決断力の磨き方。

不動産マーケティング

イケてる経営者になるための決断力の磨き方。

「わかっちゃいるけど、変われない・・・」そんな経営者がたくさんいます。
今の現状をなんとか変えたい、やり方もわかっている(ような気がする)でも、いざ実行に移す段になると尻込みしてしまう。そして、結局・・・変われない。多くの経営者は、これの繰り返しです。

実は、これは脳のごく自然な状態。この経営者が悪いわけではありません。
経営者に限らず、「変わりたいけど変われない病」で悩んでいる人はたくさんいます。多かれ少なかれほとんど人が同じような病で悩んでいます。

そもそも人間の脳には、今の状態を変えたくないという「恒常化」の心理が働いています。この現状維持ともいえる心理的機能は本人がその状態を望む、望まないに関わらず作用します。

だから、自分の置かれている状況がどんなに嫌な現実でも、それを変える決断には大きな苦痛が伴います。要するに、望む状態ではなくても、安定している現状を維持したい、と思ってしまうのです。

では、どうすれば決断力は高められるでしょうか?

特効薬はありません。日常的に決断を繰り返すことで決断に対するハードルを下げていくしか方法はないのです。小さな決断を何度も繰り返し、苦痛に対する耐性を鍛えることでしか決断力は磨かれません。

そこでおすすめなのが「5秒ルール」です。
よく、レストランなどでメニューを見つめて「どれにしよう、決められない」といつまで経っても注文ができない人を見かけることがあります。

そんな人は「5秒ルール」を自分に課すことです。メニューを決める時間は5秒と決めることで、自分に小さな負荷をかけるのです。はたから見れば、「随分と小さい決断だなぁ」と思われるかもしれませんが、大事なことは本人がそれを苦痛だと感じることです。苦痛から逃げない習慣をつけることで、苦痛に対する耐性を高めることができるようになるのです。

いい年をした経営者に5秒ルールなんて失礼な話ですが、人は、年齢を重ねれば重ねるほど保守的になるもの。とりわけ新しいチャレンジには慎重になるものです。その結果、どんなに素晴らしい改革案でも実行に移されないことがほとんど。そして確実にそのツケを払う時がくるのです。

まずはゲーム感覚で決断力を高める努力をしましょう。そして、いつの日か新しいチャレンジをすることが楽しくて仕方ない、という決断力のある人になりましょう。

時代は常に変化します。
変化に応じた対応を決断できるか否か。
会社の将来を決めるのは、決断力です。

 

 

ピックアップ記事

  1. 中小建売会社は非効率で勝負しろ!
  2. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  3. 実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。
  4. 安さを追えば追うほど売れなくなる理由。
  5. これでもパワービルダーと闘いますか?

関連記事

  1. 建売住宅販売は小さく攻めろ!

    不動産マーケティング

    建売住宅販売は小さく攻めろ!

    建売住宅が売れない原因はいろいろあります。商品企画、価格、立地、販売手…

  2. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    不動産マーケティング

    家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    新潟県三条市にタダフサという包丁メーカーがあります。昭和23年創業の老…

  3. あなたの物件が売れた本当の理由、確認していますか?

    不動産マーケティング

    アート引越センターに学ぶ、ヒット商品が売れた本当の理由。

    先日、TVを見ていたらアート引越しセンターのCMが流れていました。アー…

  4. 不動産マーケティング

    あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?

    売れない時代に入ってくるとやたらと増えるのがオープンハウス。中堅の仲介…

  5. 売れる建売会社とネーミングの関係。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社とネーミングの関係。

    カリフォルニア工務店という会社があります。今、もっとも勢いのある工…

  6. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法。

    不動産マーケティング

    不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?

    昔、とある地方都市で投資用のアパートを分譲した時のこと。 高利回り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

おすすめの記事

  1. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  2. あなたが値下げ前にやるべきこととは?
  3. 「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。
  4. 儲けたかったらターゲットを変えろ!
  5. 日当たりの悪い家の売り方。
  1. 不動産販売、困った時は売主の人柄で売れ!

    不動産売却

    不動産販売、困った時は人柄で売れ!
  2. チームの生産性を上げるコツとは?

    不動産会社経営

    チームの生産性を上げるコツとは?
  3. 日当たりの悪い家の売り方。

    不動産マーケティング

    日当たりの悪い家の売り方。
  4. たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

    不動産マーケティング

    たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。
  5. 売れる不動産会社は非常識が常識!?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社は非常識が常識!?
PAGE TOP