不動産チラシ

不動産広告

常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?

以前、ある土地の折込チラシをつくった時の話。
ある建売業者さんからの依頼で土地の折込チラシをつくることになりました。

土地といっても、建築条件付の土地。資金繰りの関係で、早急に建築条件付きの土地で売ってしまいたいという土地でした。現地は、最寄り駅から徒歩15分。急行停車駅で人気のある駅です。現地周辺の環境は、落ち着いた分譲地。昔、大手不動産会社が開発した分譲地で道幅も広く、環境も悪くありません。

問題は、価格。相場と比べてべらぼうに高いわけではありませんが、土地と建物を合わせると結構な金額になります。正直、お客様の少ない価格帯です。

ただ、価格さえ気にしなければセールスポイントはたくさん見つけられる土地でした。そこで、つくりました。セールスポイントをこれでもか、これでもか、と書き綴った広告を。

実際、どのセールスポイントも嘘ではありませんし、魅力的なものばかり。それを表現豊かに書き綴っていきました。キャッチコピーも他の土地販売で何度も成果をあげた鉄板のキャッチコピーを採用。自分でいうのも何ですが結構魅力的なチラシができたのです。

これならあの社長にもよろこんでもらえると思い、チラシのラフプランを見せると、予想外の渋い顔。数秒の沈黙の後、

「うちの物件、こんなに良くないから」
「これよりいい物件、いっぱいあるし、こんなの出したら他の業者に笑われるよ・・・」
「もっと普通でいいから、フツーで」
「フツーのチラシにしてよ」

と言われてしまいました。まあ、反論するのも面倒だったので

「わかりました。フツーのチラシにつくり直します」

と言って退散。後日、フツーのチラシを提出しました。結果はというと、フツーの結果。常識を破るような結果は生まれませんでした。実際、ここまで言われることは多くはありませんが、表現に関しては修正して欲しいという依頼はよくあります。

他の不動産チラシや不動産広告では見かけない表現や言葉が多いからです。実は、これは意図してやっていること。他の不動産チラシに埋もれてしまわないよう、お客様の心に刺さる広告を目指しているからです。

お客様がチラシを読み続けるか、読み続けないかを判断するのは、0.3秒。

その一瞬の勝負に勝たなければ、チラシはゴミ箱行き、読まれません。読まれないということは、あなたの物件は存在しないのと同じ。当然、売れません。

大切なのは、まずチラシを見てもらうこと。ひとりでも多くの人にチラシを見て、読んでもらうことです。買わない人や、同業者の批判なんか気にすることはないと思うのですが・・・

さて、あなたはどう思いますか。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
  2. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。
  3. 売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。
  4. 不動産マーケティングの常識「1:19:80の法則」とは?
  5. 老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。

関連記事

  1. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    私がつくる不動産チラシや販売図面は価格の表示が小さい。本当は、もっ…

  2. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

    不動産広告

    新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

    多くの建売業者さんは、建売住宅は完成してからが勝負だと思っています。そ…

  3. 不動産広告にマイナス表現は必要か?

    不動産広告

    不動産広告にマイナス表現は必要か?

    ある建売業者さんから届いたクレーム。完成しても売れない在庫物件のために…

  4. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    不動産広告

    思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    日経MJによれば、ブルボンのお菓子「濃厚チョコブラウニー」が人気です。…

  5. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!

    中小の建売業者がこれから生き残っていく唯一の方法は、パワービルダーと同…

  6. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

    不動産広告

    「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

    本や雑誌が売れなくなった、と言われて久しいですが、そんな出版不況の中で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 反響は物件次第は間違った常識!反響率を左右する3つのポイント…
  2. 中小建売業者は高く売る技術を鍛えろ!
  3. 不動産広告、このひと言で売上が伸びる!?
  4. その商品企画、相談する相手間違えていませんか?
  5. あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。
  1. 正しいオープンハウスのやり方。

    不動産売却

    正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?
  2. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    不動産会社経営

    売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。
  3. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?

    不動産会社経営

    売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  4. イマドキの不動産の探し方。

    不動産マーケティング

    実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。
  5. 長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。

    不動産会社経営

    長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。
PAGE TOP