これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

不動産マーケティング

これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

不動産業界というのは、ある意味非常に遅れた業界。大きなお金が動くにもかかわらず、営業の手法はかなりバタくさい業界です。正直、洗練された営業手法は非常に少なく、仲介業者に至っては、数えるほどしか見かけません。

経済が右肩上がりで成長していた時代を経験した人たちが今の経営者や経営幹部にいることが多く、営業手法もその当時のものを良しとして疑っていません。そのため、今も昔と同じやり方。夜討ち朝駆けで頑張れという売込みが主流。売れないのは営業マンの気合が足りないからという体育会系のやり方がまかり通っています。

厄介なのは、それでもある程度売れてしまうこと。全く売れなければ改心するのでしょうが、それでもある程度の効果があるから、そんなやり方から抜け出せないのです。

そうは言っても、そんなやり方が影響力をなくしていることも事実。何しろ、今は情報化社会。欲しい情報がタダでどんどん入手できるわけですから、敢えて営業マンに会う必要もコンタクトを取る必要もありません。正直、煩わしい営業マンは不要。ましてや、売込み営業なんて勘弁して欲しいというのがお客様の気持ちです。

売り込むほどに売れない・・・それは不動産業界に限らず多くの業界で感じられること。営業マンが必死になって売り込めば売り込むほどお客様は、「必死すぎて怪しい」「何か裏がある」「そこまで売れてないの?」「うざったい人は嫌だ」と思ってしまうものです。

その結果、どうなるか?
あなたの物件の評価まで下がることになるのです。つまり、営業マンが昔ながらの営業方法で必死になって売り込みをすればするほど、営業マンの評価とともに、あなたの物件の評価も下がってしまうのです。もちろん、それでも売れることはあるでしょう。しかし、それが原因であなたの物件が売れていないとも考えられるのです。

大切なことは、営業マンが昔ながらの営業をしなくても売れる状況をつくっておくこと。必死になって売り込まなくても売れるような資料(販売図面、パンフレット、ホームページ)を用意しておくことです。

そして、それらの資料を通じてあなたが直接お客様に営業をかけること。押し売りではなく、説明という形で優しく物件の魅力を語ることです。それが、これからの営業の方法。仲介業者に丸投げでなく、売主が仲介業者を介して間接営業することです。

 

ピックアップ記事

  1. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  2. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?
  3. ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?
  4. あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?
  5. 建売住宅は企画が8割。

関連記事

  1. 不動産マーケティング

    人はなぜ借金してでも家を買うのか?

    最近、お客様の財布の紐が硬くなってきました。そこで考えなければなら…

  2. 不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は売れたり、売れなかったりするのか?

    建売住宅の業界は不安定です。 売れる時もあれば、売れない時もある。…

  3. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    私の提供しているサービスのひとつに売れる販売図面作成サービスという商品…

  4. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

    不動産マーケティング

    急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

    あるメンズアパレル通販会社の話。新しい会社ながら、最近めきめきと売上げ…

  5. 新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    不動産マーケティング

    新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    売れる建売住宅をつくる上で欠かせないもののひとつ、それが「間取り」です…

  6. 新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。

    私たちコンサルタントがいろんな意味で参考にする企業のひとつがスターバッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 建売業界は知恵で差別化する時代。
  2. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?
  3. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  4. 不動産広告にマイナス表現は必要か?
  5. なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?
  1. 弱点のある不動産の売り方。

    不動産売却

    あなたにもできる!弱点のある不動産の売り方。
  2. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    不動産会社経営

    建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  3. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  4. こうすればもっと簡単に売れる建売住宅ができる!

    不動産マーケティング

    こうすればもっと簡単に売れる建売住宅ができる!
  5. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    不動産会社経営

    売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。
PAGE TOP