中小新築分譲業者はニッチを探せ!

不動産マーケティング

中小新築分譲業者はニッチを探せ!

世の中には流れというものがあります。
時流という言葉が適切なのかもしれませんが、時流にうまく乗るとビジネスは簡単に成功します。

だから、時流を知ることはとても大切なのですが、その流れは早く、あっという間に古い時代に自分たちを取り残してしまいます。そして気がつけば、新しい時流から取り残されてしまう。古い時流の中でもがき苦しむことになるのです。

例えば、女性目線という時流。
家は女性目線でつくらなければ売れない、という考えが住宅業界を席巻しました。一日中家にいるのは女性。だから女性を喜ばせる家をつくることが売れる住宅につながる、という考えです。その上、いつの間にか購買決定権は女性にあるという考えも定着。気がつけば女性目線の家こそが、時代の中心のような風潮が生まれたのです。

もちろん、女性目線の家が間違っているわけではありません。現実的に、女性の目線を大事にした家は人気がありますし、女性ならではの視点が生活に潤いを与えることは多々あります。しかし、家は女性だけのものか、というと決してそうでもありません。男性もそれなりに家に対しては欲求があります。それをいつの間にか忘れてしまっているのです。

そして、マーケティング的にいうと、世の中の誰もが女性目線の家というようになると、すでにそのマーケットは飽和状態になっているということ。女性目線というだけでは差別化できない状態になっているということです。そりゃあそうです。猫も杓子も広告に女性目線の家、というようなことを訴えるようになると、女性目線という言葉ではお客様は反応しなくなります。ひと言でいえば、飽きてしまっているということ。新鮮味がないということです。そうなるとすでに女性目線という時流は古い。時代はまた新しいものを求めているということです。

では、どんなものを求めているのか?
それは、今までと全く逆のモノ。女性目線の反対の男性目線です。実際、最近売れている家を見ると男性目線の家が増えてきました。アメリカンな感じの家や土間のある家、ガレージのある家などはまさに男性目線の家。そんな家がまた脚光を浴びるようになってきたのです。

もちろん、まだ主流は女性目線の家ですが、傍流にもマーケットはあります。むしろ、主流が栄えれば栄えるほど、傍流にも熱烈なファンがいるのは事実。それがニッチという領域です。ニッチと言っても、そのマーケットは巨大。中小の新築分譲業者であれば一生食べていくには困らないマーケットがあります。あなたもそろそろ主流から傍流に乗り換えてみてはいかがですか?あなたが思っている以上の美味しいマーケットが隠れていますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!
  2. あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。
  3. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。
  4. 会社の成長を妨げるのは社長!?
  5. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

関連記事

  1. 大成功する不動産会社の社長に必要な資質とは?

    不動産会社経営

    大成功する不動産会社の社長に必要な資質とは?

    アフリカの諺に、「早く行きたいなら一人で行きなさい。遠くへ行き…

  2. お金をかけずに物件も魅力を2割増しにする方法。

    不動産マーケティング

    お金をかけずに物件の魅力を2割増しで伝える方法。

    以前ある人が、引き込まれる話と引き込まれない話の違いについて語っていま…

  3. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?

    ビジネスにおいて成功をもたらすものは、商品に関わるものだけではありませ…

  4. 不動産仲介業者をリスペクトしていますか?

    不動産会社経営

    不動産仲介業者をリスペクトしていますか?

    建売業者さんと仲介業者さんは、本来パートナーであるべきです。しかし、そ…

  5. 売れない原因の見つけ方。

    不動産マーケティング

    売れない原因の見つけ方。

    「AIDMA(アイドマ)の法則」という言葉を聞いたことがありますか。…

  6. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはど…
  2. 売れない建売会社がよく使う言葉とは?
  3. 建売業界「狂騒の20年代の終わり」
  4. 日当たりの悪い家の売り方。
  5. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    不動産マーケティング

    プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
  3. 不動産マーケティング

    昔の常識に惑わされていませんか?
  4. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?
  5. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

    不動産マーケティング

    急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
PAGE TOP