不動産ビジネスを最短距離で成功させるのに必要な力とは?

不動産広告

不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?

多くの経営者が陥る間違った常識があります。それは、ビジネスには売り込みは必要ないという常識です。典型的なのは、医者や弁護士など。弁護士さんは以前は広告も禁止されていたので仕方ないと言えば仕方ないのですが、それでも売り込みのうまい人とそうでない人の年収は比べものにならないほど開いています。

最近は広告が解禁になったため、TVCMも増えその差は開くばかり。慌てて対応策を考えている人もいますが、なにぶん今までやったことのない分野、苦労している人がほとんどです。もっとも、これは弁護士に限ったことではありません。レストランのオーナーしかり、ラーメン屋さんしかり。店を開けたらあとはお客さんが来るのを待つだけ、というビジネスは少なくありません。

確かに、昔はそれでも十分潤いました。お店の数以上に需要があったからです。しかし、今はどうでしょう?長引く景気の低迷で可処分所得は減る一方。それに対して、競合店は増えるばかり。お客様が減ってライバルが増えるばかりですから何もしなければジリ貧になるのは当たり前。売り込みなんて必要ないと思われていた業界でも売り込みのうまさがビジネスの将来を決める条件になってきました。

医者や弁護士、レストランのオーナーでさえ売り込みが必要な時代。当然、不動産業界も売り込みは必要です。売り込みというと聞こえは悪いですが、スマートにいうと、プロモーション。あなたの物件をいかにプロモーションするかで売れ行きは大きく変わってきます。

そのために重要になってくるのが、プロモーションの数です。いかに多くの打ち手を持っているか。それによって成功する確率は変わってきます。というのも、これをやったら必ず成功するというプロモーションはないからです。

必ず成功するチラシもなければ、必ず成功する現場見学会もありません。必ず成功するインターネット広告もなければ必ず成功する接客術もありません。だから、合わせ技で勝負するしかないのが最近のプロモーション事情。プロモーションの仕方をたくさん覚えて一つでも多くプロモーションを打つ。それが成功の確率を上げる唯一の方法です。

まずは、不動産ビジネスにはプロモーションが重要だということを認識しましょう。そして、少しでも多くプロモーションを実行しましょう。その第一歩がライバルを引き離す一歩に繋がります。

 

ピックアップ記事

  1. 新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!
  2. 不動産売却、成功する値下げのための3原則。
  3. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。
  4. 不動産集客はGISポスティングの時代。
  5. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

関連記事

  1. 不動産広告は3ヒット理論でつくれ!

    不動産広告

    不動産広告は「3ヒット理論」でつくれ!

    仕事柄、切羽詰まった不動産会社からの問い合わせも時々あります。 …

  2. 不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?

    不動産広告

    不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?

    カクテルパーティー効果という言葉を聞いたことがありますか?カクテル…

  3. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    値下げしても売れない・・・そんな物件が増えてきました。今後の不動産市況…

  4. 建売会社は広告力を磨け!

    不動産広告

    建売業者は広告力を磨け!

    建売業者さんの中には、広告不要論者がたくさんいます。理由は、よくわかり…

  5. 営業マンのいないオープンハウス。

    不動産マーケティング

    営業マンのいないオープンハウス。

    マツダの販売会社、関東マツダが大胆な試乗キャンペーンをはじめました。…

  6. 不動産はたった「ひと言」で売れる!

    不動産広告

    効果実証済み!不動産はたった「ひと言」で売れる。

    私がつくる販売図面やチラシ、その他の広告には必ずあるものがついています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

おすすめの記事

  1. なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?
  2. 賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。
  3. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。
  4. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  5. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。
  1. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産マーケティング

    不動産集客はGISポスティングの時代。
  2. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    不動産広告

    不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。
  3. こうすれば新築住宅は青田で売れる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築住宅は青田で売れる!
  4. 新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。
  5. 不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

    不動産会社経営

    不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」
PAGE TOP