建売会社がムダな値下げをしないためにやるべき調査とは?

不動産マーケティング

建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?

「家を売るのは難しい…」特に、在庫物件で苦労している時ほどそう思うことはありません。
仲介業者に相談しても、彼らが言うことはいつも同じ。「価格を下げましょう」こればかり。

「バーゲン価格で売るなら仲介業者なんていらない…」そうは思ってみるもののいつの間にか彼らの言いなりになっているのが建売業者の悲しい性。いつも同じパターンで苦しんでいるなら、根本的な解決策が必要です。

では、どうすればいいか?
実はそんなに難しくはありません。ポイントは、お客様の住んでいる場所。見込み客がどこに住んでいるかを把握して、そこに広告するだけ。それだけです。

一般的には、家を購入する人の約8割が半径1.5kmの範囲にいるといわれています。このデータがどれだけ信憑性があるのかはわかりませんが、私の経験ではなんとなく納得できる感じはします。もし、不安であればあなたの建売住宅を購入した人がどのエリアに住んでいたのかを検証してみることです。

過去の契約書をすべて出してきて物件の場所と、買主の旧住所を地図に落とし込む。その作業を徹底的にやることです。そうすると、お客様が隠れていた場所がわかります。それが半径1.5kmなのか、2kmなのかは問題ではありません。どこに隠れていたのかがわかるだけで確信をもって販売計画が立てられます。

販売の基本は、まず告知。つまり広告することです。あなたの建売住宅が売り出されているということがお客様に伝わっていなければ、絶対に買ってもらえません。実は、それができてないことが売れない原因の8割を占めます。

売主や仲介業者は知っていてもお客様は知らない、そんなことがほとんどです。一度や二度、広告しただけでお客様があなたの物件を認識しているというのは大きな間違い。お客様の頭のなかにあなたの物件の情報を入れることはそんなに簡単なことではありません。だからこそ、繰り返しの告知(広告)が必要なのです。

そのためには、お客様が隠れているエリアを把握すること。そして、そこに住んでいる人が全員あの物件なら知ってる、と思ってもらえるまで広告を繰り返すこと。それが、売るための最短距離です。それが納得できるまでできた後にはじめて値下げなどの対策を考える。これが正しい建売住宅の販売方法です。

まずは、お客様の隠れている場所を把握しましょう。
それだけで販売に自信が持てます。ムダな値下げ、ムダな広告宣伝費を使わなくて済みます。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。
  2. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。
  3. 実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。
  4. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。
  5. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

関連記事

  1. 営業マンを一瞬でいい人にする方法。

    不動産マーケティング

    営業マンを一瞬でいい人に変える方法。

    日に日に寒さを感じる季節になってきました。これからの季節、現地販売…

  2. 100人中1人しか実行しない100%効果がある売上を上げる秘訣。

    不動産マーケティング

    100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす秘訣。

    実は、建売業者さんの売上を確実に伸ばす方法があります。成功率は、ほぼ1…

  3. 540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。

    建売住宅に限らず、住宅を販売するのに欠かせないのが女性(主婦)の目線。…

  4. 不動産マーケティング

    人はなぜ借金してでも家を買うのか?

    最近、お客様の財布の紐が硬くなってきました。そこで考えなければなら…

  5. 建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

    不動産マーケティング

    建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

    建売業者さんの弱点のひとつに販売の現場を知らないということがあります。…

  6. 旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    不動産マーケティング

    旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    動物園といえば、真っ先に思い浮かべるのは上野動物園、というのは昔の話。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!
  2. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  3. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由…
  4. 松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!
  5. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?
  1. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  2. 不動産会社の経営者は裸の王様が多い?!

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者は裸の王様が多い?!
  3. 新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?

    不動産マーケティング

    新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?
  4. 不動産マーケティング

    安さを追えば追うほど売れなくなる理由。
  5. 不動産マーケティング

    残念なオープンハウス。
PAGE TOP