売れる建売会社とネーミングの関係。

不動産マーケティング

売れる建売会社とネーミングの関係。

カリフォルニア工務店という会社があります。

今、もっとも勢いのある工務店と言っていいかもしれない会社です。住宅デザインからリフォーム、商業施設のプロデュースから店舗設計までこなす会社で、その工事範囲は日本全国。最近では、多くのハウスメーカー、不動産会社とコラボレーションもしています。

この会社の素晴らしさは、いろいろあるのですが、とりわけ秀逸なのがネーミングです。カリフォルニア工務店。この社名を聞いただけでこの会社がどんな家を建てるのか容易に想像できます。

「名は体を表す」ということわざがありますが、それだけネーミングは大切。
いろんな競合企業があるわけですから、選んでもらうためには、お客様の記憶に残ることが最優先事項です。それにもかかわらず、ほとんどの会社は社名や自社のオリジナル住宅についてのネーミングがイマイチ。

社名については、それぞれの経営者の思い入れがあると思いますが、マーケティングという観点で考えると、途中で変更することも選択肢の一つです。最近では、「スバル」が「富士重工業」から社名変更するようですが、社名は変えてはいけないものではありません。

会社が成長するにしたがって、社名も変わるのは致し方ないもの。それで業績が上がるなら躊躇なく変えていくべきです。ただ、社名変更に抵抗のある経営者がいるのも事実。そんな場合は、商品名を有名にしてから商品名を社名に変えるのがいいかもしれません。

前述の「スバル」などはそのパターン。富士重工業の自動車部門のネーミングが有名になったことでそれを社名に採用しています。だとすると、建売住宅のネーミングにも注意が必要です。

できることなら、建売住宅のネーミングを聞いただけでどんな家をつくる会社なのか想像できるネーミングがベスト。カリフォルニア工務店のような、ベタだけどすぐイメージできる、イメージが心地よいというネーミングが見つけられると最高です。

そのためには、ターゲットを絞ることが大切。多くの客層を狙うのではなく、あなたが一番付き合いたい客層を狙うことです。これはマーケティングの基本中のキホンですが、できている会社はほとんどありません。

きっとカリフォルニア工務店もそんな社名を付けた時は、周りの業者から揶揄されたことでしょう。でも、ありきたりのネーミングや八方美人のネーミングではお客様の記憶には残りません。

大切なのは記憶に残るネーミング。ネーミングだけで売上は変わります。そろそろ真剣に考えてみてはいかがですか。もっと簡単に売上伸びますよ。

 

ピックアップ記事

  1. ディズニーランドと不動産マーケティング。
  2. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。
  3. あなたのビジネスをリセットするコツ。
  4. これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?
  5. 売上げを伸ばしたいなら即実践!仕事断捨離のススメ。

関連記事

  1. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。

    不動産マーケティング

    スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。

    「スタバ空白県」だった鳥取県に、ついに「スターバックスコーヒー シャミ…

  2. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産マーケティング

    不動産集客はGISポスティングの時代。

    建売住宅が売れない最大の理由は、広告不足。私は、これに尽きると思ってい…

  3. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    不動産マーケティング

    なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    「勝ちに不思議の勝ちあり、  負けに不思議の負けなし」野球の野…

  4. 不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。

    不動産マーケティング

    不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。

    ある引越し業者さんの話。今では、引越業界最大手と呼ばれる会社ですがきっ…

  5. 新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。

    私たちコンサルタントがいろんな意味で参考にする企業のひとつがスターバッ…

  6. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    コンサルタントの仕事をしていると建売業者さんの誤った認識に気づくことが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?
  2. ディズニーランドと不動産マーケティング。
  3. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
  4. これからは建売会社もソフトの時代。
  5. アラサー世代が好むインテリアとは?
  1. イマドキの不動産の探し方。

    不動産マーケティング

    実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。
  2. 相場より900万円高い土地の売り方。

    不動産マーケティング

    相場より900万円高い土地の売却、あなたならどうする?
  3. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!
  4. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

    不動産マーケティング

    こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
  5. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
PAGE TOP