不動産会社経営

建売業界「狂騒の20年代の終わり」

あなたは「狂騒の20年代」という言葉を聞いたことがありますか?
狂騒の20年代とは、未曾有の好景気を迎えたアメリカの1920年代を表す言葉。経済では、消費者全体の需要が、業界全体の供給を上回る時期が周期的にやってくることを指します。

身近な例で言えば、太陽光発電。
つい最近まで太陽光発電は狂騒の20年代を迎えていました。太陽光発電自体は昔からある商品ですが、ピークを迎えたのはごく最近。東日本大震災を経験した人々によって一気に需要が高まりました。

営業マンさえ確保できれば、飛び込み営業で売り上げはうなぎのぼり。この世の春を謳歌した社長もたくさんいます。正直、この時代に必要なのはマンパワーだけ。戦略も戦術も必要なく、やる気さえあれば誰でも売上が伸ばせます。

問題は、ピークが下がった時。
その対応ができているか否かで会社の第二の成長が決まります。ただ、ピークを正確に予測することも、ピーク後の対応を準備することも至難の技。わかっているつもりでも、なかなか対応できないものです。

実際、太陽光発電で儲けていた会社もその多くが今や青色吐息。太陽光発電は儲かる、と知れ渡った途端、多くの会社が参入し、競合激化。価格破壊を繰り返し、市場を食いつぶしていきました。その結果、大量の営業マンを抱え、儲かって
いた会社ほど今は苦労しています。

これは建売業界にも言えることです。
建売業界は長い間、狂騒の20年代のような時代を過ごしてきました。

もちろん、バブル崩壊やリーマンショックなど多くの苦難も経験しましたが、その都度、政府が対策を講じてきてくれたのも事実。騙し騙しではありますが、なんとかやってきました。しかし、そんな時代もそろそろ終わり。私はそう思っています。

800万戸を超える空家。大量のマンンション供給。
人口減少や建築費の高騰、消費税の増税など真剣に考えれば考えるほど狂騒の時代は終わったと思えて仕方ありません。つまり、これから先は誰もが儲かる時代ではないということ。知恵のない素人が勝てる時代ではないということです。

あなたはこれから先も、今と同じやり方で売れ続ける自信がありますか?
もし自信がないなら、そろそろ本格的に対応を考える時期。
今ならまだ間に合いますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 会社の成長を妨げるのは社長!?
  2. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。
  3. これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?
  4. 今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?
  5. 正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?

関連記事

  1. 建売業界に迫る不都合な事実。

    不動産会社経営

    建売業界に迫る不都合な事実。

    先日、ある記事を見ていたら興味深い統計がありました。業界人としては…

  2. 売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。

    不動産会社経営

    売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。

    売れる新築分譲住宅をつくるのにもっとも重要なこと、何だと思いますか?…

  3. いつも売れてる建売会社は何が違うのか?

    不動産会社経営

    いつも売れてる建売会社は何が違うのか?

    建売業者さんにお会いすると、最初に聞くことがあります。それは、売れ…

  4. 不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

    不動産会社経営

    不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

    不動産会社には4つのステージがあります。そのため、それぞれのステージに…

  5. 不動産会社経営

    中小不動産会社が大手より優秀な人材を採用する方法。

    中小企業と大企業で圧倒的に差が出ることのひとつが人材採用とその育成。…

  6. 建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。

    不動産会社経営

    建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。

    私が以前から建売業者さんに感じている「違和感」があります。 それは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. イマドキの不動産の探し方。

おすすめの記事

  1. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  2. 売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  3. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
  4. 大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。
  5. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。
  1. 不動産集客

    反響は物件次第は間違った常識!反響率を左右する3つのポイント
  2. 中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!

    不動産会社経営

    中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!
  3. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
  4. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    不動産売却

    不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?
  5. 不動産広告はwantsを引き出せ!

    不動産広告

    不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!
PAGE TOP