込みたい聴衆に合わせて意図的に言葉のレベルを変えているのです。

これは私たちのビジネスにも大いに参考になります。
私たちは無意識で難しい言葉を使っています。業界用語はもちろん、バカにされたくないという心理的な理由や、専門家として見られたいという承認欲求などから、気づかないうちに難しい言葉を使っています。その結果、こちらはわかっていても相手にはわからないという状況を自らつくりだしています。これでは、売れる商品も売れません。

大切なことは、分かりやすい言葉で伝えること。相手が一瞬で理解できない言葉では相手の気持ちを動かすことはできないということです。私たちもドナルド・トランプを見習って小学校4年生でも理解できる言葉を使いましょう。専門用語を廃止して、わかりやすい言葉で説明出来るようにしましょう。

それだけで、あなたの説得力は大きく増します。成約率も段違いにアップします。
お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。
  2. 有名建築家の作品なら高くても売れる!?
  3. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  4. 中小建売業者必見!あなたの認識ずれていませんか?
  5. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

関連記事

  1. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法。

    不動産マーケティング

    不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?

    昔、とある地方都市で投資用のアパートを分譲した時のこと。 高利回り…

  2. 新築一戸建て会社はゴミの日の法則に学べ。

    不動産マーケティング

    新築一戸建てを売る会社は「ゴミの日の法則」に学べ!

    野菜の無人販売所ってご存知ですか? 東京や神奈川でも少しのどかなと…

  3. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    マーケティングでよく言われることのひとつに、ライバルは同業社だけではな…

  4. 不動産マーケティング

    物語が売上を伸ばす時代。

    わが家のすぐそばでスウェーデンハウスの新築工事がはじまりました。 …

  5. 不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は売れたり、売れなかったりするのか?

    建売住宅の業界は不安定です。 売れる時もあれば、売れない時もある。…

  6. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    世の中には流れというものがあります。 時流という言葉が適切なのかも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 不動産会社の社長は今すぐスマホに変えなさい!
  2. 不動産会社の成長を妨げる、使ってはいけない言葉とは?
  3. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。
  4. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  5. 不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!
  1. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?
  2. 伝説のキャッチコピー

    不動産広告

    驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?
  3. 不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。

    不動産集客

    不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。
  4. 不動産会社経営

    伸び代のある経営者とは?
  5. 不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?

    不動産会社経営

    不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?
PAGE TOP