不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

不動産会社経営

不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

会社が大きくなっていく過程で避けられないことがあります。それは、役割の変化。
小さな会社であれば、社長=プレイヤー でもいいのですが、ある程度会社がうまく行き社員も増えてくると 社長=プレイヤーでは会社は大きくなりません。むしろ、これが弊害となって会社の成長を止めることになります。

例えば、サッカーやラグビーなどのスポーツを考えてください。
サッカーやラグビーには監督とコーチ、選手がいます。監督は、社長。コーチは、中間管理職。選手は、営業マンというところでしょうか。小さな会社では、監督が直接選手に指示を出すことがあります。これは小さいからこそできることですが、本来は監督の仕事ではありません。

監督の仕事とは、戦略を考えること。選手全員を使って、どんなゲームをしたいのか、どうやって勝ちたいのか、将来どんなチームにしたいのか、という戦略を練るのが監督(社長)の仕事です。それに対して、監督が練った戦略を具体的に選手に教えるのがコーチの役目。中間管理職の役目です。

ここがポイントです。中間管理職は実務家です。監督の理想を現実の手段に置き換えて、選手がそれを試合で実現できるように練習メニューを考えたり、練習の指導をするのが彼らの仕事です。実は、この部分をついつい監督(社長)がやってしまうのです。

するとどうなるか?
自分で考えられない選手ができてしまいます。チームで一番権限のある監督が直接選手に、ああしろ、こうしろと指導するようになると、選手はその通りすることしかできなくなります。権力者に従うことしかできず、監督の顔色を伺う指示待ち選手になってしまうのです。

単純なゲームであれば、監督の指示通り動けば勝てることもあるでしょう。しかし、ビジネスに簡単なゲームはありません。状況はいつも違うわけですから、自分で判断できないと動きが遅くなってしまいます。結果として、うまく対応できず、負けてしまうのです。

大切なことは、それぞれの役割をしっかり全うすること。
監督は、戦略を立てる人。コーチは、監督の立てた戦略を選手が試合で発揮できるよう具体的に教える人。そして、選手はコーチに教えられたことをゲームで実現する人です。

そのためには、監督はコーチをうまく利用すること。コーチを飛ばして直接、選手に指導しないことです。これができるようになると、会社は大きく発展します。そして、社長がいつも現場にいなくても成長できる企業になるのです。ポイントはコーチ。そこのところくれぐれもお間違えなく。

 

ピックアップ記事

  1. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
  2. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。
  3. 購入者の属性、把握していますか?
  4. 新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?
  5. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

関連記事

  1. 中小建売業者はモノマネをしなさい。

    不動産マーケティング

    松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

    中小建売業者が短期間に業績を伸ばす方法のひとつに、模倣という戦略があり…

  2. 儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    不動産会社経営

    儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    もしあなたが長期的に成功する建売会社になりたいのなら、間違ってはいけな…

  3. ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

    不動産会社経営

    ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

    「小さい頃の僕はとにかく内気で大人しい少年だった」 「早稲田大学に…

  4. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    最近、人材採用についての相談が多い。一人社長の不動産会社は、従業員を採…

  5. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    不動産会社経営

    あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    先日、ある建売会社の社長さんから商品企画についての相談がありました。…

  6. 大成功する不動産会社の社長に必要な資質とは?

    不動産会社経営

    大成功する不動産会社の社長に必要な資質とは?

    アフリカの諺に、「早く行きたいなら一人で行きなさい。遠くへ行き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?
  2. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。
  3. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。
  1. 売れる建売会社とネーミングの関係。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社とネーミングの関係。
  2. 共感の得られる家、共感の得られない家。

    不動産会社経営

    共感の得られる家、共感の得られない家。
  3. 成約率の上げ方

    不動産マーケティング

    不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!
  4. 不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?
  5. これだけでOK!ライバルに打ち勝つ戦略の立て方。

    不動産会社経営

    これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。
PAGE TOP