不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

不動産会社経営

不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

会社が大きくなっていく過程で避けられないことがあります。それは、役割の変化。
小さな会社であれば、社長=プレイヤー でもいいのですが、ある程度会社がうまく行き社員も増えてくると 社長=プレイヤーでは会社は大きくなりません。むしろ、これが弊害となって会社の成長を止めることになります。

例えば、サッカーやラグビーなどのスポーツを考えてください。
サッカーやラグビーには監督とコーチ、選手がいます。監督は、社長。コーチは、中間管理職。選手は、営業マンというところでしょうか。小さな会社では、監督が直接選手に指示を出すことがあります。これは小さいからこそできることですが、本来は監督の仕事ではありません。

監督の仕事とは、戦略を考えること。選手全員を使って、どんなゲームをしたいのか、どうやって勝ちたいのか、将来どんなチームにしたいのか、という戦略を練るのが監督(社長)の仕事です。それに対して、監督が練った戦略を具体的に選手に教えるのがコーチの役目。中間管理職の役目です。

ここがポイントです。中間管理職は実務家です。監督の理想を現実の手段に置き換えて、選手がそれを試合で実現できるように練習メニューを考えたり、練習の指導をするのが彼らの仕事です。実は、この部分をついつい監督(社長)がやってしまうのです。

するとどうなるか?
自分で考えられない選手ができてしまいます。チームで一番権限のある監督が直接選手に、ああしろ、こうしろと指導するようになると、選手はその通りすることしかできなくなります。権力者に従うことしかできず、監督の顔色を伺う指示待ち選手になってしまうのです。

単純なゲームであれば、監督の指示通り動けば勝てることもあるでしょう。しかし、ビジネスに簡単なゲームはありません。状況はいつも違うわけですから、自分で判断できないと動きが遅くなってしまいます。結果として、うまく対応できず、負けてしまうのです。

大切なことは、それぞれの役割をしっかり全うすること。
監督は、戦略を立てる人。コーチは、監督の立てた戦略を選手が試合で発揮できるよう具体的に教える人。そして、選手はコーチに教えられたことをゲームで実現する人です。

そのためには、監督はコーチをうまく利用すること。コーチを飛ばして直接、選手に指導しないことです。これができるようになると、会社は大きく発展します。そして、社長がいつも現場にいなくても成長できる企業になるのです。ポイントはコーチ。そこのところくれぐれもお間違えなく。

 

ピックアップ記事

  1. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。
  2. 中小建売会社はMacを使いなさい。
  3. 旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!
  4. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?
  5. 新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?

関連記事

  1. 売れる不動産会社は非常識が常識!?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社は非常識が常識!?

    クリナップの「クリンレディ」というシステムキッチンが好調らしい。そ…

  2. 不動産会社経営の万能薬を探していませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営の万能薬を探していませんか?

    たまに、単発のコンサルティングを依頼されることがあります。多くは、集客…

  3. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?

    不動産会社経営

    どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?

    経営者にとって、売上アップは避けて通れない課題。だから、真剣。もちろん…

  4. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    不動産会社経営

    なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    仕事柄、多くの建売業者さんとお会いすることがあります。儲かっている会社…

  5. 中小建売業者を狙うホームページ制作業者にご用心。

    不動産会社経営

    中小建売業者を狙うホームページ制作会社にご用心。

    最近、建売業者さんからホームページ制作について相談されることが増えまし…

  6. 不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

    不動産会社経営

    不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

    家を売るのは難しい、そう考えている経営者や営業マンは少なくありません。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 平町
  2. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  3. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?
  4. 建売会社はマンション客を狙え!
  5. なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?

おすすめの記事

  1. なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  2. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?
  3. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。
  4. 人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。
  5. 「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ…

アーカイブ

  1. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
  2. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
  3. 不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?

    不動産集客

    不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?
  4. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。

    不動産会社経営

    老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。
  5. 大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

    不動産会社経営

    大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。
PAGE TOP