売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。

不動産マーケティング

売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。

手前味噌で恐縮ですが、私が他のコンサルタントと違うのは、不動産営業を知っていることです。
電話営業、飛び込み訪問などの夜討ち朝駆けのハードな営業から、勉強会、コンサルティング営業などのソフトな営業まで、不動産業界で行なわれている営業はほとんど経験してきました。

現在は一線を退いていますが、それでも最近のお客様の動向は気になります。機会があるたびに営業マンから情報収集しているのですが、建売業者さんにはその重要性を理解している人が少ないように思えます。 正直に言うと、少ないと言うより欠如しているというのが現実です。

お客様がなぜあなたの物件を購入したのか、その理由を実際にお客様から聞いて把握している業者さんがいません。ほとんどの業者さんが、売れたことに満足して、なぜ売れたのか、どこに魅力を感じて購入することになったのかをお客様からヒアリングしていないのです。

あなたが最低限聞かなければいけないことは、
住んでいた場所、
住んでいた場所の種類(賃貸マンションかアパートか、社宅か、実家か等)
家族構成
年齢
勤務先
どのような経緯でその物件を知ったのか
どれくらいの期間探していたのか
購入の決め手になったのは何か
できることなら共働きかどうか
おおよその年収も知りたいものです。

聞く方法は2つあります。
ひとつは、仲介業者に聞く方法。買い付けが入った時点でこれらを聞けば苦もなく情報がゲットできます。もう一つは、契約か決済が終わった後。大きなイベントが済んだ後ですから、お客様もホッとしているので、踏み込んだ内容でも聴き方次第でどんどん話してくれます。

では、なぜこれか重要なのか?ということですが、本当の成功パターンが見えてくるからです。買うお客様がどこに住んでいて、どんな欲求を満たすと購買に至るのかが見えてくるからです。

時代によってお客様の購買理由は変わります。最新の購買理由がわかればそれに合った商品をつくれば失敗する確率が減らせるということ。逆に言えば、購買理由が間違っていると失敗する確率が高まるということです。たいていの建売業者さんは、売れると売れたことに満足して購買理由を確かめません。自分たちのセールスポイントに満足して購入してくれたんだと思い込んでしまいます。

でも、現実は自分たちが意図したセールスポイントではないところを気に入って購入しているお客様の方が多いのです。それがわからないと、間違った成功体験を積むことになります。そして次第にお客様が望む商品と自社のつくる商品とが乖離していくのです。気がつけばヒット商品がつくれない体質になってしまう。昔はこれで売れてたのに・・・どうして・・・となってしまうのです。そうならないためには、お客様から直に聞くことが大切。それさえできれば年を取ってもお客様のニーズを把握できるようになります。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産広告は一日にしてならず。
  2. 拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客だけを狙いますか?
  3. 不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?
  4. 長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。
  5. 伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。

関連記事

  1. 二匹目のドジョウを狙え

    不動産マーケティング

    建売住宅販売の新常識!二匹目のドジョウを狙え。

    以前コンサルティングした建売業者さんの話。完成してからかれこれ半年。全…

  2. 成約率の上げ方

    不動産マーケティング

    不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!

    「集客はできたのに成約しない・・・」「内覧は多いのに決まらない・・…

  3. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

    不動産マーケティング

    新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

    国内清涼飲料2位のサントリー食品インターナショナルは、日本たばこ産業(…

  4. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    不動産マーケティング

    ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    あなたの建売住宅をどこよりも売れる物件にしたいなら、まず最初に取り組む…

  5. 知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    近所で建築中のスウェーデンハウスが上棟しました。工事が始まった頃から毎…

  6. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    不動産マーケティング

    プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    マーケティングを勉強していくと、「プロダクトアウト」「マーケットイン」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 購入者の属性、把握していますか?
  2. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  3. レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。
  4. 売れる不動産広告は一日にしてならず。
  5. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  1. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

    不動産マーケティング

    新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
  2. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。

    不動産マーケティング

    Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。
  3. 建売業者はお客様の行動パターンを理解せよ!

    不動産マーケティング

    建売業者はお客様の行動パターンを理解せよ!
  4. 知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。
  5. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?
PAGE TOP