話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?

不動産売却

話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?

見込み客を獲得するにはお金がかかります。新聞の折り込みチラシで見込み客をひとり獲得するには、最低でも5〜10万円のコストがかかると言われています。

しかも、その中から案内へ持っていけるお客様は、ごくわずか。案内できるお客様をゼロから発掘するには、50〜100万円のコストがかかると言っても過言ではありません。つまり、それだけ案内できるお客様は貴重だということ。案内時には細心の注意が必要だということです。

先日、あるクライアントさんのオープンハウスを見学してきました。今までオープンハウスなんてやったことのない建売業者さんです。見よう見まねでオープンハウスをやってみたので問題は山積みですが、その中でも特に問題だなと思ったのは、物件に対する説明です。

元々、営業が得意ではない建売業者さんですから仕方のないことですが、お客様が来場してもほとんど話ができません。ある担当者は、ずーっと無言で微笑んでいるだけ。もう一人の担当者は、なんとか買ってもらおうと、ひたすら喋り続けているだけという状態でした。初めてですから仕方ないのですが、このままではせっかくの見込み客も成約にはなりません。

では、どうしたらいいのか?それは、担当者が話をしなくてもいいようなオープンハウスをつくることです。実際、営業マンのセールストークのレベルは建売業者に限らず仲介業者も、どこもバラバラです。だから、トップセールスルマンと売れないセールスマンができるわけです。

であれば、トップセールスルマンのセールストークを言葉に起こして紙で再現すれば、誰でも成約率の高いトークができるということです。つまり、トップセールスルマンのセールストークを記した、パンフレットか詳しい物件資料を作ってお客様に手渡すだけでいいということ。そのパンフレットに書いてあることを営業マンは暗記をしておけば成約率の高い接客ができるようになるということです。

特に最近は、営業マンにしつこく話しかけられるのを嫌がるお客様がたくさんいらっしゃいます。であれば、話しかけなくても物件を気に入ってもらえる資料を渡せばいいだけ。その資料に書かれていることを読めば、お客様の聞きたいことがすべて書いてあるという状態にすればいいだけです。

これだとお客様が重なっても問題ありませんし、お客様は家に帰ってからも物件の良さを復習できます。何より、他の建売業者はそこまでやっていないので大きな差別化になり、成約率も高まります。まずは、トップセールスルマンを呼んで彼ならどんなセールストークを展開するか聞いてみましょう。

そして、そのセールストークを紙に書き起こして、パンフレットや物件資料に落とし込みましょう。それだけで成約率の高い販売ツールが完成します。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
  2. お金をかけずにできる超簡単な差別化戦略。
  3. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  4. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。
  5. 選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?

関連記事

  1. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    不動産売却

    売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    先日、冷蔵庫を買いに行きました。実は、わが家の冷蔵庫は18年前のもの。…

  2. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    私の提供しているサービスのひとつに売れる販売図面作成サービスという商品…

  3. 売りにくい物件を即決物件に変えるコツ。

    不動産売却

    売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。

    先日、あるリノベーションマンションを見てきました。クライアントが新しく…

  4. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    不動産売却

    不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    家の近くの文房具店が閉店しました。閉店といっても、倒産。倒産するよ…

  5. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    先日、あるインターネット関連の会社から電話がありました。内容は、インタ…

  6. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

    不動産売却

    売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

    同じような条件の物件なのに売れる物件と売れない物件があります。立地…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

おすすめの記事

  1. その商品企画、相談する相手間違えていませんか?
  2. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。
  3. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。
  4. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。
  5. 建売会社はマンション客を狙え!
  1. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
  2. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。

    不動産会社経営

    俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。
  3. 不動産マーケティング

    アラサー世代が好むインテリアとは?
  4. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

    不動産売却

    売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  5. 不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。

    不動産会社経営

    不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。
PAGE TOP