不動産ビジネスを最短距離で成功させるのに必要な力とは?

不動産広告

不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?

多くの経営者が陥る間違った常識があります。それは、ビジネスには売り込みは必要ないという常識です。典型的なのは、医者や弁護士など。弁護士さんは以前は広告も禁止されていたので仕方ないと言えば仕方ないのですが、それでも売り込みのうまい人とそうでない人の年収は比べものにならないほど開いています。

最近は広告が解禁になったため、TVCMも増えその差は開くばかり。慌てて対応策を考えている人もいますが、なにぶん今までやったことのない分野、苦労している人がほとんどです。もっとも、これは弁護士に限ったことではありません。レストランのオーナーしかり、ラーメン屋さんしかり。店を開けたらあとはお客さんが来るのを待つだけ、というビジネスは少なくありません。

確かに、昔はそれでも十分潤いました。お店の数以上に需要があったからです。しかし、今はどうでしょう?長引く景気の低迷で可処分所得は減る一方。それに対して、競合店は増えるばかり。お客様が減ってライバルが増えるばかりですから何もしなければジリ貧になるのは当たり前。売り込みなんて必要ないと思われていた業界でも売り込みのうまさがビジネスの将来を決める条件になってきました。

医者や弁護士、レストランのオーナーでさえ売り込みが必要な時代。当然、不動産業界も売り込みは必要です。売り込みというと聞こえは悪いですが、スマートにいうと、プロモーション。あなたの物件をいかにプロモーションするかで売れ行きは大きく変わってきます。

そのために重要になってくるのが、プロモーションの数です。いかに多くの打ち手を持っているか。それによって成功する確率は変わってきます。というのも、これをやったら必ず成功するというプロモーションはないからです。

必ず成功するチラシもなければ、必ず成功する現場見学会もありません。必ず成功するインターネット広告もなければ必ず成功する接客術もありません。だから、合わせ技で勝負するしかないのが最近のプロモーション事情。プロモーションの仕方をたくさん覚えて一つでも多くプロモーションを打つ。それが成功の確率を上げる唯一の方法です。

まずは、不動産ビジネスにはプロモーションが重要だということを認識しましょう。そして、少しでも多くプロモーションを実行しましょう。その第一歩がライバルを引き離す一歩に繋がります。

 

ピックアップ記事

  1. 「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。
  2. 不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!
  3. 長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。
  4. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  5. 経営者必見!あなたはどれだけ社長の仕事してますか?

関連記事

  1. 新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

    不動産売却

    新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

    先日、ある地方都市で工務店を経営している社長の話しを聞く機会がありまし…

  2. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

    不動産広告

    新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

    多くの建売業者さんは、建売住宅は完成してからが勝負だと思っています。そ…

  3. 不動産広告、この一言で売上が伸びる!

    不動産広告

    不動産広告、このひと言で売上が伸びる!?

    あなたはテレビ通販が好きですか? 私は仕事柄、テレビ通販をよく見ます。…

  4. 不動産会社が抑えるべき3つの媒体

    不動産集客

    不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。

    先日、あるお客様に「最近Facebookはやっていないんですか?」と聞…

  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

    不動産集客

    売れない不動産情報を生き返らせる方法。

    売れない不動産情報にはある共通したポイントがあります。それは、情報が古…

  6. 不動産チラシ

    不動産広告

    常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?

    以前、ある土地の折込チラシをつくった時の話。 ある建売業者さんから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  2. 倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。
  3. 人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。
  4. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。…
  5. 売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。
  1. 老舗不動産会社の社内改革が進まない理由。

    不動産会社経営

    老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
  2. 真面目な建売会社が報われない意外な理由。

    不動産マーケティング

    真面目な建売会社が報われない意外な理由。
  3. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。

    不動産会社経営

    できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  4. 不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

    不動産会社経営

    不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」
  5. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?

    不動産会社経営

    どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?
PAGE TOP