値下げ前にやるべきこととは?

不動産マーケティング

あなたが値下げ前にやるべきこととは?

中小の建売業者が真似してはいけない悪習があります。
それは、安易な値下げ。

一定期間売れなければ値下げして売ればいいという、安易な値下げです。値下げ自体が悪いと言っているのではありません。値下げするための環境を整えていないのに、値下げすることが悪いのです。

建売業界というのは、ほとんどと言っていいほど、パワービルダーの販売手法を踏襲しています。売り出し時は、少し高めに価格設定して、売れなければ徐々に値下げしていく。そんなやり方が横行しているのですが、私たちコンサルタントから見るとそれは無意味にお金をドブに捨てているようなもの。自ら得られる利益を少なくしているとしか思えません。

値下げには、効果的な値下げとムダな値下げがあります。効果的な値下げというのは、お客様が欲しいのに価格が高くて買えないという状況を作り出してからの値下げ。そんなタイミングで値下げをすると効果が出ます。

それに対してムダな値下げというのは、お客様が欲しいと思っていない段階での値下げ。そもそも欲しいと思っていないのですからどれだけ値下げしてもお客様の購買意欲は変わりません。まさに、ドブにお金を捨てている状態です。

ではどうしたら効果的な値下げができるのか?

それには、お客様の欲求を高める努力が必要です。とりわけ重要なのが認知という作業です。簡単に言えば、あなたの物件の存在を知らせるという作業。売れない物件はこの作業がほとんどできていません。

認知を徹底させるには広告宣伝活動が必要なのですが、これが不十分だとお客様にあなたの物件が売り出されていることすら伝わりません。もちろん、認知だけでは売れません。物件の存在を知らせて(認知)、次に興味を持ってもらい、欲しくなってもらうという作業が必要です。

それをするのが広告宣伝活動。インターネットはもちろんですが、近隣へのチラシ広告やポスティングは必須です。それをしないで値下げをしても無意味な値下げになるだけ。本来売れる価格より安く売ってしまうだけです。

もちろん、広告したからと言って必ず結果が出るとは限りません。結果を出すには広告の技術も必要ですし、元々の商品企画の是非もあります。しかし、その技術を試行錯誤しながら学ばなければいつまで経っても無駄な値下げで本来得られる利益をドブに捨てるだけ。

まずは、値下げする金額の2割だけでも広告宣伝費に当てましょう。そして、値下げしないで売れる技術を磨きましょう。そうすると、お金だけでなく、ノウハウも蓄えられます。お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産広告は一日にしてならず。
  2. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  3. 「部下を育てるのは難しいなぁ…」と思ったら。
  4. 横浜山手の新築一戸建て【YAMATE HOUSE】横浜初のコーディネート家具付き…
  5. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。

関連記事

  1. イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。

    不動産マーケティング

    イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。

    イオンが、iPadを使って、新商品の説明動画を従業員に配信しているそう…

  2. 建売住宅は企画が8割。

    不動産マーケティング

    建売住宅は企画が8割。

    あなたの建売住宅が売れるか売れないかは、建てる前に決まります。そう、企…

  3. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    マーケティングでよく言われることのひとつに、ライバルは同業社だけではな…

  4. バブル世代の価値観が通用しない理由。

    不動産マーケティング

    バブル世代の価値観が通用しない理由。

    建売業者さんの売れない言い訳の一つに、「うちは有名じゃないから・・・」…

  5. 建売業者はマンション業者に学べ!

    不動産マーケティング

    売れる商品企画はマンション業者に学べ!

    建売業界とマンション業界、どちらがチャレンジ精神が旺盛かといえば明らか…

  6. あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。

    不動産マーケティング

    あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。

    地域密着の建売業者さんにとって悩ましい問題は、常に新しいお客様をその地…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。
  2. あなたにもできる!弱点のある不動産の売り方。
  3. 売れる不動産会社をつくるために最も大切なモノとは?
  4. 営業マンのいないオープンハウス。
  5. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!
  1. 不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。

    不動産会社経営

    不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。
  2. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!
  3. なぜ能力のある不動産会社の社長ほど成功できないのか?

    不動産会社経営

    なぜ能力のある不動産会社の社長ほど成功できないのか?
  4. 建売会社が信じる間違った広告常識。

    不動産広告

    建売会社が信じる間違った広告常識。
  5. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。
PAGE TOP